声優として選ぶ養成所の基準は何でしょうか?年齢不問で誰でも通える、しかも随時募集をしている有名な養成所の一つに『インターナショナル・メディア学院』という養成所があります。この養成所は4月始まりではないため、思い立ったらすぐにでも応募することが出来ます。

今回はそんなインターナショナル・メディア学院の学費や授業の受け方などについて、東京校に直接電話して聞いてみましたので、是非参考にしていただければと思います。ただし、今回紹介する内容もあくまで“非公式情報”としておき、内容は今後変更される可能性もあることを踏まえて読んで頂ければと思います。


公式サイトにはない自由な授業選択スタイルを希望できる

インターナショナル・メディア学院 学費

入所時には『ベーシックコース』入所金108,000円がかかります。その他、雑費として更に108,000円が加わり、初期費用は216,000円となっています。結構な金額ですので、学校側でローンを用意してくれています。

学校側でのローンを組むと、手数料がかからないそうですので(※もちろんクレジットカード払いもできるのですが、手数料がかかってしまうため)、学校にローンを組むことをお願いすると良いでしょう。ここ、結構重要なポイントだと思います。

毎月、月謝制となっており、費用は43,200円となっていますが、この値段は週に一回2コマの授業を受ける場合です。1コマの授業時間は2時間となっており、2コマ受けると4時間かかる計算になりますね。

電話で確認したところ、インターナショナル・メディア学院の柔軟さは、週に一回一コマだけ受けるやり方であったり(※一日に受けるコマ数を半分にする)隔週で2コマ受ける形にする(※行く手間を減らして、隔週で4時間のレッスンにする)などの通い方が出来るそうです。

インターナショナル・メディア学院 学費

そうすると、本来払うべき月謝が半額で済むそうなのです。半分しか授業を受けていないので、月謝を半額にしてもらえるのはとてもありがたいと思いませんか?

週に一度とはいえ、4時間も講義を受けるのがつらいと思ったら、半分にして少しお金を浮かせるというやり方も出来るということです。

ちなみに『アドバンスコース』月謝は54,000円ですが、ベーシックコースを卒業しないと通うことが出来ません。ですので、ベーシックコースの時に入所金などの初期費用は支払済みのため、アドバンスコースでは初期費用はかからないそうです。月謝だけで済むということですね。

ベーシックコースは月謝を年間で払うのが、計算(※初期費用を除く)してみると、43,200円×12(ヶ月)=518,400円ということになりますね。…と、まとめて計算すると結構な額になるわけですが、専門学校などと比較すると、働きながら支払える額でもあります。

また、先ほどご紹介した通り、半額のコースにすれば、年間の授業料は初期費用を別として21,600円×12(ヶ月)=259,200円となります。大分リーズナブルになることが分かります。以上が東京校の通い方の問い合わせ内容です。

まずは無料の資料請求をしてみましょう。電話もしくはインターネットで公式サイトに飛び、資料請求をすることが可能です。なお、説明会や体験セミナーも無料となっていますので、養成所の雰囲気や講師の質、自分に合っているか、ここに通いたいと思えるのかどうか、何よりも実際に体験してみることが良いでしょう。

インターナショナル・メディア学院では、『ドラゴンボールZ』のベジータ役で有名な堀川りょう氏が学院長を務めていて、本人自ら地方校まで足を運んでいるそうです。地方校でも東京校と変わらない授業の質を確保している貴重な養成所でもあります。

堀川りょう氏と宮村優子氏の指導がありますが、この二人といえば、アニメ『名探偵コナン』で服部平次役と遠山和葉役をそれぞれ務めていることで有名です。

昨今では、インターナショナル・メディア学院の所定の審査を受けた上で登録されるプロダクション『IAMエージェンシー』から、紅白歌合戦に出場した鈴木愛奈さんがいらっしゃるようです。

公式サイトにも「第69回NHK紅白歌合戦に、Aqoursの鈴木愛奈が出場!」とハッキリ記載されています。インターナショナル・メディア学院では、在学中にデビューできる確率は70%とも言われています。全国各地に分校があるので通いやすいですね。

ジャンルはアニメやゲームの仕事をしたい人向けですが、何とこの養成所には、業界初となるYouTuber養成コースというのも設けられており、このコースはTVでも紹介されているようです。

