劇団コスモスは、誰でも受かるものなのでしょうか?ちなみに、劇団コスモスは、テアトルアカデミーという芸能スクールのうち、3歳頃から、中学生までが所属できる劇団です。0歳から3歳未満までは、赤ちゃん部門に分かれているようです。

ですので、劇団コスモスは3歳以上から中学生と言えそうです。また、劇団コスモスは合格率が高く、誰でも受かるとの噂がありますが、どこまで本当でしょうか。調べてみましたので、ご一読願えれば幸いです。


オーディションの応募先はこちら

そもそも劇団コスモスとは?

劇団コスモス 誰でも受かる

赤ちゃんモデルを卒業すると、テアトルアカデミーの付属児童劇団である、『劇団コスモス』に所属になります。テアトルアカデミーは何なのかというと、赤ちゃんモデルから、高齢者までを初心者から広く間口をあけて受け入れていえる芸能スクールです。

テレビや映画などで、テアトルアカデミーと最後にテロップが入ることが多いのですが、実際には劇団コスモスからの出演であることも多いです。

Eテレの『いないいないばあ』は、どこかの芸能事務所に所属しないと出演できませんが、現在テアトルアカデミーでは、レギュラーを17人も抱えているようで、鈴木福さんも幼い頃に出演した経歴を持っています。

劇団コスモスは、中学卒業と同時に、テアトルアカデミー所属になります。レッスン料金などは公開されていませんが、初期費用(入学金)270,000円、月謝は0歳児が2,000円、3歳からは16,000円との噂があります。

その他、初年度には写真撮影で11,000円、タレント年間掲載費用に、21,000円かかるようです(※あくまでも非公開の情報です)。ちょっと料金に関してはハードルは高めですが、その分、バックアップ体制はしっかりしていますし、母体が胡散臭い事務所ではなく、きちんとした事務所なので安心して通うことができます。

また、CMやドラマでスキルを発揮でき、子供でも、撮影現場で正しい敬語と礼儀作法を身に着けられるのが嬉しいところです。テアトルアカデミーでは、鈴木福さんと、谷花音さんが有名ですね。

【関連記事】

テアトルアカデミーはお金がかかる!?レッスン料を実際に聞いてみた

テアトルアカデミーの料金とギャラ(収入)は仕事ごとにいくら?

オーディション料は無料!

劇団コスモス 誰でも受かる

オーディション料を搾取するところも多いのですが、テアトルアカデミーでは、オーディション料が無料です(交通費自己負担)。校舎も、東京、大阪、福岡、大宮、柏、横浜、札幌、仙台、名古屋、岡山など地方にも分校があります。通信教育もあります。

気になるオーディション費用ですが、一次審査と二次審査ともに無料となっています。一次審査は、写真を添付する必要があります。二次審査は実技です。お子様のありのままを見てもらいましょう。

【関連記事】

テアトルアカデミーの料金(費用)は赤ちゃんモデルでいくらか紹介

オーディションの応募先はこちら

気になる合格率!誰でも受かるの?気になる真相とは

劇団コスモス 誰でも受かる

一次審査も、二次審査も実はほとんどの方が受かるとされています。では、逆にどういう方が落ちてしまうのかご紹介します。一次審査では、心身ともに健康で、拠点が国内の方、写真が鮮明な方が受かるようです。

ですので、スマホで簡単に応募できるからといっても、写真選びは重要だと覚えておきましょう。海外に拠点がある場合は、通うのが難しいうえ、仕事が舞い込んでも来れる保証がないので、落ちる場合があるようです。

一次審査に合格すると、立派な合格通知書が届き、それだけでも記念になるぐらいの合格証書が届きます。他には審査の講評や審査結果の報告書、入学案内などが送られてくるようです。不合格の場合も結果は送られてきます。


二次審査での合格ポイントは、あまりに態度の悪いお子様は落ちる場合があるようです。少々ヤンチャなぐらいなら大丈夫ですが、子供の扱いに慣れているテアトルアカデミーでは多くのお子さんを抱えているため、大抵のお子さんは受かります。

お子さんの個性をありのまま、見てもらいましょう。一次審査の補足ですが、他の事務所と違い、スタジオで撮影した写真を添付する必要はありません。スマホ等での写真で十分です。ですが、しっかりとカメラ目線で、元気な明るい笑顔の写真を選ぶようにしましょう。

ご兄弟がいる場合、お子様が複数いる写真を選びたくなるかもしれませんが、応募者一人で写っているものにしましょう。そうでないと、誰が応募者なのか分かりません。友人と映っているものなどは論外です。また、写真に加工することはやめましょう。

【関連記事】

テアトルアカデミーでは赤ちゃんの一次審査の合格率はどれくらい?

