伊藤英明さんや岩城滉一さんといった大物俳優から吉岡里帆さんといったテレビやCMに引っ張りダコの女優。そして2016年に女優の北川景子さんと結婚されたDAIGOさんといったアーティストなど、様々な人気タレントが所属していることで知られるエーチームグループ。そんな大手芸能事務所のオーディションの合格率や倍率が気になるところ。

そこで今回はエーチームグループのオーディションに関して、一体合格率や倍率はどれくらいなのか紹介していきたいと思います。また、ネットやSNSでよく挙がるお金の疑問についても説明していきたいと思いますが、基本的に公式が公表している情報では無いことが多いので、あくまで参考や目安として読んで頂ければと思います。

スポンサードリンク

エーチームグループのオーディションを受けるには?

エーチームグループとして『エーチーム(A-Team)』・『エープラス(A-Plus)』・『エーライツ(A-Light)』3つの芸能プロダクションが設立されており、それぞれ所属している方は違います。

芸能スクール(養成所)の『エーチームアカデミー(A-Team academy)』には、エーチームグループオーディション合格者かプロダクションの推薦者のみ入学できるようです。

エーチームグループでは随時でオーディションが行われているので、基本的に公式HPにある応募フォームからオーディションの応募をすることが可能です。

ちなみにエーチームの公式HPではタレント・女優・俳優を目指す15歳~25歳までの男女が募集されており、履歴書を事務所へ送付する必要があります。流れは一次審査と二次審査だけです。

エーチームグループオーディション 合格率

一方エープラスの公式HPではモデル・タレントを目指す25歳までの男女が募集されており、こちらも履歴書を送付する必要があります。

別のプロダクションやレコード会社と契約されていない方も応募条件に含まれるので、どのオーディションでも同じことですが、応募する際はまずしっかり確認してからにしましょう。

エーライトに関してはエーチームグループオーディション(3つのプロダクションが含まれる)に応募する必要があり、経験の有無を不問とした4歳~25歳までの男女が応募条件になります。流れは一次審査~三次審査まで行われます。

事務所への履歴書の送付以外にWEBで応募することも可能なので、自分が受けたいと思ったオーディションに応募しましょう。

企業やイベントなどのコラボオーディションもあり

エーチームグループオーディション 合格率

エーチームグループでは、公式HPでの随時オーディション以外にも不定期で開催されるコラボオーディションがあります。

一般的に企業やイベントのコラボで開催されるようなオーディションには全国から非常に多くの応募者が集まるため、その分ライバルが多いということは肝に銘じておきましょう。

芸能事務所が関わるコラボオーディションのメリットとして、グランプリや各賞を受賞することで事務所の所属権利を得ることができる場合が多いです。

他にも何かしらの仕事が必ず与えられるといった権利を得る場合も多いので、業界へ大きなアピールが可能です。合格率は非常に低いですが、それ相応の待遇が約束されます。

エーチームグループオーディションの合格率(倍率)について

エーチームグループオーディション 合格率

どの芸能事務所のオーディションでも必ずネット・SNSで挙がる疑問が「合格率はどれくらいなの?」というもの。正直なところ、合格率を知ったところで状況が変わるわけではありませんし、大半の方は「じゃあもし合格率が低ければあなたは合格できるの?」と逆に質問したくなるのではないでしょうか。

・・・とはいえ、そう言ってしまうと今回のテーマから外れるので、取り敢えず置いておきましょう。ただ、エーチームグループの公式HPにもあるように、残念ながらオーディションに参加された応募者総数や合格者数は非公開となっているため、合格率や倍率を計算することは不可能なのです。推測ですが、恐らく毎年数百人~数千人前後の応募者がいるのではないでしょうか?

一次審査・二次審査の合格率(倍率)とよくある噂について

エーチームグループオーディション 合格率

ネット上などでは一部で「誰でも合格できるんじゃないの?」といった声が飛び交っていますが、誰でも合格できるのであればオーディションを行う意味がありません。

ただ、エーチームグループは「できる限り応募者と直接会いたい」というスタイルなので、確かに一次選考の書類選考は合格しやすいかもしれません。

しかし、二次選考では実技テスト・自己PR・質疑応答などで審査員と直接会うことになりますので、ここで落選する方が多いかもしれません。

先ほども説明したように、オーディションの応募者総数は非公開のため分かりませんが、合格率の目安として、二次審査には一次審査の合格者から1/4人から約1/10人前後くらいが通過できると考えることが無難でしょう。

三次審査を通過できる合格率は低いの?

