あなたは今、芸能事務所のオーディションに30歳でチャレンジしたいと思っていませんか?人によっては30歳からチャレンジしてみようという20代の方や、30台で挑戦を志す方もいるかもしれません。今ではネットで情報を調べる方は本当に沢山いますが、1人1人の疑問点にドンピシャで解説されている記事は少ないかもしれません。

ただし、芸能事務所のオーディションに挑戦することの”本質”は、結局のところ年齢は関係無く、本気で芸能事務所に所属したいのか、生半可な気持ちでチャレンジしたいの2パターンに分かれることでしょう。そこで今回は、芸能事務所のオーディションに30歳で挑戦したいと考える方に向けて、何を意識して挑戦すれば良いのか、どんな芸能事務所がオススメなのか、詳しく紹介したいと思います。

スポンサードリンク

芸能事務所のオーディションは30歳でも通用するの?

芸能事務所 オーディション 30歳

そもそもあなたは何で30歳で芸能事務所のオーディションに挑戦しようと思ったのでしょうか?「芸能人になりたいから」「タレントになりたいから」など、誰でも答えられるような理由ではなく、何故もっと早くチャレンジすることができなかったのかということです。ただ、これは人によっては深い理由もあることでしょう。

高校生時代に挑戦しようとした方、しかし親から大反対をもらって諦めざる負えなかったケース。大学を卒業した後に就職して働いていたが、夢を諦めきれなくて挑戦しようと思ったケース。学生時代に演劇関係のクラブやサークルに所属した経験があったから、その経験を生かして30歳でオーディションを受けようと考えたケースなど、本当に人それぞれだと思います。

さて、そんな様々な方達が気になることと言えば、「結局のところ、30歳でも芸能事務所のオーディションに合格するの?どうなの?」という点ではないでしょうか?結論から言えば、30歳でもオーディションに合格して俳優やタレントとして活躍されている方はいます。・・・が、あなたが合格できるかはまた別の話です。何故なら、あなたにはこれといった実績が無いからです。

養成所だったりエキストラの方が所属する事務所であれば、まだチャンスはあるかもしれませんが、あえて現実的に厳しいことを言うなら、やはり30歳で未経験の方や少し演劇をかじった程度の方が芸能事務所に所属することは難しいでしょう。審査員が考えることも、こればっかりはシンプルで、つまり「何で30歳になるまで挑戦してこなかったんだ…」というところでしょう。

最近は30歳でも挑戦できるオーディションが増えているが・・・


ただ、今は30歳でも受けることが可能なオーディションは徐々に増えてきているのですが、先ほどもお伝えしたように、何の実績も無しにあなたが合格できるほどオーディションは甘くありません。シンデレラストーリーのような奇跡が訪れるのは、そもそも10代で訪れるか否かのレベルなので、30歳という年齢にもなると、この点はさすがに期待しない方が良いでしょう。

現在30歳の方、もしくは20代後半に差し掛かっている方は、オーディション主催者側の気持ちを汲み取ってみましょう。仮にあなたが経営者であった場合、ボランティアで30歳の未経験者を自分の芸能事務所に入れたいと思いますか?お金が全てはありませんが、芸能事務所を運営する上において、ビジネスとは切っても切れない関係にあるわけで、お金にならない方を所属させても意味が無いのです。

30歳だからこそ可能な演技だってある


少しネガティブな説明ばかりしたので、ここで少しポジティブに切り替えていきましょう。確かに30歳で芸能事務所のオーディションに合格することは難しいのが事実でも、30歳には30歳にしかできない演技というものもあります。年齢を重ねてきたから自分しか持っていないモノをしっかりアピールすることができれば、審査員もあなたの存在に注目してくれることでしょう。

ただ、勘違いしない方が良い点として、そもそも10代の頃から芸能界で活躍されている30歳の方とは大きな差があるということ。例えば30歳前後の年齢の役者が必要なドラマや映画は多いので、ポジション的にも十分枠はあるものの、主役レベルは当然若くから演者の道を進んできた役者に軍配が上がります。なので、主役を張ることは現実的にほぼ無理と考え、ポジションに関してもライバルはかなり多いことを自覚しましょう。

【関連記事】

演技力を高めるための練習方法とプロに近付くオススメの養成所

表現力をつける(高める)には?練習方法を実践して身に付ける!

