あなたは今、ワイスター(YStar)という芸能事務所の評判について気になっているのではないでしょうか?というのも、ネット上で情報を探しても有益な情報が無く、どのサイトも同じ事ばかり説明しているし、本気で芸能界を目指している人にとっては、どうにもこうにもワイスターという芸能事務所には怪しい印象しか抱けないという人もいると思います。

ただ、ワイスター芸能事務所に関する情報が、現状まだまだ少ないことは事実で、実際ワイスターの公式HPも見ても、正直なところ情報が充実しているとは言い難いところがあります。なので今回は、ワイスターという芸能事務所に関する情報、そして世間の評判を徹底的に調べてみましたので、非公式情報として1つの参考にして下さい。

オーディションへの応募はこちらから

好きな目次をクリック♪

ワイスター芸能事務所に対する世間の評判(噂)について

ワイスター YStar 芸能事務所 評判

冒頭でも説明したように、ワイスターに関する情報はネット上で探してもまだまだ少ないので、本当にオーディションを受けても良い芸能事務所なのか非常に気になりますよね?そのため、大半の方はワイスターに関する評判および口コミを見てから判断しようと思うのではないでしょうか。

ですが、評判を探しても中々見かけないという方もいると思いますので、まずは評判や口コミの調べ方について簡単におさらいしておきましょう。まず、現状ワイスターに関する情報は少ないので、ネット上に転がっている多くのサイトに書かれた情報はほとんど公式HPに書かれていることばかりです。

なので今のところ、公式HPだけを確認すれば、その他のサイトをわざわざ確認する必要は無さそうです。ただ、例外があって、匿名によるワイスターの情報が知りたい方は、例えばYahoo!JAPAN知恵袋Twitterなど利用して、『ワイスター』『ワイスター 評判』、または『ワイスター 事務所』などのキーワードでリサーチしてみましょう。

しかし注意点が1つあって、『Twitter』やInstagramなどのSNSならまだしも、『Yahoo!JAPAN知恵袋』などの匿名掲示板では、適当な質問をしたり、適当な回答をしている方もいるので、そこに書かれている内容を全て鵜呑みにするようなことが無いようにだけ気を付けてください。それでは、掲示板に寄せられているワイスターに対する評判を紹介したいと思います。

※注意:これから紹介する噂は、あくまで匿名による声なので、全て信じないようにして下さい。

【関連記事】

芸能事務所のオーディションに30歳から目指す方が知るべきこと

レッスン料が高くて所属を断念された方による評判

『Yahoo!JAPAN知恵袋』で2018年4月25日に投稿された内容に対する回答によれば、ワイスターのオーディションには合格したものの、レッスン料がとても高くて断念したといった声があります。残念ながらワイスターはレッスン料を公表しておらず、公式HPを確認してもレッスン料に関する記載はありません。

ただ、レッスン料が公開されていないのは決して不自然なことではありません。有名な大手芸能事務所や養成所でも、公式HPにレッスン料を記載しているところは少ないです。なので、レッスン料が気になる方は、一度問い合わせてみても良いでしょうし、オーディションの参加も無料なので、最終面接を合格を目指しても良いかもしれません。

ワイスターは1年で約70万円が必要だという噂

同じく『Yahoo!JAPAN知恵袋』にて2018年10月25日に投稿された内容に対する回答によれば、当時のオーディション会場は渋谷にある雑居ビル内にある部屋だったようです。そこで約6人ほどで自己PRや早口言葉をするのだとか。ワイスターは現在、書類選考は免除しているようなので、実質一次審査は世間で言う二次審査のような感じと思って良いでしょう。

さて、話を戻します。どうやら回答者によれば、その一次審査を合格したところ、二次審査は幡ヶ谷にある事務所に行き、応募者と審査員が個人で話し合い、系列のレッスンを勧められたのだとか。その話によれば、1年で必要になる費用はおおよそ70万円ほどになるのだそうです。決して安くは無いですが、1年で約130万円ほどかかる某大手芸能事務所のスクールもあるので、価値観は人それぞれです。

