多くの赤ちゃんモデルが所属していることで有名な芸能学院の最大手であるテアトルアカデミーですが、特待生にはどんな子が選ばれるのか気になりませんか?また、特待生に選ばれた時の待遇や費用の免除などに期待している親の方々もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は「テアトルアカデミーって特待生の通知をどんな子に送るの?またはどんな赤ちゃん(子ども)が選ばれるの?」ということに重点を置いて紹介していきたいと思います。他にも特待生になった時などの待遇面に関しても説明していきたいと思いますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

オーディションの応募先はこちら

スポンサードリンク

テアトルアカデミーの特待生制度について

芸能関係のオーディションでよく耳にすることがある特待生ですが、そもそもテアトルアカデミーに特待生制度というものは存在しているのでしょうか?調べてみますと、どうやらテアトルアカデミーには特待生制度自体は存在しているようです。

ただ、特待生に関する具体的な内容については口外してはいけないと説明する事務所が多いようです。テアトルアカデミーも例外では無く、基本的には特待生制度について詳しくは説明されないのですが、世間では様々な噂が流れています。

特待生制度に関して確実と言える具体的な内容を知ることはできませんが、ネットやSNSで噂されている“濃厚と思われる情報”にのみ絞って紹介していきたいと思いますが、全ての情報が真実であるとは限らないのでご注意ください。

とはいえ、特待生制度で得られる待遇や選ばれる赤ちゃんの特徴に関しては、ネット上の噂であってもそこまで大きな違いが見られません。さて、それではまずテアトルアカデミーの特待生にはどんな子が選ばれる可能性があるのか紹介していきます。

【関連記事】

テアトルアカデミーのシニアの料金や合格率について詳しく紹介

特待生になれる赤ちゃんってどんな子?

テアトルアカデミー 特待生 どんな子

始めに結論から言うと、テアトルアカデミーのオーディションに限らず、特待生というものは狙ってなれるような簡単なものではないということ。いくら我が子が世界で一番可愛いと思っても、特待生を選出するのはプロの審査員なのです。

一言で説明すると、審査員は素質のある赤ちゃんを特待生として選びます。その確率は1,000~1,500人に1人とも言われていれば、10,000人に1人とも言われています。では“素質ある赤ちゃん”とはどんな子に該当するのか気になりますよね?その前によく勘違いされていることを1つ挙げます。

顔や体型は特待生の選出に関係がない

テアトルアカデミー 特待生 どんな子

テアトルアカデミーのオーディションに関しての質問でもよく見かけますが、赤ちゃんの顔や体型が密接に合格と関係しているのかということ。これに関しては心配する必要は無く、外面的な要素でテアトルアカデミーがオーディションに落選させることはありません。

では特待生となるとどうなのか、テアトルアカデミーは公平に赤ちゃんを審査するので、可愛い子や体型が良いだけの子を特待生として選出することはありません。顔が可愛くても、例えば雑誌やCMなどにおいて、撮影し辛い赤ちゃんあれば時間と費用だけが無駄に掛かりますよね。厳しいですが、そのような赤ちゃんは特待生からはできる限り避けたいところ。

特待生には赤ちゃんの性格が重視される?

テアトルアカデミー 特待生 どんな子

特待生に選ばれるのはその時の審査員達の好みなどにも関わってきますが、最低限としてオーディションに合格できるような赤ちゃんである必要がありそうです。特に二次審査の面接などでは審査員が実際に赤ちゃんを審査するわけですから、アピールできる最大のチャンスです。

カメラで撮影しながらの面接になるのですが、撮影されている時の赤ちゃんの様子、審査員やスタッフから話しかけられた時の赤ちゃんの様子、人見知りはしないか、親がいないor離れている状況で別の人から話しかけられても笑顔になるかなど様々です。あくまでこれらは1つのきっかけであり、審査員はもっと別の角度から審査していることでしょう。

【関連記事】

テアトルアカデミーのオーディション内容を分かりやすく全て紹介

特待生になれる子どもってどんな子なの?