30歳でオーディションを受ける上での注意点

芸能事務所 オーディション 30歳

先述の通り、芸能事務所のオーディションに30歳の方が合格することは非常に厳しく、むしろ合格させるような芸能事務所に警戒した方が身のためかもしれません。というのも、世の中にはまだまだ悪徳な詐欺行為を行う所は多く、「30歳でもあなたならデビューできるよ」という甘い言葉で誘い、最終的に数百万円規模のお金の被害に遭う方もいるからです。

あなたの純粋な夢や希望をボロボロに打ち砕くことに何の抵抗も無い詐欺集団もいるので、必ずその事務所の情報を調べた上でオーディションに挑戦するようにしましょう。同様に、街中で行われているスカウトにも注意してください。基本的に、スカウトされて気持ち良くなってホイホイついて行ってしまう方はいないと思いますが、本気で芸能界に入りたいと思っている方や、あなたのように30歳で本気で夢を追いかけるような方にとってはクラっとしてしまうこともあるでしょう。

『地に足を付ける』という言葉がありますが、そもそも30歳のほぼ未経験者が芸能界に入ることは非常に難しいです。コツコツと実績を上げて審査員へのアピール点を増やすことが、確実で最短の道になるからです。ある日突然スカウトされて芸能界デビューだったり、オーディションに合格して即デビューということはありえませんので、是非とも現実を見てください。さて、それでは30歳でオーディションに合格するためにはどうすれば良いのでしょうか?

まず先に、30歳でも応募可のオーディションを行っている芸能事務所選びから始めることが重要です。ただ、有名な芸能事務所に所属することは正直絶望的ですし、そもそも年齢条件的に無理な事が多いでしょう。夢を諦めないことは素敵ですが、自分の実力も自覚しておきましょう。なのでこの場合、まずは芸能事務所兼養成所を運営している事務所を探すと良いでしょう。

お金の余裕(貯金)はしっかりされていますか?


例えば入所費はもちろんのこと、レッスン費用などのお金が一切掛からない芸能事務所は実際に存在していますが、そんなことができる大手芸能事務所に30歳で合格することはおろか、年齢条件的にも無理でしょう。それに、誰しもが知る大手芸能事務所でもあっても、大体は養成機関を運営していたり、提携していたりして、そこでは当然入所費用やレッスン費が必要になります。

それこそ1年間で100万円以上が必要になる養成機関だって普通にありますが、目安としては1年間で少なくとも50万円以上は必要になるということは覚悟しておいた方が良いでしょう。ネットや掲示板でもよく見かけますが、「芸能事務所はレッスン費や入所費用が無料なところを選ぶべき」だとか「お金の掛かる芸能事務所は詐欺だよ」という大きな勘違いされている方の声は無視しましょう。

そんな芸能事務所に入れるのは、それこそ数万人に1人のレベルであり、尚且つ10代で将来性のある方だけです。例えば、過去に色々と紆余曲折があった元NGT48のメンバーの山口真帆さんが、2019年5月に大手芸能事務所の研音に移籍されましたが、研音は入所費やレッスン費が一切必要無いことで有名です。そしてそんな研音に所属している方をみれば一目瞭然ですが、大物俳優・女優揃いで構成されています。

話を戻して、30歳で芸能の道に進むことは大きな賭けでもあります。貯金に余裕はありますか?バイトしながら、会社で働きながら、副業をしながら挑戦するのであればまだしも、「本気だから」の一言で収入を途切れさせるようなことは大きなリスクが伴います。芸能事務所兼養成所に通うためには、それなりの入所費用やレッスン費用が掛かるので、金銭管理は必ずきっちりしておきましょう。

