あなたは今、オーディションに受かりやすいメンズの髪型について知りたいと思っていませんか?今では本当に多種多様な髪型がありますし、かなり個性的な髪型をしている方も街中で見かけることが多くなりました。その背景には芸能人だけでなく、今では『YouTuber』の存在の影響も大きく受けているのかもしれません。

それらの影響もあり、オーディションには個性的な髪型にすれば有利になると考えるメンズの方もいるでしょうし、逆にシンプルが一番と考える方もいるでしょう。そこで今回は、オーディションに受かりやすいメンズの髪型は何かという点について解説したいと思います。今回はメンズに向けた記事になるので、女性が読んでもほぼ意味無いですよ(笑)

オーディションに合格するメンズの髪型とは?

オーディションに受かりやすい 髪型 メンズ

まず、オーディションでは1人1人を総合的に見て審査するので、決して髪型だけで合否が決まるという事ではないことは知っておくべきです。ここでいう『総合的』とは、例えば一次審査であれば履歴書に書いた志望動機や自己PR、モデルならスタイルや体重(BMI)も大きな審査対象です。

そしてオーディションに応募する時にはバストアップ写真と全身写真の2枚必要な場合が基本で、審査員はその写真を見て応募者の雰囲気をある程度判断しますよね?写真に写った応募者の雰囲気を見る時は、服装も大切ですが、髪型によって与える影響も大きいです。

さて、話を戻しますが、オーディションに受かりやすいメンズの髪型の答えは、一言で”審査員がその時期に望んでいた髪型”としか言えません。ただ、こんな曖昧な答えだけでは、この記事を読んでいるあなたも納得しないでしょうし、モヤモヤしか残らないと思います。

ですが、先述の通り、審査員は総合的に見て合格者を決めるので、髪型に多少クセがあっても、それはオーディションに合格させた後にいくらでも改善することができるので、そこまで大きな審査ポイントにはなっていないはずです。

審査員は1人1人の”その後の姿”をすでに見据えている

どういうことかというと、一次審査でも二次審査の場でも、審査員は応募者を一目見るだけで、ある程度その人のその後の姿を予想することができます。例えると、スマホの『髪型加工アプリ』頭の中にあるようなものなので、その人の顔と髪型を頭の中で入れ替えさせることくらいは容易だということです。

なので、まずあなたは審査員側の気持ちになってみて下さい。今の時代、人が多い街を歩いていると、奇抜な髪型をしていたり目立った色に染めている髪型をしているような、そんな個性的なメンズを見かけることは珍しくないですよね。その髪型は果たして万人受けすると思いますか?

恐らくしないですよね?だた、誤解しないようにお伝えしたいのは、決して万人受けする髪型にした方がオーディションで合格できるということではありません。審査員が頭の中で”その人に似合う髪型を想像しやすいもの”にしてあげることで、少なくともマイナス評価にはならないということです。

メンズの方に向けて分かりやすく例えるなら、あなたはガッツリメイクしているガングロギャルのスッピン姿を想像できますか?そのガッツリメイクからどんなメイクが似合うか想像するのも難しくないですか?でも逆にナチュラルメイクをした女性からであれば、ある程度どんなメイクが似合うか、色々想像できると思いませんか?つまりそういうことなんです。

オーディションにはシンプルな髪型にすると良いかも

オーディションに合格できるか否か、そこに答えは一切ありませんし、完全に事務所側及び審査員側のさじ加減で決まります。最低限の礼儀やマナーを徹底しておけば、後はその人の魅力がどれくらいあるか、将来性があるか、簡単に言えば”売れる人材か”の一言に尽きます。

オーディションでは、何としてでも合格したいという強い気持ちを持った人が多く応募するので、「ライバルよりも目立つべきだ!」と考え、そこでまず自分の髪型に注目し、奇抜な髪型や色で個性をアピールしようと考える人も一定数いるかもしれません。

しかし、恐らく大半のオーディションでは通用しませんし、その努力は正直なところ無駄です。厳しいですが、もう一度言いますね?その方向に考える努力は「無駄」です。オーディションでは、その人の素の姿を見たいので、髪型はシンプルにする方が良いでしょう。

髪型はその人の雰囲気を作る大切な要素ではありますが、審査員が見たいのは髪型ではなく、どちらかというと”顔の雰囲気”でしょう。今は「雰囲気イケメンなら付き合える」という女の子も多いと思いますが、オーディションでは雰囲気だけでその人を審査しません。数十個数百個のあらゆる合格基準に当てはまった人が合格するのです。

【関連記事】

芸能事務所からスカウトされる顔を女と男でそれぞれ詳しく紹介!

