日本男性アイドル最大手プロダクションといえば『ジャニーズ事務所』でしょう。『TOKIO』『V6』『嵐』『KAT-TUN』『KinKi Kids』『Hey!Say!JUMP』『Kis-My-FT2』『SexyZone』…(以下省略)など数々の大人気男性アイドルグループを輩出し、近年では『King & Prince』がジャニーズ事務所から数年ぶりに、CDデビューを飾り、デビューから早くも大活躍されています。

男性アイドルになりたいと夢見る人、また自慢のお子さんを芸能界でアイドルとして活躍させたいと願っている人たちにとって『ジャニーズ事務所』は憧れのプロダクションです。今回は”テレビで見ない日はない”と言われるほどの大人気アイドル、そして俳優やタレントを輩出するジャニーズのオーディションを受けるための「写真」や、提出する「履歴書」までの応募書類に関するポイントを非公式情報としてご紹介します。

スポンサードリンク

ジャニーズ事務所のオーディションの開催時期

ジャニーズ オーディション 写真

ジャニーズ事務所の公式ホームページ『Johnny’s net』にも記載があるように、ジャニーズオーディションの開催時期は不定期であること。また開催する時に書類通過者へ順次お知らせされることが書かれています。

つまりジャニーズ事務所のオーディションを受けたい方は、まずジャニーズ事務所へ応募書類を送付し、その後オーディションが開催される日時が決まった際に連絡がきて、ようやく初めてオーディションが受けられるという流れになるようです。

また、公式ホームページでも注意書きがありますが、日時や選考方法についての問い合わせは一切回答されないとのことです。なので、こういったオーディションに関する情報サイトは、公にされていない、そんなオーディションのポイントなどを参考にすることができます。

これはジャニーズのオーディションで合格を目指す方にとって、非常に大きな武器になることもあります。しっかりとチェックし、参考にしながらジャニーズのオーディションに挑んでみてくださいね。

【関連カテゴリー】

他の芸能事務所のオーディション関連はこちら

ジャニーズのオーディションを受けるための写真・履歴書の重要ポイント

ジャニーズ オーディション 写真

ジャニーズのオーディションを受けるためには、まずは書類審査でジャニーズ事務所側の『目に止まること』が最大の焦点となってきます。連日、ジャニーズ事務所には、ジャニーズの一員になることを夢みている人からの応募書類が事務所に山のように届くそうです。

書類に目を通すのはジャニーズ事務所のJr.マネージャーやファミリークラブスタッフだけでなく、時にはJr.メンバーが手伝ったり、他の芸能プロダクションではあまり見ない、ジャニーズ事務所の社長である”ジャニー喜多川”氏本人が、実際に応募書類に目を通してジャニーズ事務所に欲しい人材のチョイスをしているそうです。

社長自ら応募書類を見るというのはジャニーズ事務所特有ですよね。それほど未来のジャニーズを背負って活躍する人選に力を注いでいるということでしょう。

つまり書類選考の時点でジャニーズオーディションを受けられるor受けられないかが決まるため、一次選考である応募書類は、見た人の目に止まる、そして興味をもってもらえるような写真・履歴書を全力投球で作りましょう。そのように意識しておかなければオーディションに呼ばれる日は永遠にこないほど、ジャニーズオーディションを受ける上で大変重要でおさえておきたいポイントなのです。

ジャニーズオーディションに応募する写真は最重要課題!!

ジャニーズ オーディション 写真

応募に必要な提出写真は以下の3点になります。

上半身1点

顔のアップ1点

全身がわかるもの1点

…となります。提出する全ての写真に言えることは、自然体な写真であること、オーディションで本人であることがすぐにわかること、そして画像の鮮明さの3つです。

少しでも良く見せたいのは誰もが一緒ですが、加工した写真はこれだけで1発アウトです。また、画像の映りが悪い。これも応募には適していません。ではどのような写真がオーディションに適した写真になるのか、ご紹介していきます。

ジャニーズオーディションの応募写真におすすめの服装とは?

ジャニーズ オーディション 写真

自然体で、オーディションの二次選考で応募者本人であることが見ている人に分かるような写真が望ましく、応募する写真の服装に関してもこれと同様のことが言えます。

ジャニーズオーディションの応募写真の服装で多いものとして、制服や部活などのユニフォームはハズレがありません。私服もOKですが、コーディネートが悪ければ逆に評価を下げてしまうこともあることも踏まえ、どのような組み合わせが良いか選ぶべきでしょう。また身体の線が分かりやすい服装が望ましいと言われています。

ジャニーズ オーディション 写真

また注意すべき点として、いくらジャニーズオーディションに合格したいからといって、ジャケットなど、明らかにキメキメな写真はNGになりやすいそうです。そういった写真をどうしても送りたい場合は注意が必要です。

社長であるジャニー喜多川氏いわく“飾らない応募者のキャラクターに惹かれて選んでいる”という噂は、元ジャニーズ出身者の発信している情報としてもよく耳にされます。あくまで”飾らない個性がみえる写真”が重要なポイントかもしれません。

