芸能事務所『アヴィラ(AVILLA)といえば、過去に小倉優子さんや、眞鍋かをりさん、坂口杏里さんが所属しており、現在では、重盛さと美さんや、ミラクルひかるさん、クリス松村さんといったバラエティ豊かな芸能人が所属していることで有名ですよね。そんなアヴィラへの所属を目指して頑張っている方も多いのではないでしょうか?

ただ、アヴィラに所属するためには、まず付属養成所のアヴィラステージに入所してスキルを身に付けることが必要になります。そしてそのためには、オーディションに合格することが必要不可欠になります。今回は、そんなアヴィラステージのオーディション内容に関して、あくまで❝非公式情報❞として紹介したいと思いますので、是非参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

アヴィラステージって?

アヴィラステージ オーディション 内容FineGraphicsさんによる写真ACからの写真

アヴィラステージは、アヴィラが運営する養成所のようです。そういうわけで、アヴィラは芸能事務所になっています。ですので、入所にあたり、オーディションはありますが、それがゴールではありません。

むしろスタートと言えます。芸能界にデビューできるかどうかは、事務所のレッスンを経てからでしょう。厳しいコメントになりますが、誰でも簡単に芸能界に入ることはできません。

ある程度実力が無いと、人気が一瞬出ても、実力が無いがために、自身の冠番組を潰してしまうケースもあるのです。

それほど浮き沈みのある怖い世界でもあります…と、脅迫するようですが、粛々と努力していると、トーク力などが付き、仕事が仕事を呼び、認められる世界でもあります。

アヴィラステージは養成所ですが、実力アリと見なされると、タレントとして所属し、レッスン生ながら、芸能界で活躍するチャンスがあります。


ちなみに、芸能界では、会社法人が、2年間は法人消費税がかからないため、頻繁に会社を潰して、また新しく法人を立て直す、といった、悪徳な安定しない運営が横行しているようです。

しかし、アヴィラに関しては、芸能界でも知名度があり、設立は2009年、『株式会社AVILLA(AVILLA STAGE)』として、東京都の港区東新橋2-18-2汐留シオサイト汐留2F に居を構えています。

近くには、日テレや、電通などがあり、定期券を買っても損はないかもしれません。運が良ければ、仕事で訪れている芸能人に会える可能性もあります。

汐留は銀座、橋のそばで、バイト先も法人もたくさんありますので、転職先としてもお勧めです。アヴィラの設立年月日に関しても、問題はなさそうですね。

アヴィラの先輩は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

重盛さと美です🐰さん(@satomi_shigemori)がシェアした投稿


山川恵里佳さん、宇恵さやかさん、重盛さと美さん、ミラクルひかるさん、クリス松村さんなどを含め、テレビの出演人数は4,451人を越し、出演依頼件数も659件と、もうすぐ700に届きそうです。

イベントには、過去592人を年間で出しているそうです。また、オーディションも頻繁に行われ、オーディション件数も年間で461件の実績(※全て2017年のもの)があるため、安心して通うことが出来ます。チャンスが多いのがアヴィラの特徴と言って良いでしょう。

アヴィラステージのオーディション内容

アヴィラステージ オーディション 内容acworksさんによる写真ACからの写真

アヴィラステージでは、数種類のオーディションが開催されているようです。基本は、自己PR、課題実技、カメラテスト及びモニターチェックの三本柱です。

自己PRに関しては、こちらの記事を参考にしていただきたいのですが、「あなたと一緒に仕事がしたい」と思ってもらえるような姿勢が鍵となってきます。

特技を披露する会ではないので、間違わないようにしましょう。「毎日早起きして朝日を浴びることで、一日をエネルギッシュに溢れた毎日を過ごしている」ですとか、そんなことでも良いのです。

もちろん、面接での遅刻などは厳禁です。採用にもされないため、事前にオーディション会場までは、徒歩で下見をしてどのくらいかかるかチェックするぐらいの意気込みが欲しいところです。

次に、課題実技に関してですが、オーディション会場で与えられたテーマを元にして、その場であなたが演技をすることになります。

事前に台本が渡される場合もありますが、当日原稿を渡されることもあります。臨機応変でないと、芸能界で生き抜くことは厳しいことを頭に入れておきましょう。

ちなみに、アヴィラステージのオーディションは、芸能経験不問で、これまでの芸能活動を審査するというよりは、あなたのセンスや素質を見るもののようです。いわば、ダイヤの原石探しといったところでしょうか。