テアトルアカデミー 特待生 どんな子

テアトルアカデミーの顔とも呼べる子役といえば鈴木福さんで間違いないですが、そんな特待生だとされている彼のようになるにはどんな子であれば良いのか気になりますよね?手っ取り早いのは鈴木福さんになるということですが、それはそのまま真似をすれば良いという意味ではありません。

例えば一つ一つの仕草や表情に違和感が無かったり、対人面での受け答えが素晴らしいなど。個性は1番といって良いほど大事ですが、芸能人としての最低限の要素を多様に含んでいる子が特待生になりやすいのかもしれません。明確な答えは無く“なれる子が特待生になれる”ということが現実です。

こういったことは型にはめるようなものでは無く、最終的な答えは審査員にとって『特待生』として選出すべき全ての要素が見事にピッタリハマっている子が特待生になれるということ。どんなことでも負けず嫌いを発揮する子も、それはそれで良い特徴かもしれません。

一番大切なのは、特待生になることを意識しすぎないこと。意識してしまうと子どもの成長に悪影響を及ぼす可能性も0では無いので、のびのびと我が子の特長を伸ばしてあげることが一番です。当然ですが親として、子どもの礼儀やマナーに関しては徹底的に躾(しつけ)しておくことが必要で、常に周囲から見られているという意識を持たせてあげると良いかもしれません。

オーディションの応募先はこちら

テアトルアカデミーから特待生の通知は届くの?

テアトルアカデミー 特待生 どんな子画像引用元:PAKUTASO

テアトルアカデミーでは一体特待生に選出された際にはどのような連絡が届くのか気になりますよね?果たしてメールなのか、電話なのか、郵送なのか。残念ながらネット上には特待生になった人に対しての通知に関する情報はありませんでした。

テアトルアカデミーの公式HPを確認してもこの件に関する情報は掲載されていませんが、基本的にオーディションの合格(不合格)通知などは郵送で1ヶ月以内に送ってくれるようです。仮に特待生の通知などが送られたとすれば、恐らく郵送で事務所から届くのではないでしょうか。ちなみに特待生の通知自体はされるようです。

【関連記事】

テアトルアカデミーで赤ちゃんの不合格通知に打ち勝つための対策法

特待生になればどんな待遇を得ることができる?

テアトルアカデミー 特待生 どんな子

特待生になる方法というものは残念ながらどこにもありません。仮にそのような方法で日本中の皆が特待生になってしまえば、それはもう『特待生』でないわけで、言い方が悪いですが、ただの合格者となんら変わらなくなります。滅多になれることが無いから『特待生』という価値が生まれるのです。

さて、ここからはテアトルアカデミーの待遇面に関して紹介していきたいと思います。特待生に与えられる待遇に関してもネットやSNSでよく話題になっているようですが、この件に関しても明確な情報は無く、あくまで噂されている中での非公式の情報になります。

恐らく多くの方が特待生になれば金銭面での免除が頭に思い浮かぶでしょうが、特待生の待遇=費用の免除ばかりでは無いということを頭に入れておきましょう。綺麗事ですが、そもそも芸能界へ入るために費用が無料になるような道筋はほぼありません。必ず大なり小なり費用の負担が必要です。

それでは気になるテアトルアカデミーの特待生になればどういった待遇を得ることができるのか1つ1つ説明していきたいと思います。次で紹介するのは実際にお問い合わせをした際の事務所側からの回答だったり体験談を含めて説明していますが、あくまで“噂”ですのでご容赦ください。

【関連記事】

テアトルアカデミーでは赤ちゃんの一次審査の合格率はどれくらい?

スポンサードリンク

二次審査を飛ばして入学手続きができる

テアトルアカデミー 特待生 どんな子

1つ目の濃厚な噂として、テアトルアカデミーのオーディションの一次審査の段階で特待生に選ばれた赤ちゃんや子どもは、二次審査のオーディションを受ける必要が無くそのまま入学手続きまで進むことができると言われています。

テアトルアカデミーからのオーディション情報は郵送で送られると公式HPに掲載されていますが、送られてきた通知の中に「二次審査の免除」といった記載の書類があるのだとか。もちろん真相は定かではありませんが濃厚な情報だと思われます。

【関連記事】

テアトルアカデミーの二次審査の合格率は?誰でも受かるの?

テアトルアカデミーの二次審査で落ちた(不合格)人とよくある勘違い

入学後のレッスン費用が一部免除か全額免除

テアトルアカデミー 特待生 どんな子

2つ目の噂として、テアトルアカデミーに入学した後に掛かるレッスン費用などが一部免除or全額免除になる場合があるようです。テアトルアカデミーでは幼稚部門から毎月の月謝が17,280円ほど掛かるので、これが半額になるのか全額免除になるのかということでしょうか。

もしくは特待生に選出された子は特別なレッスンが受けられるパターンもあるので、この特別なレッスンの費用が免除されるのかもしれません。勘違いしないように注意して頂きたいのは、あくまでレッスン費用であり、入学費用が免除になるとは別の話です。

赤ちゃんモデル部門で掛かる費用が免除

テアトルアカデミー 特待生 どんな子

3つ目の噂として、赤ちゃんが特待生に選ばれた際に入学費用以外は免除されるというもの。テアトルアカデミーでは189,000円(月謝2,160円の支払いあり)と270,000円(月謝は免除)の2つのコースがありますが、189,000円のコースかつ月謝は免除されるということでしょうか。

