「私もいつかは女優の○○さんのようになりたい!」と、憧れの女優を目指すためにオーディションを受ける方は日本全国にいます。またはこれから受けようと考えている女性も多いことだと思いますが、一方で女優オーディションではどういったことをするのか気になる方もいるのではないでしょうか?

今回はそのような疑問を持った方々に対して、女優のオーディション内容をテーマに分かりやすく説明していきます。女優オーディションに受かるにはどうすれば良いのか、コツみたいなものはあるのか、気になることは沢山あることでしょう。疑問や不安を持っている方は是非参考にしていただき、憧れの女優になれるようにしっかり知識や心構えを学んでおきましょう。

スポンサードリンク

女優になるための方法とは?

女優 オーディション 内容 受かる コツ

本題の前に、どうすれば女優になることができるのかについて簡単におさらいしておきましょう。女優になるためには細かく説明すればキリが無いのですが、大きく分けて3つあります。1つ目は何といっても芸能事務所に所属する』という方法で、これが最も女優になるための近道となる王道な方法です。ただし、所属するためにはそのためのオーディションに合格する必要があります。

2つ目『芸能事務所からスカウトされる』という方法です。しかし、現在ではスカウトされると必ず芸能事務所に所属できるというわけでなく、よく勘違いされている方も多いです。例えば桐谷美玲さんなどが所属しているスウィートパワーからスカウトされればほぼ必ず所属することはできますが、限り無く可能性は0に近いことが現実です。スカウト関連には基本的に期待しないようにしましょう。

3つ目『エキストラ事務所に所属してドラマや映画に出演する』という方法。主役でも脇役でも無く、あくまでエキストラとしての出演なので、女優を目指しているのであればあまりオススメしません。逆に芸能人を間近で見たいとう方であればエキストラの仕事をしてみることも良いかもしれません。

3つの方法を説明しましたが、女優になるためには必ず芸能事務所に所属することが条件となります。そして芸能事務所への所属後には、ドラマや映画に出演権を獲得するための案件オーディションに合格する必要があります。そういったオーディション情報は事務所のマネージャーやその他の関係者が教えてくれ、例え大手であっても芸能事務所に所属しただけではドラマや映画に出演できません。

【関連カテゴリー】

芸能事務所のスカウトについてはこちら

芸能事務所に所属するためのオーディションの流れ

女優 オーディション 内容 受かる コツ

後述で女優オーディションについても説明しますが、中には芸能事務所に所属するためのオーディションと一緒に考えている方もいます。どちらにせよ女優になるためには必ず通る道なので、ある意味では女優オーディションと言っても良いかもしれませんが、まずは芸能事務所に所属するためのオーディション内容について解説します。

オーディションは基本的に一次審査・二次審査2つが行われ、一次審査では書類審査、二次審査では実技・面接での審査が行われれる事が一般的に知られています。芸能事務所によっては三次審査が行われることもあれば、大規模なオーディションともなると四次審査まであるケースもあります。

女優達が受ける案件オーディションとは違って、芸能事務所に所属するためのオーディションでは業界を知らない素人達が集まるので、合格するにはいかに“将来性”があるかを見出されるかが鍵になります。大半の応募者は書類での自己PRの書き方が間違っており、いくらオーディションを受けても合格できないという状況に陥っている方が多いようです。

二次審査では実技や面接が行われるため、ここで始めて自分がこれまで培ってきた特技を披露することになります。それではここからは一次審査と二次審査に受かるためのコツについて説明していきたいと思いますので、1つずつしっかり確認しておきましょう。

オーディション一次審査(書類審査)でよくある疑問

女優 オーディション 内容 受かる コツ

一次審査ではバストアップと全身の2枚の写真、そして履歴書または応募用紙が必要であることが一般的です。スターダストプロモーションや研音を始めとして、最近では公式HPからWEB応募ができる芸能事務所が多くなりましたので、だれでも気軽にオーディションに応募することができるようになりました。

「写真はどういった服装であれば良いの?」「できるだけ可愛くメイクをする必要があるの?」など、始めてオーディションを受ける方にとっては分からないことばかりです。書類については「志望動機ってどう書くの?」「自己PRの書き方って?」といった悩みを持っている方も多い傾向にあります。

どんな服装やメイクで写真を撮れば良いの?