【関連記事】

オーディションでの自己PRの書き方を例文付きで紹介【書類審査編】

オーディションの写真と服装の色を意識して合格するためのポイント

どこでも必ずあるカメラテスト

アヴィラステージ オーディション 内容

どこの事務所に所属しても、必ずと言って良いほど『カメラテスト』と呼ばれる、いわゆるカメラ映りをチェックする審査があります。

上記の、自己PRや課題実技も、カメラで録画しながら行われる場合があります。テンポの遅い自己紹介だったり、どもっていては不採用になりかねません。

課題実技はさておき、自己PRに関しては、自宅でみっちり練習して、自分でもスマホでも構わないので、録画して観る事をオススメします。初めは恥ずかしいものですが、これを乗り越えないと芸能人という職業には向いていないことになります。

【関連記事】

オーディションの面接で30秒~1分の自己PRで合格するために

アヴィラステージの口コミと評判

 

この投稿をInstagramで見る

 

嶋村瞳 Hitomi Shimamuraさん(@hitomi_shimamura_official)がシェアした投稿


アヴィラに所属している、グラビアアイドルである、嶋村瞳(しまむらひとみ)さんは、『ミス東スポ2018』のグランプリにも輝いた逸材ですが、事務所にもよく顔を出しているようです。

本人曰く、顔を出すというよりは、遊びに行く感覚らしいです。気さくな事務所であることが分かります。その他、アヴィラのオーディションを受けた方の中で、実力アリと見なされると、レッスン料が安くなる、特待生のような仕組みもあるそうです。

だたこれは、いつ制度が終わるか分からないことですし、実力が無いとレッスン料が減額になるということは無いので、注意が必要です。

さて、一方で悪い評判もあるようです。「レッスン料減額は、生徒集めのためのセールストークだ」というものが主でした。ですが、一緒に仕事をしたいと思われた逸材ならば、確かにレッスン料を減額して、芸能界デビューをさせたいと思うのは自然なことです。

たとえ、それで成果が出なかったとしても、厳しく言うとその人なりの実力だったと言わざるを得ません。一度受けた仕事の評判が良ければ次もありますが、評判が悪いとぱったりと仕事が無くなってしまうのが、芸能界の厳しいところです。

ゴシップになるような生活を送っている場合は、改めた方がいいでしょう。また、上下関係も厳しいので、先輩を大事にしないとロクなことがないということも覚えておきましょう。

スポンサードリンク

アヴィラステージのレッスン費用は?

アヴィラステージ オーディション 内容

気になってくるのが、合格後に掛かる諸々の費用です。これから受けようと思う方も気になりますよね。特待生制度が現状ではあるようですが、通常の合格者は、レッスンを受け、その費用を支払う必要があります。

調べたところ、審査料(オーディション)が無料ということは分かっており、安心なのですが、入学料とレッスン費用は非公開でした。

原因を考察すると、タレントとして「実力アリ」とみなされれば、レッスン料は減額になりますし、「もうちょっと磨いてほしい」と思われれば、それ相応のレッスンを受ける必要があるようで、個々にスケジュールを組んでいるものと推察されます。

「半年しか通わずにデビューできた」という方もいるようでした。最初は、エキストラが多く、やる気も削がれるということで悪い口コミもありましたが、エキストラでも、カメラ映りが良いと、ファンが付き、あれよあれよという間に有名になるケースもあるのです。

エキストラだからと言って手抜きしてはいけません。カメラをしっかり意識して、自分の出せる全てを活かせるよう、普段からカメラ慣れしておくことが必要でしょう。昨今では、スマホをライトと共に吊るし上げ、本番さながらの撮影が出来るアイテムも売られているようです。

こういったプチプラアイテムを利用して損はないでしょう。普段のSNS活動にも役立ちます。SNSのフォロワー数が多いと、芸能界では有利になりますので、準備をしておいて損は無いでしょう。ライティングのアレコレも身に付きますよ。ライティングでは、白とびしないよう、気を付けましょう。

アヴィラの子役って?