体験者によるワイスターのレッスン費と入学金の話

学生コミュニティ掲示板で有名なキャスフィ!内に、お金が一切かからない事務所。という名のスレッドが2010年11月21日に立ち上げられました。そんな中、2018年8月27日に、実際にワイスターオーディションを受けたと思われる体験者の書き込みがあり、ワイスターのレッスン費及び入会金について触れています。

その内容としては、ワイスターでは入学金が2つのコースによって分けられているようで、初心者コースが38万円経験者コースが48万円、そしてレッスン費が毎月3万円かかるとの書き込みです。もしこの情報が事実なのであれば、先ほど出てきた1年間で約70万円という金額が必要だという噂の信憑性も高まります。つまり、初心者コースの38万円+レッスン費の36万円(3万円×12か月間)約74万円ということでしょうか・・・?

ワイスターに対して良くない話を聞いているという方の声

最後も同じく、『Yahoo!JAPAN知恵袋』にて2019年1月19日に投稿された内容に対する回答によれば、ワイスターはあまりオススメしないのだとか。さらに、ワイスターはいかにも力があるように見せかけているが、良くない噂は聞いているのだそうです。…と、この方の声だけみれば、誰もがワイスターに対する不信感が生まれるでしょう。

ただ、筆者の個人的な意見としては、この方は正しいことを言っているように思えますが、回答の内容に全く中身がありません。こちらからすれば、ワイスターの良くない話について知りたいのに、結局何もそれに関して説明がありませんし、全く具体的では無いからです。本当にオススメしないなら、その根拠も説明してあげた方が親切です。

ワイスター芸能事務所のレッスン料の噂に対してどう思うかは自分次第

ワイスター YStar 芸能事務所 評判

ワイスターのオーディション募集ページを確認すると、このプロダクションに所属するにあたって必要な費用は一切無いとの記載があることが確認できます。世間では、よく『芸能事務所に所属する=費用は全て無料』という謎のルールが広まっていますが、これは半分正解で半分不正解です。

確かに研音やスターダストプロモーションなど、誰もが知る大手芸能事務所に所属すれば、レッスン料などは一切かかりません。…が、その芸能事務所に所属するために、大半の方は系列の養成所またはスクールに通い、費用を支払いながらレッスンを受けています。

ワイスターに関しては情報が少ないので、何に関しても断定することはできませんが、いわゆる”光る人材”だと判断されたのなら、特待生扱いのようにしてレッスン料も無料になるのかもしれませんし、少しスキルを磨いた方が良いと判断されれば、系列の養成所を勧められるのかもしれません。

匿名による噂によれば、1年間で約70万円必要になるとのことですが、それぞれ人によって金額も違うかもしれません。これはワイスターだけに限らず、別の芸能事務所でも、人によってレッスン料が半分になったり4分の1になったり、もしくは完全免除になるケースもあります。ちなみに70万円という金額も、芸能事務所系列の養成所やスクールではそこまで珍しくない金額といえます。

費用だけで芸能事務所に所属するか決めるのは考え物

確かにお金は大切なものですから、芸能事務所や養成所を選ぶ時は、あなたの身の丈に合った費用が掛かる事務所への所属を考えてオーディションに応募すれば良いと思います。ただ、費用だけで事務所の評価を全て決めてしまうことだけはオススメしません。

ネット上では、よく『レッスン料をとる=詐欺』だとか、『レッスン料が高い=入会金及びレッスンビジネス』と決めつけるかのような書き込みを多く見かけます。ですが、その書き込みこそが、芸能界デビューを夢見ている方達の価値観を狂わせる原因にもなっていることは事実です。

