芸能界に憧れているけれど、親に言えないという人は多いのではないでしょうか。確かに、狭き門ですし、成功するかどうかは実力次第の厳しい競争世界なのが芸能界です。

しかも、どうやったら芸能人になれるのか、具体的にわからないという方も多いのではないでしょうか。ここでは、芸能界に入る方法と、芸能界に入りたいが親に言えない、つまり親に反対されている場合にどうしたらいいのか、考えてみたいと思います。

芸能界に入りたいのにどうして親は反対するの?

芸能界に入りたい 親に言えない

芸能界入りしても、売れる保証が無いのが現実です。親としては子の幸せを願うので、売れなくて苦労する事を心配してしまうのです。また、一時売れたとしても、継続して売れるのは至難の業ですし、スキャンダルにいつ巻き込まれるか分かりません。

芸能界入りを目指すなら、普段の生活から、気を付けて過ごす必要があります。売れた後に、「昔こんなだったんだよー」とSNSから情報が漏れたり、彼氏や彼女がいた話などが蔓延する可能性もあります。一般人であれば、そんなことに苦労する必要はないので、親御さんは余計に心配してしまいます。

また、あなたの芸能界を目指す意思の強さが伝わらない場合もあります。漠然と芸能界入りしたい、という気持ちのままではいけません。ハッキリとした目標を持ち、どんな手段で、どういった芸能人を目指すのか、ビジョンをハッキリと持ちましょう。

どこの事務所でも、レッスンを設けているところが多く、お金も発生します。これが更に親御さんを不安にさせる要因の一つです。「稼ぐ前に投資しなければならないなんて何故なの?」と思われてしまうのです。芸能界を目指すには、お金が必要であることも理解しておきましょう。

【関連記事】

俳優になるには?顔や年齢は芸能界で売れるための絶対条件なの?

女優になるには?顔や体重に頼らずに女優になるための方法とは

芸能界に入りたい夢を諦めては駄目!

芸能界に入りたい 親に言えない

芸能界を目指す事は、悪いことではありません。リスクが高いのは事実ですが、夢を勝ち取るために、具体的に自分が何ができるのか、明確にしておきましょう。歌に自信があるならデモテープを制作します。

ビジュアルで勝負したいなら、ポートレート写真を撮影し、バストアップ写真と全身写真を撮影します。スタジオで撮るのが理想ですが、お金もない高校生などは、ポートレート機能のついたスマホ等も普及してきましたので、自分で撮影してみてもいいでしょう。

クラスに一人はそういったスマホを持っているでしょうから、仲が良ければ協力してもらっても良いかもしれません。スタジオで撮影できる金銭があった場合は、デジタルデータがもらえるか事前に確認しておくと良いでしょう。最近は、WEBで簡単に応募できるところが増えています。

そういった現実的な行動を親に見てもらい、本気度を伝えると良いでしょう。親は、あなたが嫌いだから反対しているのではなく、心配しているだけなのです。本気度が伝われば、応援してくれるようになるでしょう。

理解してもらえないからと言って、親御さんを責めてはいけません。身近な親を味方につけることは重要です。腹筋のトレーニングで発声を良くすることや、食事と運動をバランスよく取り入れることで、自分のメンテナンスも始めることをお勧めします。

お笑い芸人を目指している方は、ボディラインを気にする必要はあまりないかもしれませんが、トーク力などが身についているのか、ネタ帳を作成するなど、コツコツ努力することが必要になります。

【関連記事】

理想の滑舌を手に入れる発声練習「あいうえおあお」の正しい方法

発声練習になる歌(名曲)のおすすめ10選と歌唱力向上のヒント

目指す目標をきちんと示すこと


上記の説明の通り、自分にできることを具体的に表現する事で、親御さんは理解してくれるようになります。なんとなーくのままでは、反対されるに決まっています。

どうしても大学を出てほしいと思われている場合は、両立出来るようにすると良いでしょう。また、テアトルアカデミーという総合芸能学院では、何歳からでも通うことができ、自分の都合に合わせて通うことができます。

