芸能事務所アヴィラが運営する養成所(芸能育成スクール)である、『アヴィラステージ』のオーディションですが、果たして落ちる人はいるのでしょうか?世間には「オーディションに落ちた」という方がいる反面、何故か「絶対に落ちない」と断言しているかのように言う方もいます。…が、そもそも落ちないオーディションが本当に存在していると何を根拠に断言できるのでしょうか?

ただ、アヴィラステージのオーディションは、合格率は高めと言われているようですが、落ちた人はいます。そこで今回は、オーディションに落ちた方に向けて、何を意識すればアヴィラステージの合格に近付くのか、世間の体験談や口コミを含めながら紹介したいと思います。更に、オーディションに落ちた方の反省点を交えながら対策を組み、合格するために参考にしてみて下さい。

【最新記事】

アヴィラステージで声優が目指せるのか体験談・口コミと共に紹介

スポンサードリンク

アヴィラステージ ~審査落ちた篇~

アヴィラステージ 落ちた

口コミですが、アヴィラステージの合格率は10%との噂が独り歩きしているようです。これが本当かどうかは分かりませんが、実際に落ちた人の口コミを見てみましょう。

Aさんの場合

自己PRと実技の試験でしたが、審査に落ちてしまいました。毎回同じことをやるわけではなさそうですが、この2点はおそらく必須課題でしょう。緊張してしまいました。

何故なら、審査員だけではなく、他のオーディション受講者も見ている中での審査だったからです。多くの目が集まり、緊張しすぎてしまいました。私は緊張しすぎて落ちたと思うので、これから受ける方は緊張しすぎないようにしたら受かると思います。

Bさんの場合

先日行われたオーディションで落ちてしまいました。落選した理由は申請した性別が違っていたためと思われます。

ですが、それは個性と思っていて、負けずに頑張っていきたいと思っています。次受けるとしたら、正直に性別を言おうか悩むところです。

Cさんの場合

数年前の話ですが、アヴィラステージのオーディションに落ちてしまいました。いつも同じことをやるかは分かりませんが、試験内容は自己PRと実技の審査でした。

審査員だけではなく、他のオーディション受講者の視線が集まる中でのオーディションでしたので、人の目が多くピリピリとした雰囲気で緊張しまくってしまいました。

このような緊張に打ち勝てないと、人の目に立つ芸能界では生きていけないと思います。少し勇気をもって臨む方が良いかもしれませんね。

1度や2度程度の落選を気にしないこと

アヴィラステージ 落ちた

Bさんの場合はちょっと特殊ですが、アヴィラステージの審査で落ちる人は実際は少ないという声もあります。容姿が淡麗でなくとも、極端に太っていなければ受かる傾向にあるようです。

また、その時は落ちてしまっても、一年後に、「成績が良かったから」という名目で電話が掛かってくることもあるようです。芸能界で生きていくためには、一度や二度の落選で落胆していてはメンタルが持ちません。

落ちるのが普通と思って受けると丁度良いかもしれません。AさんとCさんは、内容がかなり似ています。同じような境遇だったのでしょう。審査内容は、自己PRと実技と考えて良さそうですね。

アヴィラステージ~審査受かった編~

アヴィラステージ 落ちた

アヴィラステージの良い口コミをまとめてみました。参考にしてみてください。

Aさんの場合

アヴィラステージのオーディションに『特待生』で合格しました。特待生なのでレッスン料や所属費用が一切掛かりません。私は学生なので、高いレッスン費用は出せないと思っていたところ、アヴィラステージと良い縁に巡り合えました。

芸能人になる夢をずっと諦めきれなかったから尚更です。今は、レッスンとして、演技や発声方法、芸能人としての心得などに取り組んでいます。

Bさんの場合

年間に何千人もの人がオーディションを受けるというアヴィラステージのオーディションに合格しました。緊張しなかったのが良かったのかもしれません。また、年齢もまだ18と若いので、伸びしろがあると思われたのかもしれません。