テアトルアカデミーの二次審査の合格率は?誰でも受かるの?


オーディションに誰でも受かるという噂


誰でも受かるという噂の劇団コスモスのオーディションですが、劇団コスモス世代の需要が高いために、必要人数が多めに欲しくて、結果として受かる率が高いというのが真実のようです。

誰でも受かると噂されていますが、実際には落ちてしまう人もいます。一次審査を通過しても、二次で落ちたという話も耳にします。劇団コスモスは、オーディションの中でも受かりやすいのは事実のようですが、気を抜かないようにしましょう。

前の段落で説明しましたが、海外に拠点を置いている場合や、あまりに態度が悪い場合は落ちてしまう傾向にあるようです。必要最低限のマナーを守りましょう。実績のある芸能スクールなので、安心してお子さんを預けることができます。

【関連記事】

テアトルアカデミーの口コミと評判!悪い噂と良い噂のリアルな声

まずはオーディションを受けてみよう!


オーディションというと、なんだか緊張してしまいますが、少し緊張をほぐしてオーディションに臨みましょう。オーディション会場には、たくさんのお子さんがいてビックリすると思いますが、周りが全部敵に見えてしまう、なんてことの無いようにしましょう。

オーディションに合格したら、良きライバルとして、親友になれるかもしれません。ほとんどのお子さんが受かるのですから、安心して受けましょう。オーディションを受けないと何にも始まりませんので、無料のオーディションを受けて、実際にお子さんを安心して通わせられるのか、現場を一度見てみると良いでしょう。

【関連記事】

オーディションに緊張しない方法を精神編4つと一般編7つに分けて紹介

オーディションの応募先はこちら

オーディションに合格するためにやっておくこと

劇団コスモス 誰でも受かる

幼児から、中学生までを対象としている劇団コスモスですが、合格のためには、ある程度しつけをしておいたほうがいいでしょう。といっても、難しいことではなく、挨拶ができる程度でも十分です。

お子さんが自身で「こんにちは」というだけで、だいぶ印象が良くなります。劇団コスモスがテアトルアカデミーの中でメインと言っても過言ではないほど出演依頼が多いので、所属後すぐにお仕事が舞い込むことも珍しくありません。

赤ちゃんモデルの場合は、環境が変わって泣く場合があるかもしれませんが、普段からお出かけするなどして、環境の変化に対応できるようにしておくと良いでしょう。赤ちゃんの機嫌が良くなる必殺技(※抱っこなど)があると有利です。

また、劇団コスモスでは一人一人の個性を大切にしてくれます。個性が様々であればあるほど、いろんなお仕事に巡り合える可能性が高いのは、想像に難くありません。レッスンは集団で行いますが、一人一人の個性を育てるレッスンを受けられます。

オーディションでは、自己PRがあると思いますが、自分のお子さんが何が得意なのか、テアトルアカデミーに入って、どんなことをやってみたいのか、質問されても答えられるようにしておくと、より合格に近付くでしょう。

【関連記事】

テアトルアカデミーのオーディション内容を分かりやすく全て紹介


過度な自己PRは不要、お子さんが走り回らないよう注意


テアトルアカデミー(劇団コスモス)に関しては、合格率も高いので、他の事務所のように、自己PRを入念に特訓する必要はなさそうです。ラフな姿勢でも受かるようです。ですが、会場で走り回ったり、まったく親の言うことを聞かない場合は落ちる場合があるようです。

元気なのは良いことですが、仕事を引き受けるにあたり、仕事現場でも走り回っているようでは困るので、そういう場合は落ちることがあるようです。保護者が仕事現場について行って、サポートする場合も多いので、親の言うことを素直に聞くお子さんは有利になるでしょう。