今すぐ芸能界入りは無理でも、社会人になってしまえば、自分の事は自分で責任をとれるようになります。ちょっと時間がもったいないと思うかもしれませんが、夢を先延ばしするのもいい手段の一つです。

芸能界を諦めたが故に、うつ病などを発症してはたまったもんじゃないですよね。どれだけ真剣に考えているのか、どういった事務所に所属したいのか、雑誌の専属モデルになりたいのか等、目指す目標をきちんと親御さんに提示すると良いでしょう。

【関連記事】

女優になりたいのに可愛くないから無理?そんな理由で夢を諦めるな!

芸能界に入りたいけど・・・親にはやっぱり言えない・・・

芸能界に入りたい 親に言えない

親にやっぱり言えないという人は多いのではないでしょうか。理由は様々あると思いますが、芸能界に入りたいので、親と縁を切って家出するようなことだけはしてはいけません。親が反対する理由は、大概どこの家庭でも一緒です。

  • 売れる保証がないから
  • 資金がかかるから
  • 子供の実力が通用すると思っていないから
  • あなたの本気度が伝わっていないから

その他、親が怖くて「受験しましょうね」と酸っぱくいってくるような状況下では、芸能界に入りたいと切り出すこともできません。また、将来の事を思って、幼稚園や小学生の頃からお受験をしてきた場合、親御さんの気持ちを裏切ることに繋がるのではないか、という不安が付きまといます。

しかし、ここから脱却しないと、自分の夢をいつまで経っても叶えることができないのが現状です。布団をかぶって泣いた経験がある方もいるかもしれません。芸能界入りを押してくれる親は少ないものです。

ですから、「自分だけ・・・」と悩まずに、ネットなどで、親が反対しているけれどどうしたら良いか、ということについて検索して、様々な例を見てみると、自分だけが悩んでいるわけではないことに気づきます。

「モデルの〇〇に憧れているから」ですとか、「芸能人に会いたい」ですとか、「とりあえずテレビに出たい」というような曖昧な理由のままではだめです。また、芸能界入りするために、生活のすべてを芸能界に向けられる覚悟が必要です。

YouTuberとして、普段の自分を披露することで活躍したいのであれば話は変わってくるのですが、一般的に芸能界を目指す場合は、寝る前にだらだらとスマホをいじる時間や、ゲームをする時間などは全部諦めて、トレーニングに費やすぐらいの覚悟が必要です。

笑顔の練習から始めてみても良いでしょう。カメラテストに合格するように、自然な笑顔の練習をすることは、非常に重要です。親御さんにもそんな姿を見せて、本気度を伝えるようにすると良いでしょう。

【関連記事】

オーディションの書類審査の合格率は約1.3%!?受かる方法って?

勉強も頑張る、トレーニングも!両立を目指す

芸能界に入りたい 親に言えない

偏差値が高い学校に通っていても、努力次第で両立できる場合があります。今現在偏差値が低い場合は、テストの点数を上げて、〇〇点とれたら芸能界入りを目指してもいいかどうか尋ねるのは意外と有効な手段です。

勉強をサボるのは、社会人としての義務を果たしていないのではないか?と親御さんは思いがちです。偏差値を上げ、さらにジムに通うなどして、トレーニングを積んでいる猛者がゴロゴロいるのが芸能界です。

最近ではクイズ番組で活躍するマルチ芸能人も増えてきました。親御さんには、そんな芸能人になる、と伝えてみるのもいいかもしれません。好感度の高い分野ですと、親御さんも納得して応援してくれるかもしれませんね。

アナウンサーなども、好感度の高い分野になります。モデルを目指しているならば、お菓子などは絶つ姿勢を示すのも有効な手段です。たるんたるんな体型で、「モデルになりたい」と親に言っても反対されるのは当たり前でしょう。

年齢が低いうちからダイエットするのはよくありませんが、過食しないようにコントロールしましょう。美容体重を目安に、過度なダイエットは控えて健康的なボディラインを目指しましょう。

親は、子の小さな変化にも気づくものです。そうした努力で本気度が伝わり、理解してくれるようになるはずです。何よりも、親御さんが応援してくれるようになれば、これ以上心強い味方はいません。

【関連記事】

表現力をつける(高める)には?練習方法を実践して身に付ける!