こんなこと言われてしまうと、行ってみたいと思った芸能事務所のオーディションに挑戦する気持ちも失せてしまいますし、自分の選択幅を狭めてしまうだけです。挑戦する前から諦めてしまう癖が付いてしまうと、今後の活動に支障をきたすだけなので、自分が受けたいと思ったオーディションがあれば、とにかく受ければ良いんです。

幸いワイスターのオーディションは無料で受けられるんですから、そもそもレッスン料がどうのこうのではなく、そもそもあなたがオーディションに受かるかどうかです。人は人、自分は自分なので、他人の評価や噂に左右される前に、自分自身の目で何事も確認すれば良いじゃないですか。

オーディションへの応募はこちらから

ワイスター事務所の評判に関して気になる点

ワイスター YStar 芸能事務所 評判

ところで気になる点としては、オーディションページの看板モデルとしてmaiさんが起用されていますが、ワイスターの公式HPにある『ARTIST(所属者)に、maiさんのプロフィール及び写真が無いということ。後に掲載されるのでしょうか・・・?

そして、ネット上で調べても、maiさんという人物に関する情報が無く、あっても「YStar所属しているタレントです」とか、「色々なドラマに出演されている女優です」としか記載されていないサイトばかりです。

映画『美しい夜、残酷な朝』や、NHKの『天使みたい』『新選組』への出演など、探してみましたが、maiさんに関する情報は見かけませんでした。憶測でしか言えませんが、もしかすればエキストラのような感じで出演されていたのかもしれません。

とはいえ、詮索しても意味がありませんので、後に徐々に露出が増えてくるのかもしれません。現状、SNSなどもされてないようですし、maiさんに関する『Wikipedia』も無いので、今後の出演作品が確認できないことは少し残念ですねが、今後の活躍に注目しましょう。

ワイスターのオーディションに関する評判について

ワイスター YStar 芸能事務所 評判

ワイスターではどのようにオーディションが行われているのか、その評判についてはもちろん公表されていないので分かりません。ただ、先ほど紹介した『Yahoo!JAPAN知恵袋』で回答していた匿名の方によれば、オーディションは渋谷や幡ヶ谷といった場所で行われたとのことです。

ワイスターでは現在書類選考が免除されているようで、実質一次審査は誰でも合格するので、本番は二次審査の面接からと思っておいて良さそうです。注意点として、ワイスターは今のところ東京でしかオーディションが行われていないようなので、東京近辺にお住まい方以外は中々気軽にオーディションが受けられません。

今後もしワイスター芸能事務所が勢力をつけてくれば、大阪や福岡などにも事務所を構える可能性が大いにありますが、もう少し時間が掛かりそうなイメージです。なので、東京近辺以外にお住まいで、かつ芸能界デビューを目指している方は、別の芸能事務所や養成所などのオーディションを受けた方が良いでしょう。

さて、ワイスターのオーディションの内容に関しては、今のところ面接会場で自己PRと早口言葉をしたという匿名の情報しか入手できておりません。ただし、その時のオーディションによって課題のようなものも変更される可能性があるので、自己PRの対策はしっかりとしておき、課題についても、下手でも良いから自信を持って全力でやるというスタンスでいきましょう。

【関連記事】

オーディションで印象に残る人の共通点はとてもシンプルだった件

オーディションに緊張しない方法を精神編4つと一般編7つに分けて紹介

ワイスターオーディションの自己PR対策をしておこう

これはワイスターに限らず、どんなオーディションでも、しっかり自己PRの対策をしておかないと合格することが難しくなります。そして今のところ、ワイスターでは自己PRをすることしか情報がありませんでしたが、同時に志望動機もちゃんと伝えられるようにしておいた方が良いでしょう。

ワイスターに所属している方々のプロフィールを見てみると、多種多芸な趣味や特技を持っている方が多いように見受けられます。なので、恐らく面接の場では自分の趣味や特技に関しての説明を求められるかもしれませんね。もし志望動機や自己PRに関して、どうすれば良いのか分からないという方は、下記の記事で分かりやすく解説しているので、しっかり読んで対策をしましょう。