【関連記事】

オーディションの写真と服装の色を意識して合格するためのポイント

応募写真はできるだけ写真スタジオなどを利用してみる

ジャニーズ オーディション 写真

これはどのオーディションに応募する写真にしても共通していえることが『できるだけプロのカメラマンを頼る』ということです。

写真スタジオなどでプロのカメラマンさんに写真を撮ってもらうと、素人が撮る写真よりも断然高画質で、笑顔などアピールポイントを絶妙なタイミングで撮ってもらえたり、「○○な写真にしたい」とリクエストすれば応えてくれる写真を撮影してもらえるので大変おすすめです。

ジャニーズ オーディション 写真

また、プロは無理な加工は一切しないので安心です。近年当たり前になっている自撮りですが、これは応募する際の写真としてはできるだけ避けたいところです。かなり技術も必要ですが、家族や友人に撮ってもらうという方法もあります。

どの方法でも応募者の雰囲気が伝わるもの、そしてパッと見てすぐに本人だと分かることが最も重要です。オーディションでなくても、写真では良かったのに実物を見てガッカリしたというケースはよくある話ですよね。ジャニーズオーディションでも一番嫌われるパターンですので注意して応募する写真を撮影しましょう。

ジャニーズオーディションに応募する全身写真のポーズ

ジャニーズ オーディション 写真

全身写真といえば、直立の状態、ピースなどとポーズに悩みがちですよね・・・。ですが大丈夫です。全身写真は体形と雰囲気が伝わるものを送るのが一番なので、どんなポーズでも問題はないと言われています。現にジャニーズオーディションの応募内容にもポーズの指定に関する記載はされていません。

合格者の中には、サッカーが趣味の方が実際にサッカーをしている写真を送ったり、料理が趣味という方が調理グッズを持って写真撮影をしたなんてこともあったようです。応募者のキャラクターを伝えるアピールポイントとして、全身の雰囲気と体形が分かるものを選んでみましょう。

ジャニーズオーディションに応募する履歴書を書く際のポイント

ジャニーズ オーディション 写真

ジャニーズオーディションに応募する履歴書送付についての注意点は『一般的な履歴書に出来れば応募者本人が書いて送ること』となっています。

また、学歴についてはジャニーズ事務所の募集内容からみて年齢制限もないため、そのまま記入します。では応募書類である履歴書のどの部分に力を入れるべきかということですが・・・。

『特技(自己PR)』『志望動機』の欄をしっかり書くと書類選考の合格率が上がると言われています。会ったことのない相手に自分がどんな人間でどんなことが得意なのか。

またどうしてジャニーズに入りたいのかを伝えるのはまず履歴書であり、相手に伝わるように書くことは、オーディションに応募する上でとても大切なことです。

【関連記事】

オーディションでの自己PRの書き方を例文付きで紹介【書類審査編】

『特技がない!?』そんな場合でも大丈夫

ジャニーズ オーディション 写真

『特技』といっても人それぞれで、ジャニーズのアイドル達がメインでパフォーマンスするような『歌』であったり、『ダンス』が特技でなければいけないということはありません。

サッカーや野球、他にも絵を描くことであったりと、一般的に趣味と特技は違うものですし、「特技がない!書けることがない!」なんて悩んでオーディションそのものを受けられないと思ってしまう方も多くいます。

しかしそんな方でも大丈夫です。そのような場合は「無理して特技として書く必要はなく、素直でいること、飾らないことの方がよっぽどジャニーズには必要とされている人材」とジャニーズ出身の作家さんもおっしゃっているほどです。

特技欄を書くことに対して頑張り過ぎず、もし『特技』ではなく「これは得意なことだ」と言えるアピールポイントがある場合は、しっかりと自己PRとして伝え、興味を持ってもらうための武器にするのも良いでしょう。

【関連記事】

オーディションでの特技披露の攻略法と例を具体的に紹介

相手に志望動機が上手く伝わる書き方

ジャニーズ オーディション 写真

簡単にいうと、『ジャニーズに入りたい理由』『ジャニーズに入ってどうなりたいのか』という部分が一般的な『志望動機』になります。

これはどのオーディションサイトでも説明されている志望動機になっていますが、ここで記入する内容はジャニーズに入りたい想いであったり、将来的な展望などを書いていく中で、ご紹介した「見てもらう人の目に止まる内容」をダラダラとした構成にならないように、意識して書くことが大事です。

これはどのサイトで検索しても応募する本人の気持ちは載っていません。しっかりと想いの丈を伝えられるよう、ここは頑張って素直な気持ちを書きましょう。

スポンサードリンク

ジャニーズオーディションに応募する方へのあるある

ジャニーズ オーディション 写真

ここまではジャニーズ事務所オーディションの応募に必要な『写真・履歴書』について詳しくご紹介しましたが、それでもまだ「応募するのにもう一歩踏み出せないなぁ・・・」という方も多いことでしょう。そのような方のために、ジャニーズ事務所に所属したい方の大半が知りたいと思う内容に関して、いくつか“あるあるの例”をご紹介します。

親や家族が代わりに応募しても大丈夫?

