今、勢いのある声優の養成所である『インターナショナル・メディア学院』ですが、業界初のYouTuber(ユーチューバー)コースを開設しているということで、テレビ等でもとりあげられて話題になっています。果たしてインターナショナル・メディア学院ではYouTuberになるコツ等を伝授してもらえるのでしょうか?

入所するためには一体どれくらいの費用が掛かるのか、新しく始まったYouTuberコースの現在の評判はどうなのか。そして、YouTuberになった後のギャラ、つまり得た収益は自分のものになるのでしょうか?そんな疑問を持つ方へ、今回はインターナショナル・メディア学院で新しく始まったYouTuberコースについて、あくまで“非公式情報”として詳しく解説していきたいと思うので、是非ご一読ください。

インターナショナル・メディア学院に入所するとYouTuberになれるの?

インターナショナル・メディア学院 YouTuber

インターナショナル・メディア学院では日本の芸能界初の試みとして、インターネット上で活躍できるYouTuber養成のコースを開設しました。正式なコース名は『YouTuber声優プロコース』になります。

今では知っている方も多いと思いますが、YouTuberになる方法は意外と簡単で、YouTubeで自分のアカウントを作ってコンテンツをアップロードすれば、すぐにでもYouTuberになること自体は可能です。インターナショナル・メディア学院では、声優という職業に重点を置き、それをベースとしたコンテンツ作りをしています。

コース内容は『声優コース』と『YouTuberコース』の両方ですので、どちらから実力が付いてきたのかを鑑(かんが)みながら、個々の個性に沿って指導してくれるようです。ちなみに現在YouTuberコースを開設しているのは、東京・大阪・名古屋・福岡・岡山・札幌・仙台のみとなっています。

インターナショナル・メディア学院 YouTuber

インターナショナル・メディア学院では各校同士への転校が無料で行えますので、「いずれは声優が最も活躍する東京へ上京したい!」と考えている方は、地方校からであっても安心して転校することが許されるわけです。

また、現在すでに地方校に通っていて、もしもそこにYouTuberコースが無かった場合は、最寄りのYouTuber開設校に移転してみることもアリかもしれません。とはいえ、YouTuberの良いところは地方でも世界に向けて活躍可能であることです。

声優業界の拠点としては、やはりどうしても首都圏に固まってしまうのですが、活動拠点をどうしても地方に置いたままにしたい場合は、インターナショナル・メディア学院のYouTuberコースで声優の道を目指してみることも1つの手かもしれません。

【関連記事】

インターナショナル・メディア学院の評判・口コミを分かりやすく紹介

YouTuberコースではどんな練習をするの?

インターナショナル・メディア学院 YouTuber

まずは声優として地盤を固めることが先になります。アップロードするコンテンツは声優がメインになってきます。ですので、活動内容としては声優としての練習がありきだと思ってください。

それに、コンテンツ作りや、どうしたらプレビュー数が増えるのかといった指導が入ります。世界に向けて発信するのため、コンテンツによっては英語字幕を入れるなどの指導も入るようです。

それほど日本のアニメに関する世界からの興味は高いのです。YouTuberコースでは常に世界を意識した授業が行われており、ネット業界は動画配信やSNSなど、今後どんどん発展していくだろうとされており、将来性は十分にあると判断しても良いかもしれませんね。

費用や収益関係はどうなっているの?

インターナショナル・メディア学院 YouTuber

YouTuber声優プロコースは、実はオプションになっています。ですので、まずは声優ベーシックコースに所属する必要がありますですので、初期費用が216,000円に、月々の月謝が43,200円となっています。

Youtuberコースは不定期の開催となっており、オプションでは2コマ受けることが必須となっており、1コマ5,400円ですが、2コマ受けるため別途10,800円支払う必要があります。ですので、YouTuberコースはあくまでも“オプション”ということを理解しておく必要があります。

そして気になる収益ですが、YouTuberとして軌道に乗ってくると、個々の個性に応じてプロダクション契約が結ばれ、マネジメント手数料が取られる仕組みになっています。その代わり、動画再生数が伸びるようにマネジメントしてもらえるようになっています。

どんな契約内容なのかは個人個人で異なりますので、実際に通ってみないと何とも言えないというのが結論になります。動画再生数が伸びない場合は、手数料もとられない代わりにギャラも発生しません仕事として捉える考え方がスムーズですね。

【関連記事】

インターナショナル・メディア学院の学費とお得に通うための方法

入所方法と資料請求の応募先はこちら

今までに活躍したYouTuberって?