女優 オーディション 内容 受かる コツ

芸能事務所が一次審査で求めているのは女優としての素材です。服装は体のラインが分かるようなTシャツ・ズボンにして、間違ってもふわふわな服やスカート姿で写真を撮らないようにしましょう。モデル事務所では無いので、ワンピースなどでも良いかもしれませんが、要は自分の体のラインが審査員に伝われば良いのです。服の色は清潔感のある黒か白にしましょう。

「できるだけ可愛く撮りたい☆」からといってメイクをしてしまう方もいますが、残念ながら必ず落選します。メイク後の“完成された顔”ではなくスッピンか超ナチュラルメイクにしましょう。顔が前髪によって隠れているのであれば、必ずおでこが見えるくらい前髪を上げて表情が確認できるような写真を撮りましょう。ちなみに写真加工アプリを使うことは厳禁ですので、絶対に止めましょう。

【関連記事】

オーディションの写真と服装の色を意識して合格するためのポイント

志望動機や自己PR文はどう書くの?

女優 オーディション 内容 受かる コツ

志望動機には『何故この芸能事務所を選んだのか』という点について記入することになります。ここでは「入りたいから」「女優になりたいから」だけではなく、もっと具体的に「私は○○を目指しており、○○をするためには○○が必要だと考え、そのためにはこの芸能事務所しかないと思ったので、この度○○のオーディションに応募しました」くらいは最低限記入しましょう。

自己PRでは「自分は明るい」「自分は負けず嫌い」といった自分の性格をアピールしても合格できません。昔から習ってきた資格(特技)または趣味があるなら、「私は昔から○○を習っており、○○という大会で優勝したこともあります」のような結果や実績を含めたアピールしましょう。ちなみに劇団や養成所で芸能人としての基礎や経験を積んでいた方は特に審査員の目に止まりやすくなります。

【関連記事】

オーディションでの自己PRの書き方を例文付きで紹介【書類審査編】

オーディション二次審査(実技・面接)でよくある疑問

女優 オーディション 内容 受かる コツ

二次審査では2つのケースが一般的であり、1つ目は一次審査を通過した際に事前に台本が渡され、書かれている演技を審査員の前で披露するというもの。2つ目は二次審査が行われる会場内の受付に書類を渡し、その後どのような演技を披露してもらうのか説明会が行われるというケース。

「どんな演技をすれば良いの?」「初心者だけど良いの?」といった質問が多いですが、全く演技をしたことが無い方でも問題無いので安心して下さい。オーディションによってはワンフレーズ程度の歌や簡単なダンスを披露することもあります。面接では「なぜ女優を目指しているの?」「なぜこの事務所を選んだの?」といった簡単な質疑応答をする程度なので、緊張する必要はありません。

審査員の目に止まる実技を披露するために

女優 オーディション 内容 受かる コツ

劇団・養成所に通って演技を習ったことのない素人に対して、審査員は演技の良さをそこまで求めていません。ただ最低限として感情の入れ方や表情、さらには体の動きや仕草などはしっかり審査されています。その時は全然ダメでも、審査員から「この子は磨けば光るな・・・」と将来性を見出されば合格できるでしょう。

事前に渡されていた台本の内容を見て、ただその通りに演技をするのではなく「自分ならこう演技すると自分なりにアレンジするなど表現方法を考えてみましょう。オーディションを受けるにあたっては、とにかく先にあれこれ考えて不安になるのでは無く、取り敢えず目の前のことに集中することが重要なのです。演技の上手い下手は関係なく、演技をすることに対する姿勢が大切なのです。

面接ではどういった自己PRをすれば良いの?