 

View this post on Instagram

 

messsyVGさん(@lovetunelove_messsyhk)がシェアした投稿

冒頭にもご紹介しましたが、「履歴書の記入はできるだけ本人が書く」と、ジャニーズ公式HPにも記載されています。しかし、親または家族が代わりに応募し、いざオーディションを受けることが決まったということを本人が後に知るというケースはかなり多いようです。

大人気グループの『Hey!Say!JUMP』のメンバーである山田涼介さんに関しては、当時小学5年生(10歳)の時に母親と姉が彼に何も知らせずに勝手に履歴書を送りました。サッカー少年だった山田涼介さんは、『ワールドカップ限定バッジ』を買ってくれるということを理由にオーディションを受けたそうです。

他にも『TOKIO』の長瀬智也さんや『KinKi Kids』の堂本光一さん、そして堂本剛さんの場合は姉が、『嵐』の大野智さんは母親が応募。二宮和也さんや『KAT-TUN』の亀梨和也さんは”いとこ”が応募したことがきっかけでオーディションを受けたようです。このようにジャニーズ事務所には本人以外が応募してオーディションを本人が合格したケースはたくさんあるので特に問題はありません。

顔に自信がなければ応募しない方が良いの?

ひ な こさん(@hinako_05091030)がシェアした投稿

確かにジャニーズといえば「イケメン揃いのアイドルがいっぱい!」と思われていますが、実は色々なファン層がいることもジャニーズ運営側では熟知されています。顔だけでなく、個性や本人の持っているキャラクター性などにも注目し、オーディションで人選を行っているそうです。

ルックスが良いことは大きな武器ではありますが、決して“顔だけ”という訳ではないので、個性を武器にしてオーディションに挑んでみても良いでしょう。

 

View this post on Instagram

 

手越 ち ぃさん(@yuya_tgtg)がシェアした投稿

最近のジャニーズアイドルたちの活躍は目まぐるしく、『NEWS』の手越祐也さんのように、バラエティにも積極的に出演して“アイドルらしからぬキャラ”を爆発させて活躍している方もいます。その他にもダンスや歌だけでなく、多方面での才能を発揮しているジャニーズアイドルはたくさんいます。

まだ年齢の幼い方は、年齢と共に顔立ちもどんどん変化していきます。余談ですが、社長のジャニー喜多川氏は、幼い頃にオーディションを受ける男の子が将来人気が出るのかどうかに関して、顔を見て話をすれば一瞬で分かるそうです。現実にたくさんの人気男性アイドルやグループを輩出している訳ですから、確かにこの話には納得してしまいますね。

【関連記事】

オーディションの面接で30秒~1分の自己PRで合格するために

ジャニーズオーディションの応募に年齢は関係あるの?

ジャニーズ オーディション 写真

ジャニーズ事務所の公式HPの応募資格には、特にこれといって年齢の制限に関する記載はありません。ですが、オーディションに合格した後は、レッスン生→Jr.(メディアにも出るタレント扱い)という流れになります。

人によってレッスン生の期間が長い方もいれば、逆に期間が短くすぐにJr.に昇格される方もいます。また普段の素行が悪ければ、せっかくJr.に昇格できたとしても、問答無用でレッスン生に降格させられてしまう場合もあります。

 

View this post on Instagram

 

ARAMA! JAPANさん(@aramajapan)がシェアした投稿

ちなみに年齢制限は無いものの、応募適齢期というものは暗黙的に存在しているのかもしれません。巷ではジャニーズ事務所への入所適齢期として、大体小学校の高学年~中高生くらいだと噂されているようです。

最年少で8歳で合格した方もいるようですが、”礼儀””マナー”を重要視しているジャニーズ事務所。事務所内の仲間同士でも先輩・後輩関係を最も厳しく徹底されています。オーディションに合格すれば、デビューに向けてそういった面での教育を厳しく受けることになるので、若過ぎず、かつ高過ぎない年齢での合格者が多い傾向にあるようです。

ジャニーズオーディションの二次選考に進むために

ジャニーズ オーディション 写真

ここまで写真と履歴書の重要さやポイントについてご紹介しましたが、1番に大切なことは、

『無理に飾らない』

『自然体で』

『応募書類は審査員の目に止まるような内容』

…などを意識していただき、二次選考を勝ち取っていただきたいと思います。せっかく書いた応募書類も、ありきたりの簡単に書いた内容であれば、とても勿体無いことになります。

写真1枚、履歴書に書いた文章1節で、ジャニーズスタッフに「この子に会ってみたい」「どんな子なんだろう」と思ってもらえることができれば、当然オーディションに呼んでもらえるはずです。是非今回の記事を参考に、悔いの残らない一歩を踏み出して下さいね♪

【関連記事】

ジャニーズオーディションに合格しやすい年齢に関して詳しく紹介

オーディションに受かる人の特徴とは?顔や体型は合格に関係するのか