オーディションに受かりやすいメンズの髪型が知りたい時

オーディションに受かりやすい 髪型 メンズ

奇抜な髪型にしたり、奇抜な色にすることは、オーディションによっては『個性』と認められて、稀に合格するケースもあるかもしれません。ただ、それでもまだその個性が有利に働くオーディションは圧倒的に少ないでしょうから、自分に似合う”無難でシンプルな髪型”にしましょう。

とはいえ、「無難でシンプルな髪型って何だよ(笑)」と思う人もいることでしょう。さて、今の時代、ネットを使えば色々な情報や写真が簡単に手に入ることができますので、それを利用しない手はありません。つまり、ヒントを得ることは昔と違って容易になったということ。

ただ闇雲にオーディションを受けても合格するのは非常に稀なケースですし、芸能事務所側からしても、やはり何故自分の事務所を選んだのかを知りたいはずです。だったら合理的に考えて、あなたはまず所属したいと思う芸能事務所の色を知り、その芸能事務所が好きな人材の傾向を知ることから初めてみてはいかがでしょうか?

なので、あなたが受けようと思っているオーディション、またはあなたが入りたいと思っている芸能事務所の公式HPにアクセスし、所属しているタレントの写真を確認するのです。公式HPによっては、バストアップ写真や全身写真を掲載しているので、タレントの髪型や雰囲気、そして写真の写り方の一部をパクってしまえば良いのです。あれこれ考えるよりも簡単でしょう?

【関連記事】

オーディションに落ちた人がショックを受ける前に知ってほしいこと

審査員に好感を持たれる髪型を常に基準としておく

いくらオーディションにに有利になるかもしれないといっても、芸能事務所の所属タレントの写真を完全にパクることはオススメしません。所属タレントによっては、モデル出身の方や劇団出身の方など、大手芸能事務所であればあるほど多く所属しているので、いわゆる”すでに出来上がっているタレント”も多いのです。

すでに自身のブランドが出来上がっている方は、どんな髪型でどんな色にしても、そしてどんなポージングにしようとも、すでに人気であることに関係ありません、ですが、一般人がそのタレントの真似をすることが、必ずしもオーディションの場で有利になるかと言われると、むしろ逆効果になってしまうこともあります。

なので、オーディションを受ける上では、必ずある程度基準に沿った髪型にすると良いでしょう。例えば髪型を明るくし過ぎないようにしてみたり、余程の理由が無い限り長い髪の人はスッキリした髪型にしてみるとか、一度友達や家族に自分に合う髪型について相談してみても良いかもしれません。

ここで大手芸能事務所のスターダストプロモーションで例えますが、公式HPで所属しているタレントを確認してみて下さい。見て頂くと分かりますが、ほとんどのメンズは耳よりも上の髪型にしていませんか?君嶋麻耶さんのようなロングヘアのメンズも極一部に所属しているようですが、このように、芸能事務所が好感を持つだろうと思われる髪型の傾向を知ることもオーディション対策の1つです。

【関連記事】

オーディションに緊張しない方法を精神編4つと一般編7つに分けて紹介

前髪とフェイスラインが出る髪型はオススメされている

オーディションに受かりやすい 髪型 メンズ

前髪とフェイスラインが出る髪型については、大抵のサイトで紹介されるくらいにはオススメされています。やはり前髪を出すことで、その人の雰囲気はもちろん、表情も見やすいので、審査員側からすればとてもありがたいのです。

芸能界ではカメラに撮られることが当たり前の世界なので、1つ1つの表情が魅力的に映る方は、男性女性問わず人気が出る要素の1つになります。そのため、まずオーディションの一次審査で必要になるバストアップ及び全身写真では、前髪を上げた写真を用意し、その他のPRを含めて合格を目指しましょう。

オーディションはある意味二次審査から本番になります。もちろん自分に合った髪型で臨むのも良いとは思いますが、前髪を分けたり上げたりして、おでこを出した髪型にすることで、あなたが話す度に眉の動きや表情の動きを審査員も見やすくなり、好感度もアップするはずです。