Cさんの場合

友人の子供ですが、アヴィラステージの子役オーディションに合格してレッスンを受けています。元々歌手志望だったようで、歌のレッスンに力を入れているようです。

自己PRも、自宅で何度も練習してからオーディションに挑んだそうです。実技に力を入れ過ぎて、自己PRが出来ない人も多いようなので、実技に加えて自己PRも練習しておいた方が良さそうです。

デビューできるかどうかは、その後のレッスン次第だと思います。合格はまだスタートラインであって、ゴールではありません。デビューを考えるよりもまず、オーディションに合格するように意識を持っていくといいかもしれません。

そもそもオーディションに落ちたと公表する人は少ない

アヴィラステージ 落ちた

オーディションに落ちた人は、落ちた事についていちいち投稿しないでしょうから、落ちたという投稿は、そもそも少ないものと思われます。

受かった人も、今後の芸能生活に響くために、合格したことを大々的に宣伝しないものと思われます。むしろ、合格した途端に、今までのツイートは全削除してアカウントを作り直し、芸能生活へ向けて新たなステージへと入るのかもしれません。

アヴィラステージのオーディションが怪しい?

アヴィラステージ 落ちた

アヴィラステージのオーディションが怪しい?と心配になっている人も一部でいるようです。そこで、アヴィラステージが怪しいのかどうなのか検証してみました。

まずは、アヴィラステージが、どこに所在していて実際に事務所を構えているかどうかを調べることです。会社所在地は現在『東京都港区東新橋2-18-2汐留シオサイト グラディート汐留2F』にあります。

所属タレントには、山川恵里佳さん、重盛さと美さん、ミラクルひかるさん、クリス松村さんなど多数所属しています。

設立は2009年~となっており、税金を納める関係から、2年ごとに事務所を潰して、コロコロと業務体系を変える怪しい芸能事務所が多い中で、非常に安心して通える芸能事務所と言えそうです。約10年の実績があるわけです。しかしそれでも、ネットを見ると怪しいとの声が散見されます。それは一体何故なのでしょうか?

Aさんの場合

先日応募して、本日アヴィラステージから電話があり、オーディションをしに来ないかと連絡がありましたが、レッスンは強制なのでしょうか?

Bさんの場合

先日オーディションに合格し、喜んだのも束の間、数時間かけて有料のレッスンを受けるように説得されましたが、「とても評価が良かったので、この機会を逃すと勿体無い」と何度も言われ、逆に入りたくなくなりました。もしかして金儲けなんじゃないでしょうか?

【関連記事】

アヴィラステージの評判と口コミを紹介!養成所としての評価について

勘違いちゃんに多い『芸能界=レッスン=無料』の構図

アヴィラステージ 落ちた

レッスンが有料であることに不信感を抱く人が多いようですが、芸能界に入るためには、まず養成所に所属し、有料のレッスンを受けるのが通常となっています。

もちろんこれはアヴィラステージに限った話ではなく、多くの芸能事務所が有料のレッスンを設けています。デビューできるのは、その後のオーディションで、実力アリと見なされた場合のみ事務所契約となります。

アヴィラステージは、オーディション費用が無料なのが嬉しいところ。芸能事務所の中には、オーディション自体が有料の所も多いんです。受けるだけ受けてみても損は無いと言えそうです。

レッスンは強制というよりも、レッスンを受けないと通常は芸能人としてデビューできません。有名どころでは吉本興業でしょう。

吉本興業も、デビューする前にレッスンがあることで有名ですね。そう言われると何となく安心しませんか?よほどの才能が無い限り、レッスン無くしていきなり人前で輝けるというのは難しいことなのです。

アヴィラステージの場合、才能ありと見なされると、特待生制度があります。レッスン料を支払いたくないと思うなら、特待生になれるぐらいまで、日頃から自己練習を重ねましょう。

【関連記事】

アヴィラステージの特待生になるには?レッスン費無料と一部免除の噂

あなたは売れっ子になっても給料を貰わず無料で働けるの?

