瀬戸朝香さんや北乃きいさん、勝地涼さんや広瀬アリスさんに広瀬すずさんなどのトップタレントが多く所属していることで有名なフォスター(フォスタープラス)。まだまだ比較的若い芸能事務所ではありますが、所属している一人一人は確かな実力を持ったタレントばかりですよね。

そんなフォスターでは随時でオーディションが行われており、世間では倍率や結果が一体いつになれば届くのかということについて気になっている人が多いようです。そこで今回は、フォスターオーディションの倍率や結果関する様々な情報を元に紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

フォスターオーディションの倍率はどれくらい?

フォスター オーディション 倍率 結果

芸能事務所のオーディション関係になると、どうしても「倍率が知りたい」と思う人が多いようで、フォスターもその限りでは無いようです。

倍率がとてつもなく低いという事はすでにご存知の方も多いでしょうが、具体的に一体どれくらいの倍率なのでしょうか?

調べてみましたが、フォスターが随時で行っているオーディションでは応募総数などは公表されないので倍率を計算することはできません。ただ、フォスター(フォスタープラス)はとても人気がある芸能事務所なので、それだけに毎年応募する人は非常に多いことは間違いありません。

スターダストプロモーションやアミューズなどの芸能事務所と比べればオーディション応募者少ないかもしれませんが、それでも毎年数千人以上の応募者がいることが推測されます。

なので、倍率はもちろん数千倍以上となりますが、そもそも随時オーディションでは合格者が0の場合もあるので、ざっくりですが数万倍の倍率にもなると計算できます。

フォスター(フォスタープラス)の随時オーディションの倍率は計算することはできないものの、フォスターが主催している企画オーディションなどでは一部応募者の情報が公表されているものもあるので、あまり参考にはなりませんが紹介しておきたいと思います。

シーブリーズシンデレラオーディションの例

2017年にシーブリーズシンデレラのオーディションが開催されましたが、このオーディションでグランプリを受賞した人には、フォスター事務所に約1年間所属できる権利が与えられました。ちなみにこの年の『青春シンデレラ』に選ばれたのは佳島みささんでした。

このシーブリーズシンデレラオーディションでは、応募者総数がなんと9,598通だったそうなので、佳島みささんは9,598倍という高倍率の中で見事グランプリを受賞したということになります。いかに倍率が高いか分かりますよね。

『be the next for☆star』のオーディションの例

現在フォスターに所属されていて、『レオパレス21』のCMで広瀬すずさんの先輩役を演じていたことでお馴染みの新川五朗さんですが、彼もオーディションを経て現在の事務所に所属することができました。

新川五朗さんが受けたオーディションは、恐らく2015年の8月頃に開催された『be the next for☆star』だと思われます。

このオーディションでは最終審査会場に広瀬すずさんが登場しました。新川五朗さんは広瀬すずさんの大ファンなのか、彼女が登場すると聞いてオーディションを受けたようです。しかし、なんとこのオーディションで彼は『広瀬すず賞』を受賞することになります。

このオーディションの応募者総数は約8,000人だったようなので、仮にグランプリ受賞者などを除くとすれば、彼は約8,000倍という高倍率の中から見事フォスターへ所属できる権利を獲得することができたということになりますよね。

基本的に企画オーディションでは、随時オーディションと比べるとかなりの応募者数が集まるので、倍率を計算すればとてつもない数字が出てしまいますが、逆を言えば必ずグランプリ受賞者が出ます。

一方で随時オーションでは合格者数が0の時もあるので、ある意味では企画オーディションよりも倍率が高くなるかもしれませんね。

倍率はオーディションの合格率UPとは比例しない

フォスター オーディション 倍率 結果

フォスター(フォスタープラス)に限らず芸能事務所のオーディションでやけに倍率を気にする人が多いですが、倍率を知ったところで合格できる確率が上がるわけではないということは頭の中に入れておきたいものです。そして倍率が低ければ合格率がアップするというわけでもありません。

一部では「99%フォスターのオーディションには受からない」という声もあるようですが、そもそもフォスターが本当にオーディションで合格者を出さない気であるならば、随時オーディションなんて募集しません。会社からしてみても明らかな時間と経費の無駄遣いになります。

そのような文句を言う人は、おそらく自分がオーディションで落ちてしまった事をどうしても認めたくないという気持ちがあるのでしょう。

フォスター(フォスタープラス含め)は現段階で約21人前後のタレントが所属している少数精鋭の事務所なので、それだけに1人1人を妥協無く厳しい目で審査しているでしょうし、しかしそれはどの芸能事務所でも同じことですよね。

結局のところ、倍率が高いオーディションであっても“合格する人は合格する”ということが現実です。随時オーディションでフォスター好みの人材がいれば、 10人中10人でも合格させるはずです。

厳しいようですが、合格できない人は何かしら欠けている部分があったからとしか判断できないことが現実です。

フォスターのオーディション結果が届くのはいつ?

