何かと「誰でも合格する」と噂されるテアトルアカデミーのオーディションですが、世の中には残念ながら不合格通知が届いて「一体なぜ自分の自慢の赤ちゃんが不合格になったしまったの・・・」と悔しい気持ちでいっぱいの人達による悩みの声は多くあります。

そこで今回は、テアトルアカデミーに赤ちゃんで不合格通知ではなく合格通知が届くためのオーディション攻略(対策)のヒントを紹介していきたいと思います。不合格通知が届いて落ち込んでしまっている方やこれからオーディション受けたいと思っている方は、是非参考して頂ければと思います。


オーディションの応募先はこちら

テアトルアカデミーは誰でも合格する訳では無い

テアトルアカデミー 赤ちゃん 不合格通知画像引用元:PAKUTASO

「テアトルアカデミーはお金儲けのために誰でも合格させる」といった根拠のない噂がネット上に広まっていますが、それは全くの事実無根です。誰でも合格させているのであれば、まずそもそも「不合格通知が届いた」という話自体が流れるわけがありません。

一方でそういった噂を鵜呑みにした方がテアトルアカデミーのオーディション受け、不合格通知が届くという予想外の結果に「あれだけ誰でも合格できるという話があるのに自分の赤ちゃんだけ落選してしまった・・・」と大きなショックを受けてしまった方もいます。

不合格通知が届いても落ち込む必要は無い

テアトルアカデミー 赤ちゃん 不合格通知画像引用元:PAKUTASO

しかし、不合格通知が届いてしまったのはあなたの赤ちゃんだけではなく、他にも何千人以上という赤ちゃんが落ちていますので、大きくショックを受ける必要はありません。オーディション自体は無料で何回でも受けることができるため、次回はしっかり対策をとって受ければ良いのです。

親としては、我が子がオーディションに合格した事は皆に知ってほしい気持ちが強くなりますが、落選してしまった事は誰にも言いたくないはずです。こういったこともあって、ネット上やSNS上では「合格した♪」という声だけが集まり、その結果「誰でも受かるの?」という噂へと広まってしまったのです。

【関連記事】

テアトルアカデミーのシニアの料金や合格率について詳しく紹介

世間では何人くらい不合格通知が届いているの?

テアトルアカデミー 赤ちゃん 不合格通知

テアトルアカデミーのオーディションで不合格通知が届いてしまった方にとっては、「一体他にも何人くらいに不合格通知が届いているんだろう・・・」と気になってしまうのではないでしょうか?自分と同じ境遇に立っている人をついつい探してしまうのが心理ですよね・・・。

時期によってオーディションの応募者総数に変動はありますが、毎期に約3,000~5,000人前後の応募者が集まります。例えば2017年に開催された第161期生のオーディションを例とすると、この時の応募者総数は5,364人でした。その中で一次審査通過できた人は1,002人、二次審査に通過できた人は316人だったので、計5,048人へ不合格通知が届いていることになります。

わざわざこの5,048人の方々が「テアトルアカデミーのオーディションに落選した~・・・」と公表しませんよね?しかし、逆に勝ち残った316人の一部の方々は「やったー!合格したよ!」と言いたくなるものですし、実際にSNSなどでは様々な方の喜びの声を確認することができます。

オーディションの応募者総数は毎期ごとに変動するので具体的な数字は計算することができませんが、少なくとも世間では赤ちゃんからシニアまでを含む約5分の4前後の方々が一次審査で、そして二次審査では約3分の2前後の方々に不合格通知が届いていることが現実なのです。

オーディションの応募先はこちら

不合格通知が届いてしまった原因を考えてみる

テアトルアカデミー 赤ちゃん 不合格通知画像引用元:PAKUTASO

真剣に覚悟を持ってテアトルアカデミーのオーディションを受けた方は、なぜ自分の赤ちゃんに不合格通知が届いてしまったのか原因を考えてみることが大切です。一方で「誰でも落ちることはないよね(笑)」と油断してしていた人は、まずその油断を改めることから始めましょう。

一般的にテアトルアカデミーのオーディションでは一次審査に書類選考、そして二次審査にカメラテスト&面接などが行われます。世間の方がどちらで不合格になったのか分かりませんが、それぞれ落選の原因を考えることで次回に合格できる可能性が高まることでしょう。