エーチームグループオーディション 合格率

エーチームグループオーディションの三次審査では面接が行われます。合格率に関してはそもそも全般的に言えるのですが、エーチームグループでは事務所に所属したと同時にエーチームアカデミー(有料)に通う必要があるため、別の芸能事務所に比べれば比較的高い方であると考えても良いかもしれません。

『芸能事務所に所属するための合格率が低いオーディション』『養成所に入学するための合格率が比較的高いオーディション』とはにしている大手芸能事務所が多い中、簡単に言えばエーチームグループはそれらを1つにまとめていると思えば分かりやすいかもしれません。

ちなみに一部では「二次審査の段階でほぼ合格者決まるから、三次審査では所属時の説明等が伝えられる」との噂も。あくまで憶測かつ無理やりエーチームグループオーディションの合格率を出すのであれば、エーライツが0.1%未満、エーチームやエープラスには0.01%未満にはなるかもしれません。所属先で合格率に違いがある理由は後で紹介する噂で説明します。

過去に開催されたコラボオーディションの合格率の例

応募者総数や合格者数は公表されないエーチームグループですが、唯一合格率を計算できるオーディションが2013年に開催された『阪急×エーチームグループオーディション2013』でした。

古い情報であることは仕方ありませんが、1つの目安にはなるでしょう。当時このオーディションには全国から3,250名という応募者が集まったようです。

このオーディションでは、見事合格されたのは4名の方だったので、合格率を算出すると約0.12%ということになります。一方で倍率として計算すれば812.5倍という高倍率であることが分かります。

非常に安易な考え方ですが、エーチームグループオーディションで合格するには少なくともこれくらいの確率であると考えておくと良いでしょう。

オーディションに合格する方法はあるの?

エーチームグループオーディション 合格率

ネット上にある某匿名質問掲示板などを見てみると、「オーディションに受かる方法はある?」といった呆れた質問をされている方も多いのですが、それが分かれば誰も苦労しません。

一次審査に関しては「履歴書(書類)の書き方は?」「どのように自己PRをかけば良い?」といった質問も少なからず見受けられますが、自分で調べるという作業すらできない方なのでしょうか?

厳しいかもしれませんが、そもそもその時点からつまづいていたり、ネット・SNSを利用して他人や匿名からアドバイスを貰おうと考えてること自体が甘いと考えましょう。

自分で考えて自分で努力しない人が芸能界で生き抜くことはおろか、オーディションにすら合格することはできません。履歴書の書き方や自己PRの書き方を聞くとしても、最低限として親や身内の方に聞く程度にしておきましょう。

スポンサードリンク

応募用紙での自己PR記入のヒントと写真撮影用の服装

エーチームグループオーディション 合格率

履歴書の自己PRの欄には自分が最も得意としている、または自慢できるものを1つにまとめて具体的に記入するようにしましょう。

例えば「私はピアノが習っていて得意です」とだけ書いても、確かにアピールにはなりますが、審査員からしてみればピアノを習っていたり得意な人だけであれば正直これまでに飽きるほど見てきています。

エーチームグループオーディション 合格率

ライバル達と少しでも差をつけたいのであれば、「私は○○が得意(または習っていた)で、過去には○○の大会で○○賞(または優勝)を獲得したことがあります」という実績まで具体的に書くと審査員の目にも止まりやすくなります。

写真撮影の服装に関しては変にオシャレするのではなく、できる限り体型(スタイル)が分かるような白黒かつシンプルな服装がオススメです。もし髪が長い方はおでこが見えるくらいに前髪を上げるなどして、表情や顔の輪郭が審査員に分かりやすいようにして写真を撮りましょう。