オシャレのためにサイドの顎が隠れるような髪型にする方も多いと思いますが、フェイスラインは重要視されているポイントの1つなので、これを隠ししまうことで不利になってしまう可能性があります。コンプレックスを持つ方もいると思いますが、審査員にはありのままの自分を見てもらい、ありのままの自分を好きになってもらいましょう。

【関連記事】

オーディションの面接でされる質問は7つのポイントを知れば怖くない

オーディションは減点式またはポイント加算式だと思ってみる

髪型のことばかりで視野が狭くなり、大事なことを忘れてしまいそうになっている方に改めてここでお伝えしておきますが、オーディションは総合的に判断して合格者を決めるので、髪型だけにこだわらないように気を付けましょう。

もちろん髪型はその人の雰囲気を作り出す大事な要素ではありますが、髪型が似合うカッコいいメンズという理由だけでオーディションに合格できると思っているのであれば、それは少し芸能界を甘く見過ぎています。

ほんの一握りの人だけが活躍できる芸能界。芸能事務所の公式HPで自分の知らないタレントを見てみたり、養成所に通っている方なら分かると思いますが、自分よりもカッコいいメンズなんていくらでも周りにいますし、そんな方がこぞってオーディションに応募するのですから、見た目だけにとらわれず、様々な角度から自分の魅力を見つけましょう。

そこで、オーディションは減点式またはポイント加算式型と思ってみるのも良いでしょう。100点満点中70点以下で赤点とするテストに例えるなら、髪型で5点をゲットできたとしても、残りの65点を獲得しなければ合格はできません。なので、自分の経験や能力など、髪型以外の魅力を作ってどんどん点を獲得し、オーディションの合格を目指しましょう。

【関連記事】

オーディションの面接で好感を持たれる服装と4つの注意点を紹介

美容院でプロの美容師に相談してみる

オーディションに受かりやすい 髪型 メンズ

すでに自分が通っている行き付けの美容院があったり、いつも指名している美容師がいるのであれば、一度自分に合った髪型を相談してみるのも良いかもしれません。これまで数えきれないほどメンズの髪型を作ってきた美容師ですから、必ずあなたに似合う髪型を教えてくれるはずです。

ただし、恐らく「オーディションに合格できるような髪型にしてほしい」と伝えても、そこはプロの美容師でも専門外なので、そういう時は「僕でも似合う髪型で、スッキリとした短髪ってどんなのがありますかね(笑)?」みたいに聞いてみると良いでしょう。

プロの美容師であれば、人の顔の作りや骨格などを見て、その人に合った髪型がある程度分かります。なので、オーディションに受けることを話の流れで伝えてみたり、自分が応募しようとしているオーディションを伝えながら、美容師と一緒に自分に合った髪型を見つけましょう。

これから応募しようとしているオーディションを開催している芸能事務所名を調べて、スマホでその芸能事務所の公式HPから所属タレントを確認し、そのページを美容師にも見てもらっても良いかもしれませんね。

オーディション用の宣材写真を撮ってくれるスタジオを利用してみる

オーディションに受かりやすい 髪型 メンズ

そもそも本気でオーディションの合格を目指すのであれば、本格的な現場でプロに写真を撮ってもらうことをオススメします。今ではオーディション用の宣材写真を撮ってくれるスタジオも数多く存在してますので、自宅の近くにあるスタジオを探してみるのも良いでしょう。

オーディションの二次審査で審査員と直接やり取りできる前に、一次審査の写真の時点でアウトになってしまうと非常に悔しいですよね?自分の声で直接アピールすることができないんですから、それはそれは悔やんでも悔やみきれないことでしょう。

オーディション用の宣材写真を撮ってくれるスタジオでは、あなた魅力を最大限に高めた写真を撮ってくれるほか、スタッフに相談すればオススメの髪型を教えてくれるはずです。そういった意味では美容師に相談するよりも効果的かもしれません。

少しでもお金を浮かせるためにオーディション用の写真を自宅で撮る方も多いですが、ライバル達と差をつけるためにも、プロに写真を撮ってもらい、そしてメンズの髪型についてプロの意見を聞いてみる方が、オーディションの合格率も高まることは必然です。

【関連記事】

オーディション写真を自宅で撮りたい方が意識すべきポイントを紹介

オーディションの写真と服装の色を意識して合格するためのポイント

オーディションに合格するために髪型以外の武器を身に付ける

オーディションに受かりやすい 髪型 メンズ

ここまではオーディションに合格するためのメンズの髪型について紹介しましたので、ここで少し番外編に入りたいと思います。まず初めに、今あなたには人前で自信を持って披露できるスキルや、自慢できる経験がありますか?