演技力を高めるための練習方法とプロに近付くオススメの養成所

・・・で、どうやったら芸能界に入れるの?

芸能界に入りたい 親に言えない

オーディションはどうやったら受けられるのでしょうか?無料で受けられるオーディションはあるのでしょうか。レッスン料は別として、オーディションは無料で受けたいですよね。自分に合う合わないもありますので、複数のオーディションを受けることをお勧めします。

雑誌の専属モデルや読者モデルの場合は、愛読している雑誌に、手順が載っているのでそれに沿って応募します。一般的な芸能界を目指す場合は、どこでオーディションを開催しているのでしょうか。少し紹介したいと思います。

【関連記事】

読者モデルになるには?高校生も中学生もSNSでフォロワーを増やそう

その①【テアトルアカデミー】

モデルオーディションを開催しています。しかも、うれしいことに、モデルではなく別の分野を目指したくなった時に、臨機応変に対応してくれるのがテアトルアカデミーです。

声優やダンス、歌唱など様々な進路に応えてくれます。どの年齢からでも応募が可能ですので、子役で有名ですが、子役に限らず、大人になってからでも夢に向かってレッスンを初心者から積むことができます。

公式HPはこちら

その②【ミュージックプラネット】


働きながらでも、音楽活動を目指せる環境を整えているのがミュージックプラネットです。専用ライブハウスが渋谷にオープンし、オーディション合格者には、ライブハウスを無料で開放しています。

ライブハウス代は結構費用がかさみますし、チケットを売り込まなくては行けなかったりと縛りがあるので、うれしいですね。しかも、販売したチケット代金はフルバックしてくれるそうです。

ただし、年齢が20から49歳までとなっているので注意が必要です。オーディション会場は、東京、大阪、福岡にあります。また、バンドではなく、ソロアーティストの募集となっています。

公式HPはこちら

その③【アヴィラステージ】


アヴィラステージは、重盛さと美さんや、クリス松村さんが所属している事務所です。過去には小倉優子さんや、真鍋かおりさんも在籍していました。アヴィラステージでは、特待生制度があり、特待生になれると、レッスン料や、所属費用など、すべてが無料になります。

公式HPはこちら

今回のまとめ

芸能界に入りたい 親に言えない

親御さんに反対されている場合、大まかに2つのケースを紹介いたしました。あなたの本気度を伝えるケース、偏差値もあげて勉学と両立するケースです。もう少し突っ込んで言うと、本気度の証拠としてトレーニングや食事制限などの姿勢を見せ、生活のすべてを芸能界に向けるケースも紹介しました。

売れる保証のない世界ですから、あなたが芸能界入りしたいということに対して大概の親はネガティブな反応を示すでしょう。ですが、あなたの本気度を具体的に示す事で、親が味方につくかもしれません。どうしても反対される場合は、社会人になってからでも遅くはありません。

社会人になってしまえば、自立していますから、自分の時間を好きに使うことができます。親と同居している場合、難しいかもしれませんが、一人暮らしをして、稼ぎながらレッスンに通い、両立するのも良いでしょう。

道のりは決して楽ではありませんが、そういった人がたくさんいるのが芸能界なんです。大久保佳代子さんのように、遅咲きのお笑い芸能人もいます。人生何が起こるか分かりません。芸能界入りを諦めて、将来後悔することのないようにしましょう。

【関連記事】

芸能人になるには?年齢やスカウトなどの疑問も分かりやすく解説

芸能事務所からスカウトされる顔を女と男でそれぞれ詳しく紹介!