アヴィラステージ オーディション 内容

比較的新しい事務所でありますが、NHKの『シャキーン』にも、子役を排出したことのある事務所です。保護者に対しては、納得のいく説明を丁寧にしてくれるそうです。

また、レッスンに関しても、丁寧な説明の上で受けることが出来るようです。そして、実際のレッスンは、明るくて、自由な雰囲気のレッスンとなり、評価は高いようです。

明るくて自由なだけではタレントになれませんので、他に『コミュニケーション力』『挨拶』といった、撮影現場で必要になる基礎の基礎も教えてくれるそうです。

子役といえども、仕事となったら、プロ意識がないといけません。きちんと挨拶が出来て、子役、キッズモデルに必要な知識も教えてもらえるとあって、感謝されている口コミも多く見受けられました。

7~9歳ぐらいまでですと、ワガママだったり、親の言うことを聞かなかったりしますが、それでは芸能活動を続けることが出来ません。本人をやる気にさせてくれるのが、アヴィラであるといって過言ては無いかもしれません。

10歳ぐらいのお子様をお持ちの保護者様の例は、人前に立つこと自体がお子さんにとって苦手だったようですが、『恥ずかしい』より『楽しい』という気持ちへシフトさせてくれたそうです。何よりも、楽しいと思っていれば、努力も辛くないはずです。

NOオーディションのオーディションとは?

アヴィラステージ オーディション 内容

業界初の試みとして、異例の『NOオーディションを』実施しています。つまり、オーディション無しで芸能界入りのチャンスを掴むことが出来るのです。

少しでも芸能界に興味があれば、申し込みを済ませた後、当日に会場に足を運ぶだけとなっています。審査内容は、アヴィラのスタッフと話をするだけなので、軽い気持ちで受けることが出来ます。

自薦他薦は問いません。ただ、他のプロダクションに属している場合は受けることが出来ないようです。年齢層も幅広く、4歳から65歳の男女に申し込みの資格があります。ちなみにNOオーディションの口コミには、

「極度の緊張体質で、オーディションが無いと聞いて思い切って受けてみました。スタッフの方はフレンドリーで優しく、受けてみて本当に良かったと思いました。志望動機はそんな緊張体質の自分を変えようと思ったからです」

「年齢的にもう若くもないので大丈夫かな?と思いながらも、芸能界という夢を捨てきれずにNOオーディションを受けました。オーディション無しということで、抵抗なく受けることが出来て本当に良かったです」

…と、上記のような口コミがあります。また、在籍したコメントには、「在籍してみて、オーディションの数が非常に多く、外部出演やプロダクション所属のチャンスが非常に多いことに驚きました。気持ちと、実力さえあればチャンスを掴めそうで、やる気が出ます」というコメントもみられました。

ちなみに、アヴィラは、オーディションに一度落ちても何度でも再チャレンジが可能な事務所となっています。たった一度の落選程度で気落ちせず、何度も挑戦するぐらいの強いメンタルを持ちましょう。

今回のまとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

ミラクルひかるさん(@miracle_hikaru_official)がシェアした投稿


アヴィラといえば、過去に小倉優子さんや、眞鍋かをりさん、坂口杏里さんが所属しており、現在では、重盛さと美さんや、ミラクルひかるさん、クリス松村さんといったバラエティ豊かな芸能人が所属しています。

コースの種類は、モデル・タレントから、俳優、声優、ナレーター、アーティスト、子役と幅広く受け入れています。

レッスン費用は残念ながら公表されていませんでしたが、実力アリと見なされるとレッスン料の減額制度もあるようでした(※もしかしたら、レッスン料の減額制度があるために、個々によってレッスン料が違うために公表していないのかもしれません)

NOオーディションという新しい談話タイプの芸能界入りコースを採用したことでも知られています。申し込み後は、指定された日に会場へ足を運びスタッフと面談するだけです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

重盛さと美です🐰さん(@satomi_shigemori)がシェアした投稿


自薦他薦を問わず、4歳と小さいころから、65歳までの広い年齢層にチャンスがあります。合格率も高くなると予想されます。

また、所属して驚いた、という口コミの中には、外部出演へのオーディションが非常に豊富で、実力と気力さえあれば、いつでもチャンスを掴める環境にあるということ。

オーディションが豊富なのは嬉しいですね。浮き沈みの激しい芸能界で生き抜くためには、一度の落選で落ち込んでいてはメンタルが持ちません。

絶対に成功するぞ、という強いメンタルを持ち、一度や二度の落選で気落ちしているようでは生き抜くことは難しいでしょう。

ここはひとつ踏ん張りどころだと思います。アヴィラは再チャレンジが可能な養成所となっていますので、一度落ちても何度もチャレンジしてみてもいいでしょう。

他と併願してもいいかもしれませんが、どこかのプロダクションに所属してしまうと受けられなくなることだけ注意しておきましょう。

【関連記事】

アヴィラステージの評判と口コミを紹介!養成所としての評価について