テアトルアカデミー 赤ちゃん 不合格通知

例えばテアトルアカデミーのオーディションに応募する際にあまりに自分の赤ちゃん可愛いからといって、アプリなどで赤ちゃんの写真を加工しなかったでしょうか?志望動機やアピールなどしっかり記入しましたか?意外と基本的なことができていない方もおられるようです。

二次審査の面接では全て赤ちゃん任せにはしなかったでしょうか?当たり前ですが面接するといっても赤ちゃんとマンツーマンで行うわけではありません。赤ちゃんと面接会場に行くのは親であり、面接官は当然親も審査対象に入れています。問題ありそうな親の赤ちゃんを合格させる訳がありませんよね?

【関連記事】

テアトルアカデミー(大阪校)の評判と費用は?特待生のメリット

テアトルアカデミーで不合格にならないための対策

テアトルアカデミー 赤ちゃん 不合格通知

テアトルアカデミーのオーディションに応募する理由は人それぞれ様々であり、「本気で赤ちゃんモデルを目指す!」という方や、「思い出として合格の賞状を受け取りたい♪」という方もいます。そのためにはどちらにせよオーディションに合格する必要が出てきますよね?

そこで、ここからはテアトルアカデミーのオーディションで自分の自慢の赤ちゃんに不合格通知が届かないための対策について紹介していきたいと思います。不合格通知が届いてしまった人やこれから応募しようと思っている人は参考にしてオーディションを受けてみましょう。

ただし、ここで紹介する対策や攻略方法を実践すれば必ず合格するというわけではありませんのでご了承ください。あくまでこれからテアトルアカデミーのオーディションに応募しようと考えている方に対して後押しするような内容になります。確実な攻略方法などは絶対ありません。

ちなみにオーディションに応募する前に、まず確認しておく事はテアトルアカデミーでは入学費用が掛かるということ。現在は赤ちゃんモデル部門には189,000円のコースと270,000円のコースの2種類があります。思い出として合格賞状を受け取りたいだけの方には関係ありませんが、真剣に赤ちゃんモデルを目指す人にはそれ相応の出費負担が掛かることは覚悟しておきましょう。

【関連記事】

テアトルアカデミーの料金(費用)は赤ちゃんモデルでいくらか紹介


一次審査の書類選考に合格するためのヒント

テアトルアカデミー 赤ちゃん 不合格通知画像引用元:PAKUTASO

テアトルアカデミーのオーディションにはパソコンやスマホで手軽に応募ができる時代になりましたが、手軽すぎるがゆえに気持ちが中途半端になって、申し込みフォームに適当に記入してしまいがちなります。応募する時点で「自分はオーディションを受けている!」という自覚を持ちましょう。

一次審査に合格するためには赤ちゃんの写真にとにかく力を入れましょう。力をいれるといっても、アプリなどで加工するというわけではなく、写真を撮る場所や服装、赤ちゃんの表情に気を使いましょう。これだけでも審査員の目に止まりやすくなります。

何も難しいことを考える必要はなく、シンプルに赤ちゃんの写真を撮ってあげましょう。背景は一色に近い場所を、赤ちゃんの表情は作られたものでなく自然体の笑顔が良いでしょう。出来る限り可愛く綺麗に撮りたい気持ちは分かりますが、ライトの当て具合などよりも赤ちゃんの顔がしっかりと判断できる明るさがあれば充分です。

オーディションの応募自体は5分~10分程度あれば全て記入できるほど簡単ですが、本気で合格を目指している人はもっと時間がかかっているはずです。志望動機は簡潔にまとめ、自己PRはネガティブな言葉を使うのではなく自信を持って言い切る気持ちで記入しましょう。

【関連記事】

テアトルアカデミーでは赤ちゃんの一次審査の合格率はどれくらい?