女優 オーディション 内容 受かる コツ

二次審査では書類審査とは違い、実際に会って自己PRする場になるので、ここでは出来る限り言葉に詰まること無く自分のアピールポイントを面接官に伝えたいところです。まず志望動機について聞かれることが多いので、書類審査の時に書いた内容とはまた違った角度で説明するようにしましょう。

書類審査では完結にまとめた少ない文字で自己PR文を書く必要がありますが、面接では文字数を気にすることなく言葉で伝えられるため、これ以上に自己PRが出来るチャンスはありません。書類審査では書き切れなかった部分も言葉では全て伝えられるため、自分の趣味や特技について、そしてそれによってどういったことがあったのか具体的なエピソードを伝えるようにしましょう。

【関連記事】

オーディションに受かる人の特徴とは?顔や体型は合格に関係するのか

女優オーディションの内容について

女優 オーディション 内容 受かる コツ

オーディションで険しい道を進んでようやく芸能事務所に所属したかと思えば、次にやってくるのが女優の仕事を獲得するための『案件オーディション』です。これに合格することができなければ、残念ながらドラマや映画に出演することはできません。若手女優だとまだまだ知名度も低いですし、まず相手側から出演のオファーが掛かることはありません。

案件オーディションでは、今まさにドラマや映画で活躍している若手女優達も受けることも多く、その中から主役の座を獲得することには正直なところ運要素も関わってきます。とはいえ、人気若手女優ばかりが選ばれやすいわけではなく、作者または監督がイメージしていたキャラクターの役がピッタリハマるような女性であれば選ばれます。

ドラマや映画によって案件オーディションで披露するべきものは全く違います。例としてR18+指定作品として2014年に公開された映画『愛の渦』では、出演権を獲得するために若手女優達が裸にバスタオル一枚という格好でオーディションを受けていたそうです。とても深いプライベートな質疑応答が行われていたため、耐えきれずに泣きながら会場から出ていく女優もいたのだとか。

その中で監督の目に止まったのが、実力派女優として様々なドラマ・映画に出演している門脇麦さんだったのです。オーディションの時、なんと彼女は監督の前でバスタオルを取って全身裸になったそうで、そんな門脇麦さんの強い女優魂に魅入られて合格させたのだとか。もちろんそのような映画ばかりでは無いのですが、バンドがメインの作品であればギターが弾けたりドラムが叩ける方が有利でしょう。

スポンサードリンク

女優オーディションを合格するために心得ておくこと

女優 オーディション 内容 受かる コツ

女優業も非常に奥が深い仕事であり、ドラマや映画に出演したいという強い気持ちはとても大切ですが、それだけでオーディションに合格できるほど甘くはありません。芸能事務所に所属するためのオーディションでも同じことが言えますが、まずはいかに“自分をうまく表現できるか”が重要であり、意外と自分で出来ているように思えて実は出来ていなかったりするものです。

オーディションでは審査員に「(おっ・・・この子は!?)」と思わせることが必要です。その場で披露した演技力の高さも必要ですが、それと同時に「(この子にあの役をさせたらどんなキャラクターになるんだろう!?)」と興味を向けさせることが重要になります。オーディションにはそれができる方達が集まるので、その中で目立つためには自分の個性を強くアピールしなければいけません。

女優 オーディション 内容 受かる コツ

渡された台本通りに演じたり役になりきって演技をすることは、女優を目指している方であれば当然のことですが、そのうえでいかに自分の個性を上乗せできるかというところ。もちろん演じるキャラクターのイメージを壊してはいけませんが、「(この役にはこういう雰囲気も意外と合うんだな・・・!)」と思わせることができれば一目置かれる女優になれるかもしれません。

女優の多くの方は、普段から自分を冷静に客観視できる部分を持っています。それにより審査員を含め、監督やその他の人達からどのように自分が見られているのかをしっかり理解しているのです。そして女優は役を演じることが仕事なので、感情を自在にコントロールできる能力も求められます。喜怒哀楽を自在に操り、それを自然に演じるように普段から意識しておきましょう。