芸能事務所のオーディションに30歳が合格するために

芸能事務所 オーディション 30歳

ここからは、30歳の方が芸能事務所のオーディションを受ける上で意識しておきたい点について紹介していきたいと思います。まず重要なことはあなたが自分自身を客観的に見ることができるのかどうか”というところ。理由として、自分自身を客観的に見れる方は、自分の持つ強力な武器が何なのかも理解しているはずなので、審査員へのアピール(売り方)の上手い方が多いのです。

30歳がアピールできる点、それも未経験者の方がアピールする部分といえば『社会人経験』の他ありません。いえ、もちろん社会人経験だけではなく、過去に演劇サークルに所属していたり特別な趣味や特技を持つ方は、それらをアピールすれば良いのですが、当記事ではあくまで基準となる方に向けて解説します。サラリーマンやOLの方でも、どんな会社でどんな業務をこなしてきたのかはアピールの1つになります。

社会人を題材にしたドラマは今でも多く放送されているので、主役は厳しくても、例えばエキストラとして抜擢されることもあるので需要はあるはずです。土木作業員でも、公務員でも、倉庫業でも、事務員でも、その人が経験してきたアピールポイントは必ずあるはずですが、重要な事はそんな”自分の見せ方”ではないでしょうか?見せ方というのは、エンターテインメント業界では必須のスキルであり、演技力にも直結するものです。

もちろん見せ方は審査員にアピールする点においても効果的と言えるでしょう。ただ、審査員にもよると思いますが、アピールカテゴリーみたいなものは、1点に集中した方が良いかもしれませんね。スポーツに例えると、「私は水泳もサッカーも野球も体操もマルチでしてきた」というよりは、「私は水泳を○年経験し、○○を学び、○○のスキルと身に付け、○○を達成した」という感じで、1つに特化してアピールする方が良いかもしれません。

スポンサードリンク

オーディションの一次審査に合格するための3つのポイント

芸能事務所 オーディション 30歳

オーディションに応募する上で、まず最初に立ちはだかるのは一次審査になります。一次審査といえば、社会人の方々が経験してきた就職活動と同様に、いわゆる書類審査になります。芸能事務所の時と企業に就職する時では、そこまで大きな違いはありませんが、強いて言えば写真も合格に大きく関わるということ。就職する時は証明写真の1枚で大丈夫でしたが、オーディションでは2枚必要になります。

それがバストアップ写真全身写真ですね。その人の雰囲気を確かめるために、この2枚の写真が必要になるわけですが、スーツなどと違い、審査員に好印象を持ってもらう私服が重要になります。事務所の方向性によってどんな雰囲気の人が求められているのか、これらは事前に公式HPなどで確認してみると良いでしょう。芸能事務所の公式HPでは、所属している方のバストアップもしくは全身写真が掲載さていることが多いからです。

次に重要になるのは志望動機になり、志望動機が曖昧だったりすると、「この人は何のためにオーディションに応募したんだ・・・」と、マイナスの印象を持ってしまい即刻アウトになります。明らかにハンデがあることを理解した上で30歳で芸能界に入ろうとしているわけですから、恐らく志望動機を適当に書く方はいないと思いますが、あえて釘を刺しておきます。

そして最後に大切なものと言えば何といっても自己PRでしょう。自己PRは自分という存在をアピールできる絶好のチャンスなのですから、ココを適当にする方はオーディションに合格することは不可能です。同時に、やる気はあっても、志望動機と自己PR、それぞれの書き方が間違っていても合格できませんので、次の項目では写真・志望動機・自己PRの3ポイントについて軽く解説しておきます。

ポイント①【バストアップ及び全身写真の撮り方について】


オーディションを受ける上で大切なことは、まずバストアップ写真と全身写真の2枚で、審査員の目を引くような写真で無い場合、そもそも履歴書に書かれた志望動機や自己PRを確認される前にボツにされてしまう可能性があります。お金を出してスタジオに行き、プロにオーディション写真んを撮ってもらうことが一番確実で簡単なのですが、金銭の負担軽減を考えて自宅や周辺で撮りたい方もいると思います。