赤ちゃんを撮影するためのちょっとしたコツ

テアトルアカデミー 赤ちゃん 不合格通知

赤ちゃんを撮影する際に太陽の光などが差し込む窓を背景に撮影する方も多いと思いますが、それだと逆光で赤ちゃんの表情が分かり辛くなります。かといって赤ちゃんを太陽の方向へ向かせてしまうと眩しくて半目をした写真ばかりになります。

一番良いのは明るい部屋や、朝方~昼頃の明るい外で写真を撮るということ。注意したいのはフラッシュ機能で写真を撮ってしまうことであり、赤ちゃんにはできる限り一瞬であっても強い光は当てないようにしましょう。

テアトルアカデミー 赤ちゃん 不合格通知

先ほど背景は複雑過ぎない方が良いと説明しましたが、真っ白な壁や空などを背景にするなど、とにかくシンプルにしましょう。そして可愛いからといってあれこれと周囲におもちゃを散りばめないようにしましょう。写真のメインは赤ちゃんであることを常に頭の中に入れておきます。

それこそ現在ではネットなどで色々な赤ちゃんの写真を簡単に見ることができるので、参考のために検索してみても良いかもしれません。そして写真はとにかく自分が納得のいく赤ちゃんの表情が撮れるまで少なくとも数十枚ほど撮影し、そこから厳選して選びましょう。

二次審査のカメラテスト&面接に合格するためのヒント

テアトルアカデミー 赤ちゃん 不合格通知

二次審査では指定されたオーディション会場でカメラテストや面接が行われますが、まず一次審査合格の際にエントリーシートが渡されます。表面と裏面がありますが、裏面は赤ちゃんがどんな子なのか記入する欄ですので、正直に自分の赤ちゃんについて記入しましょう。

二次審査の会場ではカメラテストがあり、本格的なカメラで撮影されながら簡単な質疑応答が行われます。どちらかというと赤ちゃんよりも親は緊張してしまうことが多いですが、リラックスして堂々と面接に立ち向かう気持ちでいきましょう。スタッフの方も緊張しないように色々と気を使ってくれるはずです。

面接では特に難しい事を質問されることはなく、「日常の中での赤ちゃんはどういった様子?」というものや、他にも「テアトルアカデミーに入学した後はどういった仕事をしていきたいのか」などについて聞かれますので、言葉に詰まることなく近所のママ友とお話しするような気持ちでハッキリと答えましょう。

基本的に自分の赤ちゃんをアピールするための場ではありますが、この時の審査には親も審査対象として見られているという気持ちでいましょう。赤ちゃんが泣いたり笑ったりすることはその時の状況次第ですが、少なくとも親は堂々と受け答え出来るようにはしておきたいものです。

【関連記事】

テアトルアカデミーの二次審査の合格率は?誰でも受かるの?

モデル向きの赤ちゃんって具体的にどんな子?

テアトルアカデミー 赤ちゃん 不合格通知

二次審査では実際に審査員の前で自慢の我が子を紹介することになるのですが、この二次審査は赤ちゃんモデルを決める重要な部分でもあります。では、一体どういう赤ちゃんであればモデルに選出されやすいのか紹介しておきたいと思います。

そもそも赤ちゃんは青年や大人のモデルとは違ってまだまだ体型や顔立ちが完全に形成されているわけではないので、審査員はそれよりもスムーズに写真を撮影することができるような赤ちゃんの性格を重視に選ぶ傾向があるようです。

例えば長時間の撮影が行われる中で、いつでも安定した笑顔ができる赤ちゃんは企業側にとって貴重な存在です。そして体型にそこまでこだわりが無いとはいえ、さすがに太りすぎや痩せすぎの赤ちゃんは採用され辛い傾向があるので、標準の体型であることが第一です。

そして場所や人が親と変わっても笑顔でいられる赤ちゃんや、撮影の際は親は赤ちゃんから離れるので、親から離れてもグズったり泣いたりしない子は重宝されます。撮影にはフラッシュも使用されるため、驚いて泣いてしまわないような物怖じのしない赤ちゃんも重要視されるかもしれません。

【関連記事】

テアトルアカデミーの特待生にはどんな子が選ばれて通知されるの?