オーディションの合格後に覚悟しておくべきスクールの費用

エーチームグループオーディション 合格率

エーチームグループオーディションに合格された方は3つの内の1つのプロダクションに所属することができます。所属先のプロダクションはオーディションの応募時に志望していたジャンルや審査員の判断によって変わるでしょう。

しかしそれよりも重要なのは、オーディションに合格してからのことであり、自分に都合の良い固定概念は持たないようにしましょう。

それは例えばエーチームグループの場合、オーディションに合格して事務所へ所属したとしても、それと同時に必ずエーチームアカデミーに通う必要があるということ。

大手芸能事務所のスクール(養成所)に通うということは、それなりの費用が発生するということでもあります。「芸能事務所に所属すればレッスン費は無料じゃないの!?」といった甘い考えを持っていた大半の方が、この段階で辞退されることが多いようです。

エーチームアカデミーの費用①【普通科】

エーチームグループオーディション 合格率

エーチームアカデミーには『普通科』というものがあり、それぞれ俳優コース・歌手コース・声優コース・マルチタレントコースの4つのコースのどれかを選択することができます。

それぞれ特化したコースを学ぶことができるのはエーチームアカデミーならではですが、気になるのはその費用。当然入学するためには“入学費”が必要となり、1ヶ月分の受講料やその他の諸費用を含めて計442,800円(税込)になるようです。入学諸費用は12,000円から分割払いが可能のようです。

さらに月謝(1ヶ月の費用)は32,400円が必要となるため、単純に入学諸費用+11ヶ月分の月謝を合わせて計788,200円が少なくとも必要になります。決して安くはありませんが、月6回のレッスンを受けられるスクールは非常に少ないです。

エーチームアカデミーの費用②『スペシャルステージ』

エーチームグループオーディション 合格率

エーチームアカデミーの『普通科』で俳優コースまたは声優コースにて1年間のレッスンを修了された方は『スペシャルステージ』に入学する資格があるようです。

入学するための諸費用は免除になりますが、こちらも毎月32,400円の費用が必要になるので、最低でも1年間におおよそ388,800円が必要になることは覚悟しておきましょう。こちらも月6回のレッスンが受けられます。

なお『普通科』を受講せずに『スペシャルステージ』に入校できる場合もあるようです。そのためにはエーチームアカデミーで行われる面談と簡単なオーディションを受け、『普通科』の修了生と同じくらいのレベルであると認められること。

いわゆる“特待生”に近い特権ということでもあり、恐らく『普通科』で必要な計788,200円が免除になるということなのかもしれません。もちろん詳しい情報は関係者にしか分からないため、気になる方は問い合わせて実際に聞いてみましょう。

エーチームアカデミーの費用③『キッズコース』

エーチームグループオーディション 合格率

3つ目となるのが『キッズコース』であり、幼児クラスから高学年クラスが存在しており、それぞれで学べるレッスンは違います。

年齢に合ったレッスンを受けることができるため、着実にスキルを高めていくことができる事が特徴。しかしやはり気になるのは必要となる費用ですよね。

『キッズコース』では入学費として297,000円(1ヶ月分の受講料は別?)が必要となり、月謝が21,600円(12ヶ月分)が掛かります。つまり1年間に必要となる費用は少なくとも計556,200円となります。

こちらも決して安くは無い費用が必要になりますが、月8回ものレッスンを受けることができるスクールは中々ありませんので非常にオススメです。

エーチームやエープラスへ所属すれば費用は免除!?

yukariさん(@yukari_720)がシェアした投稿

エーチームグループの3つのプロダクションに所属すること自体に費用が掛かることは無いようです。しかし、2008年頃のずいぶん昔の噂話を前提としてですが、エーライツに所属された方に限りエーチームアカデミーで必要になる費用は掛かるのだとか。※現在は変更されているかもしれません。

一方でエーチームやエープラスに所属された方もエーチームアカデミーに入学することは同じであるものの、全ての費用が免除になるようです。そう考えると、確かに人気タレントが数多く所属しているエーチームとエープラスの公式HPではそれぞれ個々の随時オーディションが行われていますが、エーライツの公式HPにはエーチームグループオーディションの応募先に飛びます。