公式サイトの『IAMユーチューバーチャンネルズ』のページから、各ユーチューバーのサイトに飛ぶことができ、そこでは新人声優のレコーディング風景や、ボイスドラマ、アニメなど色々な活躍を見ることが出来ます。

【関連記事】

インターナショナル・メディア学院のYouTuberコースの評判と費用

地方校に通っていても、将来は状況を勘案すべき

インターナショナル・メディア学院 学費

声優を目指すのであれば、仕事のほとんどが首都圏で行われるため、いずれは上京することを考えておいた方が良いでしょう。ですから、上京するだけの環境や資金をためておく必要があるのです。学生の方は、就職先を首都圏にしたりするなど、工夫すると無理なく通えるでしょう。

冒頭でも紹介したとおり、初期費用は学校が手数料不要でローンを組んでくれるので、その方がお得ですし、無理なく支払することが出来ますね。週に一度のレッスンですので、社会人も多く、通う人の年齢層は幅が広いものとなっています。

逆に言うと、地方の分校に通っていて、上京しないのであれば、仕事の度に上京するコストが嵩んでしまうため、現実的な仕事のやり方ではないということになってしまいます。どうしても地方で活躍したい方は、先述の通りユーチューバーとして活躍すると良いでしょう

入所方法と資料請求の応募先はこちら

インターナショナル・メディア学院の口コミ

インターナショナル・メディア学院 学費

インターナショナルメディア学院の良い口コミをまとめると、「現役の声優さんからの指導があること」「3ヶ月に一度、プロダクション所属のための審査があるため、同期がどんどんデビューしていくので、自分も気合が入る」といった声がありました。

その他、「仕事と両立できる」「レッスンの振り替えができる」「レッスンを減らすことで費用を抑えられる」「実践的で雰囲気も良い」などが挙げられるようです。

仕事をしていると、レッスン日と仕事がぶつかる日もあるかと思いますが、そのあたりはインターナショナル・メディア学院も柔軟な対応をとっているようなので、非常に安心して通うことができますね。

インターナショナル・メディア学院 学費

今回は同時に悪い口コミも調べてみました。「提携プロダクション預かりになる人がほとんどいない」「自主制作アニメ、ラジオがゴールの人が多い」「誰でもプロダクション所属になるわけではない」「学費が高い」といったものが殆どのようです。

学費に関してはコマ数を減らせば良いので、この悩みに関しては簡単に解決できます。声優の世界はとても厳しいものであり、どこの養成所に通っていても『事務所預かり』になれるまでは非常に厳しい道のりとなっています。

悪い口コミの多くに「プロダクション所属には中々なれない」という声がありますが、これはどこの養成所に通っていても同じことです。…というよりも、世間やプロの声優達から言わせてみれば、大した努力もしていないような方が簡単に事務所預かりになってもらっては困ります。

インターナショナル・メディア学院 学費

テレビ・ラジオ・音楽・ネット等を見る側・聴く側からすれば、声優としての実力も経験も全く無いようなド素人に、ましてやスキルにほんの少し毛が生えた程度の能力しか無いような声優にアニメのアフレコやナレーターなんてやってほしいわけありません。

声優になるためには、自分自身のスキル・経験・知識を始めとした様々な要素が必要になりますが、常に意識しておきたいのは、画面の向こう側には必ず見る人や聴く人達の存在があること。

当たり前ですが、この人達(お客さん)の目は絶対誤魔化せません。養成所の講師達とは比にならないほど厳しく、下手な声優がアフレコを務めれば容赦無く指摘してくるので、いかに声優という職業が甘い世界では無いことが痛感させられるでしょう。常にプロ意識を持って努力し続けていきたいものです。

【関連記事】

インターナショナル・メディア学院の評判・口コミを分かりやすく紹介


インターナショナルメディア学院の有名な卒業生は?

実際どんな方々が活躍しているのか気になりますよね。所属プロダクションのIAMエージェンシーから、『アイドルマスターシンデレラガールズ』神谷奈緒のCV、全国放映映画『レゴニンジャゴーザ・ムービー』の主役のロイドのCVをこなした、松井恵理子さんなどがいらっしゃいます。

彼女の場合は、何とデビューが在学中だったそうです。才能のある人は開花も早いのですね。他にも、紅白に出演した鈴木愛奈さんは、『ラブライブ!サンシャイン』にも出演しています。