自宅で撮る場合は、白飛びしないレベルの明るい部屋で写真を撮り、外で撮る場合は天気のいい日に、近くの公園や背景が白い壁になる場所で撮ると良いかもしれません。ゴチャゴチャしているとウケが良くありませんし、もちろん流行りの写真加工アプリを使って撮ることも絶対に避けなければいけません。バストアップ写真及び全身写真の撮り方について、詳しくは下記の記事で紹介しているので、是非参考にしてみて下さい。

【関連記事】

オーディション写真を自宅で撮りたい方が意識すべきポイントを紹介

オーディションの写真と服装の色を意識して合格するためのポイント

ポイント②【志望動機の書き方について】


30歳にもなると、それなりに社会人として経験も積んでいると思うので、志望動機が一体何の意味を持つのか理解していると思いますが、改めて書き方を確認しておきましょう。オーディションの中には志望動機と自己PRをそれぞれ書くタイプ、志望動機だけのタイプ、自己PRだけのタイプと別れる場合があります。もちろん志望動機と自己PRは違うものであることはご存じですよね?

志望動機の書き方、具体的には文章を書く時の構成は、まず下記のポイントを意識してみて下さい。

  1. 【結論】何故この事務所を選んだのか。
  2. 【理由】この事務所を志望した理由。
  3. 【経験】志望する上で生かせる自分のスキルや経験。
  4. 【目的】あなたは入所後に何をしていきたいか。

ざっくり上記4つのポイントを意識し、簡潔にまとめてください。というのも、ダラダラ長文を書かれても、事務所によっては毎月数百枚にも及ぶ履歴書が届くため、いちいち1人1人の履歴書をチェックしている暇はないのです。イメージとしては流し読みされていると思いましょう。詳しくは下記の記事で詳しく紹介しているので、是非参考にしてみて下さい。

【関連記事】

オーディションでの志望動機の書き方を例文を交えて詳しく紹介

ポイント③【自己PRの書き方について】


自己PRは自分を最大限にアピールすることが重要になることはもちろんのこと、オーディションの合否に大きく関わるものです。30歳ともなれば、何かしらの経験も豊富なはずですので、1点に集中して書きましょう。人によっては自己PRと志望動機で書くことが被ってしまう方もいると思いますが、しっかり差別化を図ってください。

自己PRを書く時の構成についても色々と細かく言えば長くなりますので、まずは下記のポイントを意識してください。

  1. 【結論】自分の持っている強み。
  2. 【概要】その強みを発揮できた経験。
  3. 【課題】しかし、どんな課題に直面したのか。
  4. 【行動】課題解決のためにどんな行動をしたか。
  5. 【結果】行動したことに対する結果(成果)とは。
  6. 【貢献】得たスキルで事務所にどんな貢献ができるか。

ざっくり上記6つの点を意識しながら自己PRを書くと良いですが、事務所の用意している履歴書の中には、自己PRを記入する欄が小さい場合もあるので、そこは臨機応援に考え、自分なりに上記のポイントに沿った自己PRを書くようにしましょう。オーディションの自己PRに関して、詳しくは下記の記事でガッツリ紹介しているので、是非参考にしてみて下さい。

【関連記事】

オーディションでの自己PRの書き方を例文付きで紹介【書類審査編】

オーディションの二次審査で合格するための2つのポイント

芸能事務所 オーディション 30歳

一次審査に合格したのも束の間、次にやってくるのが実質オーディションの本番と思っておいて良いでしょう。実際にあなたと会うことで、リアルにあなたというものがどんな人なのか、どんな喋り方をするのか、どんな雰囲気を持っているのか、質問に対する返答の質など、挙げればキリがありません。

つまり就職でも同じである『面接』を受けることになるということですね。面接では、あなたの履歴書に興味を持った審査員が待ち受けているので、そもそも履歴書に書かれていた志望動機や自己PR、そして写真と違う雰囲気や見た目を持った人だと、やはりこの二次審査で不合格になってしまいます。つまり「一次審査の段階から嘘はつくなよ?」「姑息な手は使うなよ?」ということです。