アヴィラステージ 落ちた

少し強引な極論にはなりますが、『芸能事務所(養成所)のレッスン費=無料』が当たり前だと思っている方は、例えば自身が超売れっ子になったとしても、一切給料を貰わずに無料で働き続けても良い覚悟があるということでしょうか?

芸能事務所や養成所に「レッスンは無料なのが当然でしょ!」と求めているのは、つまりはそれくらい馬鹿げたことを求めていることとほぼ同じなのです。

芸能事務所にとっても養成所にとっても、別に人材を育成するだけで終わるなら何の売り上げにもならないので運営する意味がありません。

養成所は人に技術や知識、その他様々な事を教える代わりに費用という名の給料をそのお客様から頂くわけです。つまり学校や塾と同じですね。

芸能事務所は、養成所で培ったスキルや経験を豊富に生かすために、選び抜かれた希少な人材を、その広告効果を最大限に高めるためにドラマや映画、CMや番組、その他に出演させてファンを作り、それらは全て経済的効果へと繋がります。

一度大人数のファンを作ってしまえば、例えば様々なCMに起用し、化粧品の宣伝でも生活用品の宣伝でも、またはドラマの視聴率や映画の興行収入など、人気のある方が宣伝することで、どのジャンルからも商品の売り上げが見込めるのです。それが世の中の当たり前でありビジネスと呼ばれるものであり、そして芸能事務所にとっての給料なのです。

芸能事務所から見た”売れる人材”とは?

アヴィラステージ 落ちた

少し語弊を生む説明になりますが、芸能事務所から見たいわゆる”売れる人材”というのは、その人が売れるかどうかということよりも、その人材に宣伝してもらうことで、その先にある”様々な商品(例えば化粧品)が売れる人材かどうか”であるかを見ているのです。人は決して物ではありませんが、化粧品会社の商品が化粧品であるように、芸能事務所の商品は芸能人になります。

芸能事務所からすれば、商品(化粧品)が売れるカリスマ性やタレント性を持った人材をオーディションで合格させるのは至極当然のことであり、商品(化粧品)が売れるためであれば、芸能事務所はその人材にどんどんお金を掛けて魅力的にし、更に広告効果を高めます。

レッスン費を無料にするのは先行投資のようなもの

アヴィラステージ 落ちた

つまり芸能事務所が希少な人材のレッスン費を無料にするのは、その先にある”どんな商品(化粧品)でも爆発的に売れる人材”にするための芸能事務所側の”先行投資”というわけです。

中にはレッスン費を無料にして先行投資をしたにも関わらず、結局その人材がいつまで経っても売れなかったり、犯罪や不倫に手を染めたことでその人材の価値が無くなり、その結果商品が全く売れなくなり、先行投資(レッスン費)のお金が全て赤字になってしまうということだって全然あり得るのです。

なので、せっかく手に入れた貴重な商品(人材)なのですから、芸能事務所は無料レッスンで徹底的に育成したり、世間からの誹謗中傷、または変な噂などからも徹底的に守って大切にするのです。

大手芸能事務所がレッスン費を無料にするのは、この他にも様々な理由があるでしょうし、例えば『全日本国民的美少女コンテスト』『ホリプロタレントスカウトキャラバン』等のような超大型オーディションに合格された方が、レッスン費無料になったり即TV出演権を貰えるのは、数万人~数十万人という人から選ばれた”たった1人の希少な人材”だからです。

なので、「レッスン費は無料が当たり前」と当然のように考えている方は、せめて数万人~数十万人の中から選ばれてから文句を言いましょう。そこで初めて説得力というものが出てくるものです。

…もっとも、数万人~数十万人の中から選ばれるような人材は、むしろ「教えてもらう立場だからお金を支払って当然のこと」と考えるでしょう。選ばれる逸材というのは、文句を言う方とは技術でもスキルでもなく”人間力”が圧倒的に違います。これでもまだ分からない方は需要と供給を学んで出直しましょう。