【関連記事】

劇団のオーディションに未経験(初心者)でも合格するための秘訣

人気女優達の過去を知ることも勉強の一つ

オーディションに合格するためには、現在売れっ子となった若手女優達の性格や過去などを自分なりに分析してみることもオススメです。個性はそれぞれ違いますが、人気者や売れっ子女優になる人には何かしらの共通点があるものです。そして彼女たちだけでは無く、彼女たちに関わった人物達にも注目してみること。

例えば有村架純さんは、事務所の社長から「まずは自分の事を徹底的に知りなさい。自分を知れば自分とは違うキャラクターを深く理解できる。それが良い演技ができる近道」と言われ続けたそうです。その影響もあってか、彼女は1人でいる時や友人と話している時、さらには食事をしている時など、常に「何を思って私は今これをしているのだろうか?」と客観的に見るようになったそうです。

【関連記事】

女優オーディションを受けたい大阪の人にオススメの芸能事務所

オーディションに100回も200回も落ちる覚悟はあるか

女優 オーディション 内容 受かる コツ

今回でオーディションには『芸能事務所に所属するためのもの』『ドラマや映画に出演するためのもの』があることが理解されたはずです。基本的に女優オーディションについてネットで検索する方は芸能事務所への所属を目指している方が多いと思われますが、全くの初心者がいきなり大手芸能事務所に所属することは非常に厳しいでしょう。

そして世の中にはオーディションに10回や20回落選しただけで心が折れてしまう方がいますが、この程度で諦めてしまうようであれば、例え芸能事務所に所属できたとしても長くは続かないでしょう。ドラマ・映画への出演権を獲得するための案件オーディションでは100回も200回も落選することは覚悟しておかなければいけません。

有村架純さんは女優デビューからの3年間で100回以上のオーディションを受け続けた結果、そのほとんどが落ちてばかりだったそうです。他には北川景子さん・本田翼さん・夏菜さんなどは約100回以上のオーディションに落ちた過去があり、波瑠さんや松岡茉優さんでも約200回前後の落選経験を持っています。諦める一歩手前だったものの、1つを合格するまで諦めることはありませんでした。

このようにオーディションの種類は違っても、決して合格するまで諦めないようにすることが大切です。ただ『芸能事務所の所属後に落選し続ける』ことと『芸能事務所の所属前に落選し続ける』ことは全く違います。そもそも芸能事務所に所属してからようやくスタート地点に立つわけであり、所属していなければ『女優』ですらないわけです。では一体どうすれば芸能事務所に所属できるのか?

大手芸能事務所のオーディションに合格するために

女優 オーディション 内容 受かる コツ

ホリプロ主催の『ホリプロタレントスカウトキャラバン』や、オスカープロモーション主催の『全日本国民的美少女コンテスト』などのような大規模に開催されるものを含め、コラボ企画されたオーディションでは全くの素人であっても素質や個性だけでグランプリを獲得することは可能です。

ただし毎年1回しか開催されない上に、毎年3万人~10万人の応募者から5~6人が賞を受賞できるようなとても合格率の低いオーディションを受け続けても効率が悪いです。狙うなら1,000人~5,000人ほどが集まる規模のオーディションに受け続けるか、あるいは大手芸能事務所が随時で新人を募集しているオーディションに応募した方が良いでしょう。

女優 オーディション 内容 受かる コツ

しかし、大手芸能事務所が随時で募集しているオーディションなどには、残念ながら即戦力になるような人材でなければ合格することはほぼありません。それ以外の方は落選してしまうか、もしくはその芸能事務所が運営している養成所への入校を勧められるかもしれません。

結局のところ、初めからある程度女優として必要なスキルと経験を持っていなければ大手芸能事務所への所属は夢のまた夢であることが現実なのです。ではどうすればオーディションの合格率を上げられるのか?答えは簡単であり、劇団・養成所などに通って女優に必要な様々な基礎を学べば良いのです。

【関連カテゴリー】

各芸能事務所のオーディション関連はこちら

どんな劇団・養成所に通えば良いの?