【関連記事】

オーディションでの志望動機の書き方を例文を交えて詳しく紹介

オーディションでの自己PRの書き方を例文付きで紹介【書類審査編】

ワイスターオーディションの面接対策もしておこう

ワイスターの場合、書類面接が免除されているということは、実質いきなり面接から始まると思っても良いかもしれません。なので、ワイスターのオーディションを受ける場合、履歴書の書き方よりも、面接対策をしておくと良いかもしれませんね。面接では直接審査員と会うので、髪型や服装などには気を付け、最低限の礼儀やマナーを持って臨みましょう。

どんな格好で行けば良いのか、どんな髪型で行けば良いのか、あれこれと考えてしまう方も多いようですが、その場合はワイスターに所属している方々のプロフィール写真を参考にすることが手っ取り早いです。面接で審査員の好感を得る服装や、どのような質問をされるかについて知りたいという方は、下記の記事を参考にし、面接対策を行いましょう。

【関連記事】

オーディションの面接で好感を持たれる服装と4つの注意点を紹介

オーディションの面接でされる質問は7つのポイントを知れば怖くない

ワイスターの会社概要について


ワイスターは列記とした芸能事務所であり、『株式会社ワイスター』として商号登記も済んでおり、決して怪しい芸能事務所ではありませんのでご安心ください。ワイスターの郵便番号は『〒157-0077』で、住所は『東京都世田谷区鎌田4-17-15』で上記の地図の場所になります。

電話番号は『03-6869-1974』と記載されていますが、問い合わせる場合は、一度必ず公式HPで電話番号を再確認してから電話して下さい。なお、受付時間は13時~18時までのようです。Eメールは『info@ystar.co.jp』で、会社の代表は雨宮透修さんになります。

オーディションへの応募はこちらから

ワイスターのオーディションって誰でも受かるの?

ワイスター YStar 芸能事務所 評判

オーディションに関しては、毎回のように噂になる「○○のオーディションって誰でも受かるの?」という噂。何故このような噂が出るのかというと、世間では芸能事務所と養成所の区別ができていない方も多いようで、大半の方は養成所を芸能事務所だと勘違いしていたパターンです。

芸能事務所は、即戦力や将来性のある方を限りなく絞って選出するので、必然的にオーディションの合格率は非常に低く、ほぼ合格できません。一方の養成所では、演技や表現力、そしてオーディションに合格するための対策方法などといったものを学ぶ学校なので、大手養成所ともなれば、ある程度礼儀やマナーがある方ならほぼ合格できるので、毎回100人でも200人でも合格します。

さて、ワイスターのオーディションに関してですが、どうやら、わりと不合格になっている方も多いようです。その情報元は『SNS』だったり『Yahoo!JAPAN知恵袋』くらいしか無いので、そこまで信憑性はありません。ただ、「ワイスターのオーディションは誰でも受かるよ」といった声は、今のところありません。

そもそも合格しやすいかそうでないかでオーディションを受けるか判断するような、そんな”残念な人”にはならないようにしましょう。受けたいと思ったなら、周囲の声や噂なんかに振り回されず、全て自分の意思で決められるような自主性を持って挑戦すれば良いのです。

ワイスターに所属しても仕事なんてあるの?

レッスン料に関する質問と同じく、非常に多くみられる質問が「○○事務所に入っても仕事なんてあるの?」というもの。結論から言うと、ワイスターに所属すればもちろん仕事も紹介してくれるでしょうし、その点に関するサポートは万全のようです。

ワイスターの公式HPによれば、ドラマ・映画・CMなどの仕事はもちろんのこと、オリジナル作品(自主作品)もどんどん制作されているようで、所属者の中からオーディションによって選出されるのだとか。そして、ワイスターは世界を舞台にする目標も掲げており、この先どんどん世界を視野に入れたアーティスト育成に力を入れていくのではないでしょうか。