フォスター オーディション 倍率 結果

倍率同様に、一方でフォスターのオーディションを受けた人に多い質問は「合格の結果発表はいつくらいになれば届くの?」ということですよね。一体フォスターから1次審査の結果が届くのはどれくらいの時間がかかるのでしょうか?

フォースターの公式サイトでは現在まだ1次審査通過の結果をいつ連絡するかということは掲載されていませんが、書類選考後に合格者の人だけに連絡をするということは掲載されています。なので、具体的にいつ以内に連絡がされるのかということは分かりません。

フォスター オーディション 倍率 結果画像引用元:PAKUTASO

ただ、芸能事務所の随時オーディションでは、結果発表は約1ヶ月以内に連絡が届く場合が多いので、最低でもフォスターからの連絡は1ヶ月前後ほど待機しといた方が良いと思われます。

一部では3ヶ月以内に連絡をするという芸能事務所もありますが、2か月経っても連絡が届かなかった場合は落ちたと思ったほうがいいでしょう。企画オーディションの場合は募集が締め切られてから1ヶ月以内に連絡が届く場合が多いようです。早めに応募した人は2ヶ月ほど待つ必要があるかもしれません。

スポンサードリンク

フォスターへの所属はスカウトが多いの?

あまりにもフォスターのオーディションの合格率が低いとの噂が流れていることから、「フォスターはスカウトでしか入れないの?」といった疑問の声をちらほら見かけることがありますが、決してそういうわけではなく、残念ながら“合格するまでに値しない惜しい人”が多かっただけの話です。

確かに現在CMやドラマなどで活躍している俳優の勝地涼さんや広瀬すずさん&広瀬アリスさん、そして瀬戸朝香さんなどを含め、確かにフォスターからスカウトを受けて所属されたタレントが多い事は否めませんが、だからといって必ずしもスカウトでしか所属する方法がないというわけではありません。

オーディションから光る人材を入れるかスカウトから光る人材を入れていくか、どちらに力を入れて優先するのかは芸能事務所によって異なるのかもしれません。

フォスター オーディション 倍率 結果

ただ、事務所側からすれば「どちらを優先するというものはない。マネージメントしたいと思った人材を採用するだけ」との答えが返ってきそうですが。

このことから、フォスターはスカウトに力を入れているという印象を抱かれがちですが、だからといって当然オーディションでは力を抜いているというわけでは無いでしょう。

今後は随時オーディションからの合格者はどんどん増えていくはずです。もちろんフォスター好みかつ厳選された人材だけが合格します。

フォスターの随時オーディションに合格するために

フォスター オーディション 倍率 結果画像引用元:PAKUTASO

ネット上やSNS上では芸能事務所の「オーディションに合格する方法はある?」などが質問されていることが多いですが、残念ながらそういった方法はありません。

仮にそのような方法があるならば真似をする人が多くなり、結局は個性の無い同じ人ばかりが増えてしまう結果になり、当然誰も合格することできません。

フォスターの社長(出來由紀子さん)は、常に「1番大切なものは本人の感性である」とおっしゃっているのだとか。

フォスター オーディション 倍率 結果画像引用元:PAKUTASO

オーディションに合格するには、当然最低限の容姿や体型などは重要視されますが、それよりも重要だとされるのはその人の“人間性”ではないでしょうか。非常に簡単に言うならば性格です。

とある担当者の人は、「人の心が読める」「人の気持ちが分かる」「その時の気持ちをしっかり相手に伝えられる」「自分の言葉を全身で表現」といったことができることが大切だとしているようです。つまり正直で純粋な人が重要視されているのかもしれません。

オーディションを受ける人のほとんどが外見に関する質問をしがちです。確かにフォスターでは透明感や目力のある人を求めていると掲載されている場合もありますが、それよりも最も大切な事は人間性や熱い気持ちを磨くことなのかもしれません。ライバルと差別化を図れる特技などもあれば更に有利です。

今回のまとめ

フォスター オーディション 倍率 結果

というわけで今回はフォスター(フォスタープラス)のオーディションに関して倍率や結果がいつ届くのかという件に関して紹介していきました。事務所所属できるまではかなりの狭き門だとされているフォスターですが、どの芸能事務所でも難易度はほとんど変わりません。

今回のまとめですが、フォスターの倍率は約数千倍以上を軽く超えてくると思っておき、事務所所属までの合格率は1%未満であると考えておきましょう。何より先にオーディションの倍率や合格率に関して調べて応募するか決めることは非常にナンセンスです。

フォスター オーディション 倍率 結果

事務所への所属を決めるのはオーディション参加者ではなくフォスター側なので、まずは認められるように色々な意味での自分磨きに集中することが最短で芸能事務所に所属できる、または可能性を高める近道ではないでしょうか。そして他力本願で合格できるほど甘い世界ではありません。

フォスターの随時オーディションの結果に関しては、 1時審査の合格通知は約1ヶ月未満に連絡が届くと思っておきましょう。もし2か月を経っても連絡が来ない場合はきっぱり諦め、半年後か1年後に再び受けてみましょう。もしくは1ヶ月半ほど経った時に別のオーディション受けてみるのも1つの手です。頑張ってくださいね♪