女優 オーディション 内容 受かる コツ

『劇団東俳』『劇団ひまわり』などの劇団を含め、『ワタナベエンターテインメント』『オスカープロモーション』といった芸能事務所が運営している養成所などは数えるとキリが無いくらい存在しています。そしてどんなジャンルのレッスンに特化しているのか、それぞれの養成所が持つ強みは全く違います。

とはいえ、全国各地にある劇団や養成所の評判をネットで調べても、基本的に劇団や養成所についてはデタラメな噂ばかり書き込まれているため参考になりません。その中でも特にオススメしたい養成所が業界最大手の『テアトルアカデミー』です。芸能界とのパイプが非常に強いこともあり、養成所としてレッスンで力を伸ばしながらも仕事をすることができる有力候補の1つです。

鈴木福さん・小林星蘭さん・谷花音さんといった人気子役が所属していることはもはや有名です。注目すべきは、この養成所から『スターダストプロモーション』や『オスカープロモーション』を始めとした大手芸能事務所へ移籍された方が非常に多いということ。それほどテアトルアカデミーに育てられた女優達が大手芸能事務所に評価されているということでもあるわけですね。

「何の経験も特技も無くいきなり大手芸能事務所のオーディションを受けても合格しない」と理解している方は、まずはテアトルアカデミーへの入校を検討してみましょう。もちろんオーディションも無料で受けられるので、自分の可能性を試すという意味で気軽に応募してみても良いですね。当然お金は掛かりますが、女優としての基礎や経験を積む場所としては是非オススメしたい養成所です。

【関連カテゴリー】

テアトルアカデミーの関連ページはこちら

劇団・養成所以外にも専門の本を読んで勉強してみる

女優 オーディション 内容 受かる コツ

最近では非常に参考になる本なども売り出されています。女優を目指しているのであれば、演技について書かれた本や表現の仕方が詳しく載っている本を読んで独学で学ぶ方法もあります。劇団や養成所のような数十万円~数百万円といった高額なお金を支払わなくても、数千円も出せば十分な知識を学ぶことは可能です。

ただし、どうしても現場経験だけは本だけで得ることは出来ないところはネックです。本を読んで表現の仕方を学んだのであれば、次は友人や親に演技を見てもらうといったことを続けるだけでも有効な特訓になるでしょう。その場でいつでも泣けるように特訓するなど、自分一人でも出来ることは色々とあるはずです。

女優を目指すには今何を優先すべきか考えよう

女優 オーディション 内容 受かる コツ

というわけで今回は女優オーディションの内容について、そして受かるにはどのようなコツがあるのかという点に関して紹介していきました。女優になるためにすべきことは非常に多いですが、その反面で女優に必ずなる方法というものは一切ありません。あなたが憧れている『女優』がそんなに簡単になれるものであれば、きっとあなたはこの職業に就こうとは思わないでしょう。

まとめとして、オーディションでは一次に書類審査が行われ、二次には実技・面接が行われることが一般的と思っておいて良いでしょう。ただ芸能事務所によっては少々の違いはあることは仕方ありませんので、事前に自分が受けるオーディションの内容は雑誌や公式HPにアクセスするなどして、しっかりチェックしておきましょう。

本気で女優を目指すのであれば、自分が今何をすべきなのかをしっかり理解しておく必要があります。レッスン費が無料だからといって大手芸能事務所のオーディションに応募しても、同じような考えの人が全国から集まっていますし、そういった人が合格することはありません。女優を本気で目指している人とは表情や演技が全く別次元ですし、審査員はそれを見極めるプロです。

何も自分に誇れる特技や資格などが無いのであれば、まずは劇団か養成所で基礎を学んでおきたいところ。お金を払うのが嫌だったり、レッスンを受ける日々が面倒だと思っている方は、結局女優になるという気持ちもその程度だったということです。確かに養成所に入ることが全てでは無いですが、自分が目指すものに対しては必ず必要な投資も存在しているということは理解しておきましょう♪

テアトルアカデミーについて知ろう