なお、ワイスターは、誰かの指示や命令を受けないと動くことしかできない人は求めていないかもしれませんね。何事も自分の頭で考えることができて、自分がやりたいと思うアイデアをどんどん出せる企画力のある方、そして自由な発想を持つ方、何よりポジティブで失敗してもチャレンジし続けられる方を求めているように思います。

2018年からちらほら噂に出てきた比較的新しい事務所なので、これをチャンスと受け取るかどうかはあなた次第です。あくまで筆者の個人的な意見ですが、これから徐々に発展していく芸能事務所だと思うので、設立初期から所属しておいた方が、名が売れる可能性も大いにあると判断します。あの大手芸能事務所ホリプロの設立初期の所属者だった和田アキ子さんのように。

【関連記事】

オーディションに受かる6つのおまじないで願いを叶えよう!

ワイスター事務所の評判を調べるより所属者達からの情報を得よう

ワイスター YStar 芸能事務所 評判

結局のところ、ワイスターという事務所の評判を、ネット上の掲示板やSNSだけで確認することはオススメしません。それならば、実際に今ワイスターに所属しているアーティスト達のSNSなどを探して、どのような活動をしているのか参考にする方が余程良いと思います。

ワイスターの看板モデルのmaiさんに関しては、残念ながらSNSをされていないことが分かりましたが、実はその他の所属者の中には、『Twitter』や『Instagram』をされている方もおられます。役者の活動をされている方もいますし、YouTuberとしてゲーム実況をされている方もいて、皆伸び伸びと活動しているイメージです。それでは、SNSをされているワイスター所属のアーティストを男性と女性のそれぞれ数人ほど紹介したいと思います。

ワイスターの所属者その①【久家千乃さん】

1997年2月14日生まれの久家千乃(くが ちほ)さん。プロフィールによれば、趣味はメイクの研究、読書、空手など、幅広い趣味をお持ちのようです。

特技も水泳、ダンス、バレエ、着付け、朗読など、マルチな才能を持っている方で、今後の活躍にも注目されますね。ただ、今のところ頻繁にSNSは更新されていない印象です。

ワイスターの所属者その②【青木優光夏さん】

1999年6月28日生まれのO型である青木優光夏(あおき ゆみか)さん。プロフィールによれば、趣味はランニングや音楽鑑賞のようで、特技は後方ブリッジ及び側転なんだとか。

体を動かすことが好きなアクティブなイメージですし、音楽鑑賞の趣味も生かして、今後はこの2つを武器にした活躍に期待しましょう。

ワイスターの所属者その③【宇戸稚葉さん】

1997年10月22日生まれのA型である宇戸稚葉(うと わかば)さん。プロフィールによれば、趣味は絵画や動画編集、特技は柔道、水泳、ダンスなどのスポーツ全般に加え、書道やピアノも出来る幅広い才能を持った方のようです。

動画編集の趣味があるなら、この幅広い特技を使った動画をYouTubeに投稿するのも面白いかもしれませんね。今後はどういった活躍をされていくのか、期待が高まります。なお、彼女はInstagramもされているので、チェックしておきましょう。

ワイスターの所属者その④【名倉千加さん】

1997年3月22日生まれのO型である名倉千加(なぐら ちか)さん。プロフィールによれば、趣味は料理や筋トレのようで、どこかストイックなイメージを持ちますね。なのに、特技はお菓子作りということで、料理が作れることも含め、可愛らしい女性とのギャップが素晴らしいです。

どうやら現在は『JELLY』の専属モデルになれるように頑張っていらっしゃるようで、その一方で『SHOWROOM』でも毎日配信されているようなので、彼女の今後の活躍はチェックしておくと良いかもしれませんね。

ワイスターの所属者その⑤【新倉なつみさん】

1995年2月5日生まれでAB型の新倉(にいくら)なつみさん。プロフィールによれば、趣味は絵画、ダンス、ネイル、食べ歩き、料理のようです。そして特技はバレーボール、ダイビング、水泳、ピアノ、書道ということで、非常に多種多様な才能が感じられます。