公式サイトに飛んで『IAM YouTuber channnels(IAMユーチューバーチャンネル)というページに進み、そのページの一覧を確認することで、これまでの先輩の活躍の一部を見ることが可能です。

ただし、ここで紹介されているものは極一部となっており、現状では全ての先輩方の活躍を知る手段が無いことが残念ではありますが、こちらのページだけでも非常に見応えがありますので、是非参考にしていただければと思います。

動画再生数などもリンク先から確認することが出来ます。一覧を見ると、ツイッターやインスタグラムのアカウントを公開している方が多く、ツールを使いこなしていると言えそうです。まだ現状ではそれほど再生回数は多くないようですが、実績確認はこのページを参考にしましょう。

YouTuberになれなくても声優になれるの?

インターナショナル・メディア学院 YouTuber

先ほども述べた通り、YouTuberコースはオプションかつ月々の月謝43,200円に追加で、不定期開催で10,800円を支払って受けるスタイルであり、あくまでも“声優になること”を目標としています。

ですので、捉え方としては、声優になりファンとの交流のツールとしてYouTubeを選択するという方法が一番現実的なのかもしれません。

YouTuberコースの開設の意図としては、『声優業界最高の人材の育成』『ビッグマネーを稼げる人材の育成』『世界で活躍する人材を育成』をモットーにしているようです。

5年以上のYouTuber育成実績があり、業界では最大手のとなります。ですので、結論から言えば、YouTuberになるのは、いつでも誰でも簡単になることが出来ます。

ただ、まずは声優の道を目指すということを忘れてはいけません。毎月行われるレッスンは、声優になるための『声優ベーシックコース』からのスタートになります。

それでも、プロダクションに所属できるのは極僅かと厳しい道のりですが、IAMグループは自社でアニメを制作し、放送しているため、他の養成所とは違ってデビュー人数が多いことで知られています。

更に、テレビの他にはラジオも放送しています。デビューが入所から1ヶ月という方もいるそうです。また、ベーシックコースでは、すぐにプロの声優の現場を見学できるチャンスもあり、現場の雰囲気を学習することが出来ます。

昨今ではゲームやアプリの出演実績もあるそうです。ちなみに、天見浩司さん、CV堀川りょう氏のKoji Channelは人気のコンテンツとなっているようです。ここでは声優の演技力を見ることが出来ます。

テアトルアカデミーYouTubeコースとの比較

2018年4月期にテアトルアカデミーでもYouTubeコースを開講しました。とはいえ、まだ出来たばかりで一期生しかいないのが現状ですので、情報はまだまだ少ないのですがまとめてみました。

ちなみに、2019年3月末時点では2期生の募集はまだ開始していないようですが、『キッズYouTuber育成コース』もあり、また、保護者が通うこともできるようです。

お子さんがいなくても、セルフプロデュースのツールとして、そしてYouTube仲間を増やす目的としてこちらのコースを選ぶことが出来るようです。

オーディションは、エントリー者全員と直接面談をする方式を取っているそうです。配信経験が無い初心者でも通うことが出来ます。オーディションは嬉しいことに無料となっています。

現在開設しているのは西早稲田にあるテアトルアカデミー東京校のみとなっており、年間でかかる費用は、消費税込で540,000円となっています。

テアトルアカデミーでは俳優などの輩出で有名ですが、YouTubeコースでは、YouTubeに関する授業が集中的に行われ、俳優コースとはまた違った授業となるそうです。

一期生は7,8人程度で、合格率は半分程度だったそうです。需要によって合格率は変わってきますので、2期生の合格率については先の話なので、まだ何とも言えません。

ただ、クラスは10人前後と少人数制で、自分のやりたいコンテンツを細かくサポートしてくれる授業内容となっています。実績ですが、まだ歴史が浅いためにYouTuberコースの顔(代表)となるような方はまだいらっしゃらないようです。

【関連記事】

テアトルアカデミーのカテゴリーページはこちら

他にもあるインターナショナル・メディア学院の活用の仕方

インターナショナル・メディア学院 YouTuber

インターナショナル・メディア学院は、無料と有料のスマホ向けのアプリを複数販売しています。iOSとAndroidの二種類に対応していますが、Androidの方がアプリの数が多く充実しています。

無料のものでは『声優滑舌アプリ』というものがあり、大ヒット50,000ダウンロードを突破したアプリです。また、声優滑舌アプリは有料のものもあり、そちらも無料版と同じく50,000ダウンロードを突破しているようです。

いつでもどこでも気軽に滑舌のトレーニングが出来て、無料のものもあるというのは朗報ではないでしょうか?有料版も僅か100円ですので、惜しくなく非常にコスパが良いと思われます。

インターナショナル・メディア学院 YouTuber

Andoroid版ですが、Googleの音声認識機能を使用して、簡単に自分の滑舌をチェックできる仕組みになっています。中級編では50音の面白い課題が100個以上も収録されており、過去の得点も一覧で見ることが出来ます。