【関連記事】

【自己PR】オーディションでインパクトを与える6つのポイント

キッズモデルのオーディションに向けた自己PRの書き方と3つの例文

オーディションの応募先はこちら

劇団コスモスで広がる可能性とは

劇団コスモス 誰でも受かる

劇団コスモスを卒業すると、歌手、俳優、声優、司会者、お笑い芸人など、様々なジャンルに対応したレッスンが受けられます。つまり、劇団コスモスに通っているうちに、お子さんがチャレンジしたいと思う分野を網羅されているのです。

ですから、費用は掛かりますが、お子さんの夢を叶えることができるといっても過言ではありません。劇団コスモスに通うと、礼儀作法も学べるので、大人と交流できるようになります。また、セリフを暗記したりするので、脳トレにもなります。演技力も身に付きます。

ダンスや歌のレッスンもありますので、楽しく通うことができるでしょう。また、小学生も高学年になってくると、一人で通うことができるため、保護者の負担も減ります。ご兄弟が多く、下に小さいお子さんがいると、中々通うのが大変かと思いますが、大変なのは数年と考えて良いでしょう。

もしかしたら、下のお子さんも通いたいと思うかもしれませんね。また、劇団コスモスのレッスンは、学業と両立できるように組まれているため、学業について心配する必要がありません。

テアトルアカデミーに入所後、わずか半年でドラマデビューした、小林星蘭ちゃんのように、デビューがあっという間というのも珍しくないようです。まずは一年、やってみると良いかもしれません。

劇団コスモスに通える期間はわずかです。お金は取り戻せますが、時間は返ってきませんので、お子さんが小さいうちに先ずはチャレンジしてみましょう。

【関連記事】

テアトルアカデミーの声優コースの評判と声優に近付く3つのポイント

テアトルアカデミーのYouTuberコースについて詳しく解説

保護者のバックアップは重要


保護者のバックアップは重要な位置にあります。撮影現場でも、保護者がいるのは重要です。また、家庭でも、お子さんがデビューに近付くためにやれることはたくさんあります。

年齢が低いと、撮影現場に独特の緊張感が漂うことに中々慣れない事もありますが、保護者である親御さんがそばにいることで、精神的にサポートすることができます。

子役として有名になったタレントは、保護者の熱意が高いことが分かっています。お子さんのためにしてあげられることは面倒臭がらずに全力でやってあげましょう。

【関連記事】

テアトルアカデミーの特待生にはどんな子が選ばれて通知されるの?


今回のまとめ

劇団コスモス 誰でも受かる

劇団コスモスの合格率と、そもそも劇団コスモスが何なのかについてご紹介させていただきました。劇団コスモスは、テアトルアカデミーの幼児から中学生を指す事がお分かりいただけましたでしょうか。

テアトルアカデミーは、シニアまで活躍していますが、仕事のオファーが多いのは、劇団コスモス世代です。カタログのモデルといったお仕事もありますが、一気にドラマデビューするお子さんもいます。

お金は後からでも取り返せますが、若い時代は返ってきません。ぜひお子さんが小さいうちに、レッスンを受けてデビューを目指しませんか?誰でも受かると噂されるのは、劇団コスモス世代が一番需要が高いからです。

それだけ、人数が必要ということから、受かりやすい傾向にあるようです。故に、合格率が非常に高いことが安心に繋がります。合格率が高くても(生徒数が多くても)、仕事のオファーがテアトルアカデミーにはたっぷりありますので、仕事に挑戦できる可能性は高いでしょう。

また、本人は勿論ですが、保護者の熱意も重要です。ご両親がしっかりサポートしてあげましょう。一次審査、二次審査ともに、オーディション料金は発生しません。

ですから、オーディションは安心して受けることができます。また、地方にも分校があり、通いやすい大手芸能スクールでもあります。お子さんに可能性があると思ったら、チャレンジしてみるといいでしょう。

オーディションの応募先はこちら【関連記事】

テアトルアカデミーの応募方法と年齢別エントリーフォーム

テアトルアカデミーからスカウトされたい!担当者に現状を聞いてみた