テアトルアカデミーの料金は特待生になれば免除(無料)なのか紹介

オーディションの応募先はこちら

不合格通知の原因は親の信頼が足りない場合も

テアトルアカデミー 赤ちゃん 不合格通知

テアトルアカデミーのオーディションで、赤ちゃんが合格するためには審査員からの親の信頼ポイントも重要になってきます。不合格になる人の多くの原因の1つとして親の失礼な態度が目に余るという理由があります。オーディションには日本中から様々な応募者が集まります。

その中には常識のない親もいるそうで、さらには赤ちゃんへの最低限の躾(しつけ)が全くなっていないと審査員から判断されていることもあるのだとか。実は二次審査の面接ではそういったところもしっかりとチェックされているのです。

テアトルアカデミーでは毎年多くの応募者が殺到しますが、思い出のためにオーディションを受けるという親も多いために、中には二次審査会場へ向かったものの、適当に受け答えをしていた親もいたのかもしれません。それだけに審査員も親の態度や常識などは特に重要視しているのかもしれませんね。

芸能界の世界では信頼が最も重要であり、企業側も信頼のおける人物に仕事のオファーをしたいと考える事は至極当然のことです。本気でテアトルアカデミーに入学したいと考えているのであれば、最初から最後まで気を抜かずに審査員やスタッフの方には誠実に対応するようにしましょう。

【関連記事】

テアトルアカデミーの二次審査で落ちた(不合格)人とよくある勘違い

不合格通知はテアトルアカデミーが本物である証拠

ネットやSNSに書きこまれている噂に振り回されてしまう方が多いようですが、不合格通知という現実がある以上は「誰でも落ちることは無い」というデマ情報を信じる必要はありません。誰でも簡単に合格させないテアトルアカデミーは本気で芸能界での活躍をサポートしてくれる優良な大手芸能学院です。

噂に振り回されるのでは無く、そういった時は実際にテアトルアカデミーのオーディションに落選してしまった方々の体験談を読んでみることも参考の一つになります。もちろんそれよりも自分が実際にオーディションを受けた方が良いことに変わりは無く、自分の力で何事も行動するようにしたいところです。

オーディション会場には自分の赤ちゃんと同じくらいに可愛い子が沢山いますし、ハーフの子なども見かけます。そんなオーラがありそうな子達が多くいる会場の雰囲気に、ついつい飲み込まれてしまいそうになる親の方もいますが、そういった場所に立っても「自分は楽しんでやる!」という気持ちでいることで、緊張を吹き飛ばしてやりましょう。

合格すれば「誰でも合格できる噂は本当だったか・・・」でも、不合格になれば「結局お金に余裕ある人だけか・・・」でもありません。テアトルアカデミーは歴史ある芸能学院であり、公平に合格者を見極める力はプロ中のプロです。オーディションに参加すればテアトルアカデミーが本物であることは必ず理解されるはずです。

【関連記事】

テアトルアカデミーの料金とギャラ(収入)は仕事ごとにいくら?

不合格通知は当たり前!何度もチャレンジしよう!

テアトルアカデミー 赤ちゃん 不合格通知

できることならテアトルアカデミーのオーディションには一発で合格したいところですが、そう簡単にはいきません。しかし、こういった芸能関係のオーディションでは無料で何度でも受けることができるのが1番の強みであり、何度も再チャレンジされる親の方は非常に多いです。

1度オーディションに落選したからといって諦めてしまっては非常に勿体無いことです。「自分の赤ちゃんを合格できなかった」と親のプライドが少し傷ついてしまう気持ちは分かりますが、オーディションは基本的に落選することが当たり前であると考えておく方が無難です。

今回はテアトルアカデミーの赤ちゃんで不合格通知にならないための対策方法を紹介していきましたが、紹介したものは全て基本的なものばかりです。

しかし、意外とこれらの基本的なことができていなかったと後に語る親の体験談も多く見られるので、しっかりと頭の中に入れておきたいものです。

不合格通知が届いたという方やこれからオーディションに応募をしようと考えている親は、是非とも諦めずに最後まで頑張って下さい。

ネットで文句を言っている方は夢や目標を簡単に諦めてしまった方ばかりです。「自分と愛する我が子は絶対諦めない!」という強い気持ちを持った人にだけ芸能界への道は照らされるはずです♪

【関連記事】

テアトルアカデミーの口コミと評判!悪い噂と良い噂のリアルな声

テアトルアカデミーのオーディション内容を分かりやすく全て紹介

オーディションの応募先はこちら