2019年4月からYouTubeを始められたようで、現在はゲーム実況の動画を中心に投稿されているようです。本人曰く「ゲーム実況から」とのことなので、今後はゲーム実況以外の企画動画も投稿されるかもしれませんので、チェックしておきましょう。

ワイスターの所属者その⑥【伊東力さん】

1987年9月17日生まれでA型の伊東力(いとう ちから)さん。プロフィールによると、趣味は映画鑑賞で、特技はモノマネ、デッサン、ジョジョ立ちと、とてもユニークな印象を受けますね。

主に芸術方面での関心が強いイメージなので、今後はこれらに関係する仕事で活躍されるのでしょうか。現在は声優をメインに活動され、Instagramもされているようなので、チェックしてみて下さい。

ワイスターの所属者その⑦【石田陵馬さん】

1996年4月4日生まれでA型の石田陵馬(いしだ りょうま)さん。プロフィールによると、趣味は映画鑑賞、散歩、旅行、ロードバイクと、どちらかというとアウトドアでアクティブな印象です。

特技も料理という意外性がありながらも、バスケットボールというスポーツもできる多彩な方のようです。SNSを見たところ、現在は舞台で活躍されているようで、Instagramもされているので、チェックしてみて下さい。

ワイスターの所属者その⑧【三宅広大さん】

1998年12月1日生まれでA型の三宅広大(みやけ こうだい)さん。プロフィールによれば、趣味は音楽鑑賞、映画鑑賞、ドラマと、エンターテインメントの世界に強い関心があることが伺えます。特技は野球とテニスというスポーツマン。

彼の注目ポイントといえば、やはり東洋大学ミスミスターコンテスト2019にて『ピフォパ賞』を受賞したことでしょうか。今後の活躍が非常に期待できる三宅広大さんは、Instagramもされているので、逐一チェックしておきたいところです。

ワイスター芸能事務所の評判に頼らず、行動しよう!

ワイスター YStar 芸能事務所 評判

ワイスター芸能事務所の評判に関して紹介してきましたが、今のところ特にこれといって悪い評判や噂は無さそうです。ただ、ワイスターはプロダクション所属に係る費用は一切無いようですが、匿名の噂が事実であれば、1年間でおおよそ70万円前後の出費はあるかもしれないということは把握しておくと良いでしょう。

…とはいえ、あくまで金額は匿名の方による声なので、信憑性はありませんし、人によって費用が変わる芸能事務所や養成所も多いので、ワイスターもそういったタイプの芸能事務所である可能性もあります。

もし事実が知りたいのであれば、実際にオーディションに応募し、最終面接を合格すれば全て分かるので、まずはチャレンジしてみてはいかがでしょうか?個人的な印象としては、ワイスターはもちろん個性を大事にしながらも、自ら主体的に動くことができるようなアーティストを求めているように思いました。

なので、仮にワイスターに所属することができたなら、自分自身で何事も考え、自ら企画できるくらいのポテンシャルを発揮していけると、徐々に活躍の幅も広まっていくことでしょう。

ワイスター芸能事務所のバックアップやサポート体制も充実していることは、今回紹介したワイスターの所属者達のSNSを見れば分かります。皆さん伸び伸びとしており、自分のしたいことを自由にさせてもらっている印象です。

まだ新しくできたばかりの芸能事務所に対して不安に思う方もいるかもしれませんが、ライバルが少ない今だからこそチャンスが掴みやすいのではないでしょうか?その不安に打ち勝って、今行動するか、それとも世間の評価を気にしてズルズルと後で行動してしまうかで、あなたに訪れるチャンスも大きく変わるかもしれませんよ

オーディションへの応募はこちらから
【関連記事】

オーディションに受かる人の特徴とは?顔や体型は合格に関係するのか

芸能事務所からスカウトされる顔を女と男でそれぞれ詳しく紹介!