さらにテアトルアカデミーでは、毎年それぞれ宣材(プロモート)写真で22,000円(年に2回の撮影があるため)の費用、そしてタレント年鑑を制作するための費用として23,760円が掛かります。特待生になればこの二つが免除になるのかもしれませんね。しかし、この噂に関しては赤ちゃん部門だけでなく子供部門や成年部門にもあるかもしれません。

【関連記事】

テアトルアカデミーの料金(費用)は赤ちゃんモデルでいくらか紹介

テレビへの出演やその他の依頼が優先される

テアトルアカデミー 特待生 どんな子

4つ目の噂として、テアトルアカデミーへ入学した後にテレビ(メディア)への出演やその他の依頼が特待生の子に優先的に回してくれるというもの。事務所側からしても、やはり売れそうな子を全面的にアピールしていきたいわけですから、充分考えられる待遇と言えます。

そしてもう一つはオススメのオーディション情報などを優先的に紹介してくれるなど。こちらはどんな子であってもテアトルアカデミーは紹介してくれると思うので、そこまで信憑性は無い気もします。とはいえ何事も優先してくれることは非常にありがたいことに変わりありませんね♪

オーディションの応募先はこちら

テアトルアカデミへの入学費用が免除(一部免除)

テアトルアカデミー 特待生 どんな子

5つ目の最後に紹介するものが何だかんだ世間で一番気にされている待遇面なのですが、それが入学費用の一部免除or全額免除というもの。ただ、当初はこの待遇を紹介しようとは思いませんでした。それはテアトルアカデミーで入学費が免除されたケースを全く聞かないからです。もしくは、入学費の免除に関しては特に口外しないように説明されているのかもしれません。

テアトルアカデミーの数ある特待生制度の免除の話題に関して、レッスン費や月謝などが免除になったという話はよく聞きますが、入学費の一部免除や全額免除があるという話はなく、特待生に選出されても入学料金は支払ったという話が多くありました。

【関連記事】

テアトルアカデミーの料金は特待生になれば免除(無料)なのか紹介

テアトルアカデミーは入学後でも特待生になれる?

テアトルアカデミー 特待生 どんな子

テアトルアカデミーではオーディションの段階で特待生になるという噂がよく流れますが、一方で入学した後にレッスンの講師陣や複数人のマネージャーによって特待生に選ばれるといった話もあります。この場合の待遇面はどういったものなのでしょうか?

この噂はどちらかといえば赤ちゃん部門というよりも子ども部門以降にあるのではないかと思われ、普段からの仕事ぶりや毎レッスン後の成長度合いなど、総合的な観点から評価されて特待生へと選出されるのかもしれません。

待遇については費用面の免除というよりも、特別なレッスンを受けられる、または特待生クラスor選抜クラスへの移動が考えられます。特別なレッスンを受けることができるということですが、その分少しレッスン料が掛かってしまうという情報もあります。

入学後に特待生になるような実力ある子は、そもそも親が本気で我が子の芸能界での活躍を目指しているはずなので、少々レッスン料が高くなってしまうことは気にならないでしょう。そしてそのような子は、すでにこの時点でちらほらテレビへの出演経験があったりするものです。

【関連記事】

テアトルアカデミーの料金とギャラ(収入)は仕事ごとにいくら?

テアトルの特待生云々の前に必要なのは行動力

テアトルアカデミー 特待生 どんな子

というわけ今回はテアトルアカデミーの特待生にはどんな子がなれるのか、そして通知はどのようにして届くのかについて紹介しました。他にも特待生の待遇に関しても説明していきましたが、今回紹介したものはあくまで噂をまとめたものです。

ただ何よりも最後にお伝えしておきたいことは、特待生になることではありません。そもそも特待生になるならないの前に実際にオーディションを受けてみなければ答えは分からないことばかりです。そのためには本人の行動力が何よりも大切だということ。

理由は何でも構いませんし、それは特待生を目指すのかテアトルアカデミーへの入学を目指すのか、はたまたその先にある芸能界で活躍したいという目標のために頑張るのか。ではその夢や目標を達成させるためには何が必要になるか?

答えは非常に簡単であり、『行動力とその行動を起こすための少しの勇気』たった2つだけです。幸いどの芸能関係のオーディションでも基本的に無料で受けることができますし、テアトルアカデミーも例外ではありません。まずは『特待生』という意識から離れて自分の可能性を確かめてみるなど、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

オーディションの応募先はこちら