オーディションによっては二次審査に引き続き三次審査を行う芸能事務所もあるのですが、大半は二次審査までであることが多いので、当記事では二次審査までの紹介で終えます。二次審査では面接はもちろんのことですが、中には特技を披露しなければいけないケースもあるので、履歴書の自己PRで書いた特技を自信持って披露しましょう。上手い下手は関係ありません。

審査員の方もよく言っているように、特技や演技力を確かめる時は、その人が上手いのか下手なのかは見ておらず、光るものがあるか、伸びしろがあるかをみています。抽象的な表現で申し訳ないですが、結局のところ”センスがあるか無いか”ではないでしょうか。特に30歳にもなれば、10代の頃よりも10年以上の差があるわけですから、審査員もより一層厳しく審査するのです。

【関連記事】

オーディションでの特技披露の攻略法と例を具体的に紹介

オーディションの面接で30秒~1分の自己PRで合格するために

ポイント①【面接の場で好感を持たれるための服装】


実際に面接官(審査員)と直接会うわけですから、どんな方向性の芸能事務所であっても、清潔感だけはしっかりしておきましょう。これはつまり服装のことですが、清潔感の無い人を合格させることは万に一つありえません。ヨレヨレの服装だったり、ダボダボのズボンだったり、寝ぐせがついた髪型だったりすると、当然面接する気も失せてしまいますので、十分に注意しましょう。

とはいっても、そんな方は一次審査の段階で落とされているとは思いますが・・・。さて、二次審査に関しても、予めオーディションを受ける芸能事務所の公式HPなどを確認し、どんな雰囲気の方が所属していて、どんな服装でどんな髪型なのかを確認し、その格好や髪型の雰囲気に寄せると良いかもしれませんね。学生なら制服でも良い場合がありますが、30歳だからといってスーツで行くわけにもいきません。詳しくは下記の記事を参考にしてみて下さい。

【関連記事】

オーディションの面接で好感を持たれる服装と4つの注意点を紹介

ポイント②【面接での質疑応答を攻略するために】


見た目に関してはクリアしても、次は実際に審査員から質問されたことに対して、しっかり答えなければいけません。30歳にもなると落ち着きを覚えたと思いますが、しっかりハキハキとした話し方で、審査員に好印象を残すように努力しましょう。基本的に審査員から質問されることも、就職活動の時に面接官から聞かれることと同じです。

言うなれば”声を出して伝える志望動機・自己PR”でしょうか。ただし、一次審査で提出した履歴書に書いたそのままを伝えても合格することは難しいので、より具体的に、かつ広がりを見せて説明するようにしましょう。逆に、限られた範囲内でしか書けず「もっとアピールしたいことがあるのに!」と思っていた方にとってはチャンスですね。余すことなく自分をアピールしましょう。詳しくは下記の記事を参考にしてみて下さい。

【関連記事】

オーディションの面接で好感を持たれる服装と4つの注意点を紹介

30歳からでも芸能事務所に所属するためには?

芸能事務所 オーディション 30歳

この記事を読んで頂いているあなたは、今、既に所属したいと考えている芸能事務所があるのかもしれません。なんせ30歳で芸能界に挑戦しようとしているのですから、「ただ何となく」でオーディションを受けようとは思っていないはずですよね?もしくは30歳までしか受けられないオーディションがあるから、ラストチャンスとして応募しようとしているパターンでしょうか?