例えば、今IT業界ではAIが注目されており、AI機能を搭載したロボットがどんどん開発されています。そのAIロボットを開発するためには、プログラミングスキルが必要で、今後多くの学校でプログラミングの授業を取り入れられるという話がありますよね。

もしあなたがプログラミングが得意で、何か一つでも作品を作ることができるなら、それは大きな自己PRにも繋がります。しかも今はAIが注目されているので、そういったトレンドの相乗効果を狙って、”プログラミング系俳優””プログラミング系モデル”という新しいジャンルがいれば話題にもなりそうな気がしませんか?

…とはいえ、誰もがプログラミングを得意としているわけでは無いので、誰にも負けないと思えるようなスキルがあれば何でも構いません。それは大きなアピールポイントとなって、審査員からの注目を集め、オーディションの合格に繋がります。

【関連記事】

演技力を高めるための練習方法とプロに近付くオススメの養成所

表現力をつける(高める)には?練習方法を実践して身に付ける!

「自分には何もアピールできるものが無い」という方へ


特に自慢できるようなスキルや趣味、そして経験が無いという人も当然いるはずです。先にお伝えしておくと、何も自慢が無い人でもオーディションに合格する可能性はあります。サツマイモに彫刻刀を使って審査員の名前を彫ったことで、オーディションに合格した人気女優の北川景子さんのような方もいるのですから。

ただ、彼女ような例は結構稀なケースに該当するので、何のスキルも経験も無いといった方は、やはり養成所に通って自分の得意な事や、自分の魅力を見つけることから始めると良いでしょう。養成所では演技力や自分の魅せ方はもちろんのこと、オーディション対策もしっかり学べますし、表に出ないような裏技も教えてくれます。

今からでも遅く無いので、自分の状況に合った養成所を探してみましょう。ただ、芸能養成所によって入会金やレッスン費用は全然違いますので、しっかりと下調べした上で決めるようにしてください。10代ならお金は無いことが多いはずなので、ちゃんと家族に相談してから慎重に決めましょう。

どこがオススメなのか分からない方に、当サイトではこれまで『テアトルアカデミー』をオススメしてきました。大手芸能学院のテアトルアカデミーからは、一例として後にスターダストプロモーションに移籍された人もいますので、詳しい情報を知りたい方は、是非下記のカテゴリーページからテアトルアカデミーについて調べてみて下さい。

【関連カテゴリー】

テアトルアカデミーのカテゴリーページ

オーディションに受かりやすいメンズの髪型は”爽やか”であること

 

この投稿をInstagramで見る

 

D-Boy 本店 BOYGROUP 熊本美容室(@d_boy_honten)がシェアした投稿


というわけで、今回はオーディションの合格を目指すメンズに向けて、どんな髪型にすれば良いのかについて紹介しました。今回の結論ですが、髪型はその人の雰囲気を作る上で重要な要素になりますが、オーディションはそれだけで合格することはできないということでした。

…まぁオーディションの合格不合格についてではなく、ただ単にどんな髪型でいけば良いのかだけを知りたかったという方も多かったと思いますが・・・。ただ、そう思う方は、取り合えず男らしく爽やかな髪型にして、おでこを見えるように前髪を上げたり分けたりすると良いでしょう。

今回は『スターダストプロモーション』に所属している男性タレント達の髪型一例として紹介しましたが、恐らくほとんどの芸能事務所で通用する髪型になるはずです。共通点はやはり清潔感のある男らしい髪型であることでしょう。

極端に短髪にする必要はありませんので、自分の顔や雰囲気が爽やかになるような髪型になるように、美容師に相談して切ってもらうと、オーディションの合格にも一歩近付くはずですよ。

『関連記事』

オーディションに受かる人の特徴とは?顔や体型は合格に関係するのか

俳優になるには?顔や年齢は芸能界で売れるための絶対条件なの?