他、舞台『弱虫ペダル~箱根学園新世代、始動~』に出演を果たしている佐藤祐吾さんもいらっしゃいます。声優ではなく舞台俳優として活躍する事もあるのですね。

ちなみに、インターナショナル・メディア学院の過去のデータとして、デビュー実績が、

入所3か月以内にデビュー 71
入所1年以内にデビュー 433
入所2年以内にデビュー 807
入所3年以内にデビュー 1,170

…となっています。説明会や体験レッスンは、毎月行われているので、随時募集のスタイルのインターナショナル・メディア学院は入りやすいです。しかも、インターナショナル・メディア学院にはオーディション無く入所することが出来ます

「オーディションが厳しくて他の養成所を落ちてしまった…」と、そんな人にはまさにぴったりの養成所と言えるでしょう。ただし、前提として「声優になりたい」という強い気持ちが無ければ、通えないことになっています。

お稽古感覚での入所は避けた方が良いかもしれません。お稽古感覚でボイストレーニングしたい方は、養成所ではなく、習い事で、カラオケがうまくなるボイストレーニング教室、ボイストレーナー等を探すと良いでしょう。要するに、カルチャースクールということになります。

インターナショナル・メディア学院の入所方法は?

インターナショナル・メディア学院 学費

今、インターナショナル・メディア学院は声優養成所として非常に人気が急上昇しています。今勢いのある養成所といっても過言ではないでしょう。では、入所はどうしたら良いのかといいますと、流れとしては、まずは書類のお取り寄せから始まります。

ちなみに電話でも取り寄せることが出来ます。電話での取り寄せの場合は、『03-5386-7545(必ず公式HPで確認しましょう)のインターナショナル・メディア学院東京本部に電話を掛ける必要があります。簡単で確実なのは公式サイトの入所申込みフォームを利用する方法です。

そして、説明会と入所相談会を経て、面談(※電話でヒアリングの場合もあります)でコースが決定します。面談やヒアリングを経て入所手続となります。書類の提出と費用の振込が請求されます。そして、希望の受講曜日と時間帯を決定します。

ここの段階で無理なく通える曜日と時間帯を考えておく必要がありますね。そして、テキスト類が届きます。これで、晴れてインターナショナル・メディア学院の受講を開始することが出来ます。

入所方法と資料請求の応募先はこちら

実は無料の『つうしん部』がある

ちなみに、入所前に完全無料の『インターナショナル・メディア学院つうしん部』を受講してみるのも良いかもしれません。会員登録が必要で、ログインする必要があります。

遠方に住んでいてどうしても養成所に通えない方や、仕事が忙しすぎて、もっとフレキシブルな通い方をしたいという方に向いています。つうしん部はいつでも好きな時間に学ぶことが出来ます。

無料であっても、声の出し方や腹式呼吸、朗読や演技など幅広く学ぶことが出来ます。プレミアムコースは有料となっていますが、インターナショナル・メディア学院に入所すると、登録料全額が養成所入所金に充当されますので、入学すると全部無料ということになります。

入学まで迷いがある方にもオススメです。『App Store』もしくは『Google play』から、アプリの配信もしているので、是非チェックしてみましょう。つうしん部をいつでも持ち歩くことが出来ます。ただし、つうしん部ではデビューすることができません。デビューするには養成所に通う必要があります。

【関連記事】

インターナショナル・メディア学院の夜間コースについて詳しく紹介

今回のまとめ

インターナショナル・メディア学院にはオーディションが無く、随時募集、年齢不問で通える通いやすい養成所であることがお分かりいただけましたでしょうか。また、無料のコンテンツであるつうしん部を設けており、ここでは基礎を無料で学ぶことが出来ます。

プレミアムコースは有料ですが、プレミアムコースで支払った金額は、実際にインターナショナル・メディア学院に入所した時に入所金に充当されるので、実質無料にて使用することが出来ます。つうしん部は、遠方の方や忙しい方、まだ迷いのある方にはピッタリです。

ただし、つうしん部だけでは肝心のプロダクションに所属できませんので、上京するなどして養成所に通う必要があります。ここで忘れていけないのが「必ず声優になる!」という強い気持ちです。

それがなければ、声優という厳しい世界で生き残ることが出来ません。インターナショナル・メディア学院は、そんな強い希望を持った人材を随時募集しているのです。まずは資料請求から始めてみてはいかがでしょうか?

【関連記事】

インターナショナル・メディア学院の特待生制度の現状とプロへの道筋

入所方法と資料請求の応募先はこちら