その挑戦する心は大切ですし、常にその向上心は持っておきたいところですが、もし上記に該当しない方の場合、つまり「未経験だけど、とにかく良い芸能事務所に所属したい!」という目標がある方には、まず養成所に入ることから始めましょう。養成所に通うことについては大きく4つのメリットがあります。

  1. プロから演技力や表現力を効率良く学べる。
  2. 同じ志を持つ仲間ができ、モチベーションに繋がる。
  3. 仕事案件(ドラマなどの出演情報)を紹介してくれる。
  4. 成績が良ければ芸能事務所に所属できる可能性も。

30歳でも受けられるオーディションはもちろんのこと、中には70歳まで受けられるオーディションも存在しています。例えばオーディション情報サイトとしてnarrowがりますが、情報を確認してみると分かりますが、30歳でも問題なく受けられるオーディション情報が満載です。

ただ、1つ注意点としては、確かに30歳でも受けられるのですが、応募する年齢条件の範囲が10代からだったり20代代からだったりすることです。年齢別で分けられるケースもあるかもしれませんが、大半の場合、未来ある若い子たちと競うことになりますので、30歳にとっては大きなハンデを背負うことになるかもしれません。そのため、まずは養成所などでスキルを伸ばすことから始めましょう。

30歳で芸能事務所への所属を目指す方にオススメの養成所


30歳で芸能事務所の所属を目指す方にとって、まずは養成所もしくは有名な芸能事務所が運営している養成所に通うことから始めてみましょう。世の中にはごまんと養成所がありますし、ネット上で調べても紹介されている芸能事務所や養成所が多すぎて、一体どこを選べば分からないという方も多いはずです。

そのような方に、当サイトではこれまで『テアトルアカデミー』をオススメしてきました。これまで数多くの俳優や女優、そしてタレントを輩出してきたテアトルアカデミーですが、誰でもが気になる入所費やレッスン費は当然必要になります。ですが、テアトルアカデミーは芸能事務所でもあるので、実績を認められれば憧れの芸能事務所に所属することが可能です。

テアトルアカデミーだけでなく、系列には『類プロダクション』『ATプロダクション』などの芸能事務所もあります。テアトルアカデミーは知名度もあるかなり有名な養成所なので、ネット上でも悪い口コミもよく見られますが、その多くは『芸能事務所へ所属したら料金は無料であるべき』という間違った価値観を持った方達による口コミばかりなので、気にしないようにしましょう。

テアトルアカデミーは全国展開されているので、どこにお住まい(一部を除いて)の方でも通う事が可能です。最短3ヶ月デビューが出来るのもテアトルアカデミーのメリットですが、あまりそういった部分に期待しすぎると、現実とのギャップに心が折れてしまうこともあるかもしれませんので、自分に厳しく向上心を持ってチャレンジしてみましょう。テアトルアカデミーに関しては下記のカテゴリーページでお好きな記事を読んで参考にしてみて下さい。

【関連カテゴリー】

テアトルアカデミーのカテゴリーページ

30歳でも芸能界に触れることは可能です。

芸能事務所 オーディション 30歳

というわけで、今回は芸能事務所のオーディションに30歳で挑戦したい方に向けて、30歳でも芸能事務所に所属することはできるのか、オーディションに合格するためのポイントはどこなのか、そしてオススメの養成所はどこなのかといったことに関して紹介しました。

ちなみにオーディションについて、「何故30歳まで年齢条件が入っているの?」といった疑問を持つ方もいらっしゃいますが、一言で済ませるなら「需要があるから」です。ただ、主役級の役を貰えることは本当に奇跡に近いことはお伝えしておきます。

盛った話をすることで、変に夢を持たせすぎることも残酷なので、当記事ではあえて厳しくお伝えさせていただきたいと思います。ネット上では「30歳でもすぐにデビューできる」「30歳でもドラマや映画に出れる」と謳(うた)っているサイトも多く存在しますが、現実はそんなに簡単ではありません。とはいえ、芸能界の世界に”触れること”は30歳からでも遅くはありません。

先述でオススメしたテアトルアカデミーにはシニア部門もあり、30歳のあなたの2倍も人生経験を積んだ方でも入所しているのですから、そんなシニアの方達からすれば、30歳のあなたはまだまだ若く、チャンスはあると思うはずです。右も左も分からない状況なのであれば、まずはテアトルアカデミーに挑戦・・・まではいかないにしても、気になる事務所があれば一度問い合わせてみると良いですよ♪

【関連記事】

オーディションに受かる人の特徴とは?顔や体型は合格に関係するのか