スポンサードリンク

アヴィラステージのレッスン紹介

アヴィラステージ 落ちた
  • ①【モデル・タレントコース】
  • ②【俳優コース】
  • ③【声優・ナレーターコース】
  • ④【アーティストコース】
  • ⑤【子役タレント】

…と、上記5つのコースに大別されるようです。

ですが、声優・ナレーターコースに限っては、ネットでは、「代表的な声優を輩出していないのではないか?」と疑問の声が多いようです。

ですので、主軸はモデルやタレント、俳優といったジャンルが得意分野と言えそうです。公式ホームページを見てみると、どこに審査の目が行っているか一目瞭然です。

例えば、モデルの場合、スタイルが最も重視されるとかいてありますが、その中でも、大事なのが姿勢と目線であると明記されています。

姿勢の悪さはマイナスポイントになるようです。また、目力がどのぐらいあるのかも、ポイントになってくるようです。目力を出すためには表情筋を鍛えたり、強い意志を持つようにとアドバイスが書かれています。

少し体型がぽっちゃりしていても、そういう雑誌などの需要にも応えており、ぽっちゃりさんでも姿勢や目力があれば受かるとも言えそうです。

アヴィラステージの場合(モデル)、プロフィールに貼る写真は、オーデイション当日に事務所のスタジオで撮影するようです。

通常は前もってスタジオを借りて、5万ぐらいかけて自分で用意しなくてはいけない写真を無料で用意してもらえるので、これはとても嬉しいポイントですね。審査日は、美容院に行くなどして、男性も自然なメイクをして撮影に挑みましょう。

今回のまとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

小倉優子 ☆ゆうこりん☆さん(@ogura_yuko_0826)がシェアした投稿


「アヴィラステージの審査に落ちた」という意見は、ネットにはそれほど多くの情報はありませんでしたが、オーディション自体が無料ということもあって、希望者はかなり多いようです。

ですので、自ずと倍率が上昇するのは仕方無いことでしょう。オーディションは、基本は実技と自己PRで行われ、審査員だけではなく、オーディション希望者全員が見ている前で行われるスタイルのようです(※待ち時間が長いことも予想されますね。待っている間に緊張してしまうことも・・・?)

練習をしていかないと、自己PRと実技でコケてしまい、落ちる人もいるようですが、後から電話で、成績が良かったと勧誘と思しき電話が掛かってくることもあるようです。

そのためか、アヴィラステージのオーディションが怪しいと思ってしまう人や、レッスンが有料なことに憤慨して、アヴィラステージを怪しいと思ってしまっている人も多いようです。

モデル、俳優、声優など、芸能界で活躍している人には必ず『下積み時代』というものが存在します。それが、プロダクションが運営する養成所でのレッスンで、通常は有料で、中には3つも4つもバイトしながら通った人気芸能人だっていくらでもいます。

それを簡単に「芸能事務所なんだからレッスン費は無料で当然でしょ!」というのは、今まで必死にレッスン費を支払いながら食らいついて下済み時代の苦労してきた人気俳優(女優)やタレント達を、ただ単に侮辱しているに他なりません。命を懸けて上り詰めてきた人気芸能人達からすれば、文句を言っている方とは決して一緒にして欲しくはないでしょう。

アヴィラステージの場合、成績が良ければ特待生にもなれるようですが、そうそう簡単に特待生に成れるわけではありません。レッスン費用は未公開のために料金がハッキリと分からないため、確かにそこは怪しまれるポイントとして惜しい部分でもあります。

ですが、約10年の実績があり、事務所も、日テレや電通、博報堂などの芸能界に近い建物の傍にあることはポイントが高いでしょう。オーディション費用は嬉しいことに無料ですので、臆せずどんどんチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

【関連記事】

アヴィラステージのオーディション内容と合格したい人が知るべきこと