DAIGOさん(@daigo_breakerz_)がシェアした投稿

つまりエーチームグループオーディションに合格することで、エーチームとエープラスに所属できる可能性は0では無いものの、大半はエーライツ所属になるのかもしれません。エーライツ以外の2つの事務所に所属することは、いわゆる他の大手芸能事務所に所属するくらいの狭き門であると考えておくことが無難でしょう。

他の2つには記載されていないものの「エーチームアカデミーに通っている生徒が所属している」とWikipediaに記載されていることからも、費用面の待遇の違いに関しては信憑性は高いかもしれません。しかし、だからといって落胆する必要は全くなく、スクールで力を付けて実績を出すことでエーチームやエープラスへ移籍できる可能性は大いにあります。

費用免除で大手芸能事務所に所属することは不可能

エーチームグループオーディション 合格率

ネット上の某匿名質問掲示板などでは「金儲けのために誰でも合格させる」といった声や、その声に対して「本当に必要な人材は費用が免除される」という回答をする方が非常に多いです。

大手芸能事務所が運営している養成所(スクール)に関しては、必ずと言っていいほど『お金が掛かる=悪』という風潮を広めたがる方が一部でいますが、学校に通うのにお金が掛かるのは当たり前のことです。

エーチームグループに限らず、現在テレビやCMに引っ張りダコの全ての人気タレントが始めから一切お金もかからずに今の地位を築いてきたと勘違いしている方は、その甘い考えを改めるべきでしょう。

お金を免除されて大手芸能事務所に所属できた方の多くは、幼少期から劇団や別の養成所で厳しいレッスンを受けてきたり、習い事で学んだ特技で大会で優勝したりといった実績がある方ばかりです。

吉岡里帆と同じ過去を経験する覚悟はあるか!?

例として、現在売れっ子となった人気女優の吉岡里帆さんは書道8段を取得している凄腕の持ち主です。そんな吉岡里帆さんは学生時代、大学の講義が全て終わると、映画作品を作るという夢のために友人たちと作品制作に取り掛かっていたそうです。

時間がやってくるとその後はバイトへ向かい、バイトが終わればその足でエーチームアカデミーへ通うために夜行バスを利用して京都から東京への移動を繰り返す日々を“親に内緒”で送っていたそうです。

一番多い時期で4つのバイトを掛け持ちしながらも、そのお金を全て夢に捧げる下積み時代を5年間も続けてきたという吉岡里帆さん。間違いなく数百万円以上は自己負担してきたことでしょう。

「芸能事務所に所属すれば普通お金は無料でしょ!」といった噂もそうですが、大手芸能事務所や養成所に対する自分に都合の良い固定概念にとらわれている方は、果たして彼女と同じ苦労や経験に耐えられるでしょうか?いかに自分が甘いことを言っているのか理解されるはずです。

覚悟を持ってオーディションに応募しよう!

エーチームグループオーディション 合格率

というわけで今回はエーチームグル―プオーディションの合格率に関して、そしてネットやSNSでよく噂されるオーディションの合格後に必要となる料金(費用)について紹介していきました。合格率は公式によって応募人数や合格者数の発表が無いため、残念ながら計算することはできませんという結果になりました。

全く参考にはなりませんが、目安としてはエーチームやエープラスに所属できるのは5,000人~10,000人に1人。そしてエーライツに所属できるのは1,000人~3,000人に1人くらいと考えておいても良いかもしれません。ただ、エーライツへの所属が決まったとしても、お金の面で厳しいという方が多いため、ある意味合格率の数字上は大きくなるかもしれませんね。

全員が全員そうなるわけではありませんが、エーチームグループオーディションに合格した後は、基本的にエーチームアカデミー及びエーライツに所属することになると考えておくと良いでしょう。もちろんオーディションは誰でも合格するほど甘くはありません。

そしてお金が掛からずに芸能界デビューできる方もいません。強いて言えば、確かに親がお金持ちでお金が必要な環境には全く困らなかった方もいます。しかし嫉妬や言い訳ばかり言っても自分の環境が変わるわけではありません。芸能界デビューを目指すのであれば、自分の環境を言い訳にせず、全て覚悟の上で挑戦していきましょう♪