さらに、ゲーム性を持たせるために『滑舌王選手権』を開催しているようです。挑戦すると、オンライン上で自分の順位のランキングを見ることが出来る仕組みになっているようです。

使い方はとっても簡単で、課題が出題されたら『滑舌チェック!!』というボタンを押し、携帯に向かって課題を読み込みます。すると、すぐに結果が表示される仕組みです。

簡単な操作ですので、スマホに慣れない人でも挑戦できそうですね。他にはアフレコや声優養成テキスト等、多種多様なジャンルのアプリが配信されています。アプリの一覧はこちらです。

他にも「つうしん部」もある

代替テキスト インターナショナル・メディア学院 YouTuber

インターナショナル・メディア学院の監修による無料のつうしん講座を受講することが出来ます。有料版もありますが、有料版についてはインターナショナルメディア学院に入所が決定した場合、初期費用に充当されますので、実質無料で体験することが出来ます。

まずは無料登録をして、無料の講座を受講してみてはいかがでしょうか?「地方に住んでいて通えない!」という方にもピッタリです。年齢を問わず参加出来ますので、通う前の下準備としても最適です。受講には登録が必要となります。演技や発声などについて学ぶことが出来るようです。

入所方法と資料請求の応募先はこちら

YouTuber声優プロコースのネットの評価

インターナショナル・メディア学院 YouTuber

インターナショナル・メディア学院のYoutuber養成コースについて紹介させていただきました。Youtuberコースのネットの評判を見てみると、まだ実際に通った人のコメントは見られませんでした。

しかし「新しい試みとしてこれからの時代に沿った習い事ではないか」といった意見や、「今やYoutuberは中学生のなりたい職業の3位に食い込んでいる。発信の仕方を学べるのは良いことじゃないの?」等の声がありました。

その他にも「昔は、自己表現する機会というものが無かった。でも今は自分について簡単に発信できるし羨ましい時代になった」という意見も見られました。

あまり良くない評判としては、「Youtuberとして成功している人は全員独学と言っても過言ではない。学ぶのにお金を払うのは勿体無い」「Youtuber養成コースに通うお金で、ゲストを呼んでコラボした方がアクセス数を稼げるのではないか?」といった辛辣なものも見られました。

インターナショナル・メディア学院 YouTuber

ですが、まだ始まったばかりのコースですし、これからの将来を考えると、インターネットの社会に飛び込むにあたり指導してくれるのは非常に良いチャンスではないかと思うのです。

確かにレッスンに通うための費用は安くはありませんが、それだけの価値があるかどうかは個々が決めれば良いことです。まずは無料の説明会に参加して、具体的な詳細を聞くことをオススメします。

インターナショナル・メディア学院のYoutuber声優プロコースでは、軌道に乗ってきた生徒をネット業界の大手企業に月1程度の範囲で通わせて勉強する機会があるそうです。説明会に参加すると、気になるその大企業名を教えてくれるそうです。

【関連記事】

インターナショナル・メディア学院の夜間コースについて詳しく紹介

今回のまとめ

インターナショナル・メディア学院 YouTuber

インターナショナル・メディア学院は、Youtuber声優プロコース」を業界で初めて開設した養成所であることが分かりました。方針としては、声優としての活動がベースになってくるので、Youtuber声優プロコースはあくまでオプションとなっているようです。

不定期の開催となっているため、定期的に通うことはできないのですが、2コマ4時間みっちりと学ぶことが出来るようです。アカウントを作ってコンテンツをアップロードすれば、晴れてあなたもYoutuberの仲間入りです。しかし、コンテンツが魅力的でなければチャンネル登録をしてもらえません。

コンテンツが魅力的になるようにするにはどうしたら良いのか、はたまた、収益に繋がるノウハウとは何なのか、そういったコツを教えてくれるそうです。また、無料のコンテンツがあるのも魅力と言えます。

一方で、一期生が誕生したテアトルアカデミーのYoutubeコースは、現在開設しているのは西早稲田にあるテアトルアカデミー東京校のみとなっており、通える地域が限定されてしまうのが痛いところではありますが、Youtuberとして活躍するための集中的な講義を行っているようです。

まだ一期生しか誕生していないため、有名な先輩などはいないのが現状ですが、テアトルアカデミーは指導力に定評があるため、こちらを選ぶのも一つの手でしょう。

ただし、少人数制の為、募集の時期によっては倍率が少し高くなるかもしれません。テアトルアカデミーのオーディションもインターナショナル・メディア学院と同様に無料となっていますので、1度チャレンジしてみても良いかもしれませんね♪

【関連記事】

インターナショナル・メディア学院の特待生制度の現状とプロへの道筋

テアトルアカデミーのカテゴリーページはこちら

入所方法と資料請求の応募先はこちら