現在も全国からやってくる来場者達に夢と希望を与えることで非常に人気のあるテーマパークの『ディズニーランド』『ディズニーシー』。今まではお客様としてアトラクションやダンスショーを観てきたものの、ふとある時に「(今度は自分がお客様から喜んでもらう立場になりたいなぁ~)」と夢見てディズニーのダンサーになりたいと思った方は多いことでしょう。

ただ、ディズニーのダンサーになるためにはオーディションを受けなくてはならないことに気付き、一体倍率がどれくらいなのか気になった方もいるのではないでしょうか?そこで今回は、ディズニーのダンサーオーディションの倍率がどれくらいなのか、非公式情報として紹介し、オーディションを受ける上で身長や服装は合格に関係があるのかという点についても触れていきたいと思います。

スポンサードリンク

ディズニーのダンサーオーディションの大まかな倍率

ディズニー ダンサー オーディション 倍率画像引用元:Pixabay

ディズニーのダンサーのオーディションは毎年春に行われることが多く、募集に関しては公式ページからキャスティングを確認することが出来ます。ダンサーだけではなく、アトラクションキャスト(案内や誘導をする役)、カストーディアルキャスト(清掃作業)、カリナリーキャスト(キッチン)、ディストリビューションキャスト(商品や食品等の保管・管理・配送)などがあるので、自分に合った仕事をチェックしてみましょう。

さて、ミュージカルのダンサーの倍率は基本的に非常に高いのですが、ディズニーリゾートのダンサーの倍率の場合は、何と100倍とも言われています。あの有名な東京大学の入学倍率が5,6倍なので、比較するといかに狭き門であるかが明らかです。しかし、それだけにオリエンタルランドが魅力的なステージを作り上げている証でもあります。

【関連カテゴリー】

他のオーディションに関する倍率こちら

ディズニーのダンサーオーディションに有利な条件や身長とは?

ディズニー ダンサー オーディション 倍率画像引用元:Pixabay

ディズニーのダンサーオーディションに合格するために一体どのくらいの身長であれば良いのか気になる方も多いようです。有利な身長については、どちらかと言えば長身のほうが有利との噂が広まっているようですが、実際はその年によって需要が変動するようなので、一概に長身が有利だとは言えないのだとか。

ちなみにオーディションでは身長は実技審査で踊る前に計るようで、極端に身長が小さい方、そして逆に身長が高すぎる方は合格が難しいかもしれません。最初の書類の時点でふるいにかけられるのは、年齢とダンス歴によるものがほとんどのようです。

ディズニー ダンサー オーディション 倍率画像引用元:Pixabay

ディズニーでは18歳以上のダンサーの募集になりますが、年齢が若く、クラシックバレエ・ジャズ歴が長い人は有利です。最低でも、スクールに通ってジャズとバレエを両方3年以上続けていることが口コミで推奨されています。最終審査である面接にこぎつける人数は100人前後と言われています。

二次審査で体力測定があるように、長時間ヒールで何度も飛び跳ねたり、炎天下で着ぐるみを着て長時間踊ったり、過酷な状況下で笑顔を保ちつつ、パフォーマンスを踊りきる体力がある方が有利になります。

ディズニーオーディションに募集される人数はどれくらい?

ディズニー ダンサー オーディション 倍率画像引用元:Pixabay

オーディションの募集人数に触れたいと思います。テーマパークなので、その年のショーの内容によって募集人数が大きく変動します。100人のダンサーが必要な年もあれば、200人のダンサーが必要な年もあるでしょう。ここで注意したいのは、ダンサーは一年契約といっても、現在のダンサーが有利になりますので、必要人数が、

必要人数ー(現在のダンサー - 辞めるダンサー)=合格人数

というざっくりした需要がみえてくることです。

ディズニーのダンサーオーディション時の服装は?

ディズニー ダンサー オーディション 倍率

ディズニーのダンサーオーディションでは何を着ていくべきかを考えてみましょう。ダンスのオーディションというと、レオタードなどのイメージもありますが、実際はどうなのでしょう。非公式な情報ではありますが、ぶかぶかの服装はNGのようです。大昔ではレオタード必須だったみたいですが、現在は体のラインが分かる服装であれば自由でよいとの噂が濃厚のようです。

ジャズ系のダンサーも多く、ジャズの恰好をしている人も多いようです。もし、ダンス審査に関して、服装について前もって郵便で届く場合はディズニー側の指示に従っておくことが無難と言えます。そして、指定されている服装の中で一番自分がきれいに見える格好を意識することが合格に近づくコツにもなります。書類審査の写真についても同様のことが言えそうです。

【関連記事】

オーディションでの自己PRの書き方を例文付きで紹介【書類審査編】

自分の持つ可能性(美しさ )を表現する

ディズニー ダンサー オーディション 倍率画像引用元:Pixabay

先ほども少し触れましたが、ポージングと衣装をあわせて、自分が持っている魅力を引き出しましょう。写真選考で比較された場合、しっかりと魅力の伝わる写真はオーディションの合格に有利になります。写真はきちんとしたものを用意しましょう。体のラインを出して、女性はバスト、ウエスト、ヒップの美しいくびれを出します。よって、レオタードの写真がほとんどのようです。

男性はバランスのとれた体のラインを表現するなどして、躍動感が伝わる写真に仕上げたいものです。女性はレオタード・タイツ・シューズが基本の組み合わせとなります。男女ともに、首回りはスッキリと開いているものがよいでしょう。コンプレックスがあれば、ご自身の体系をカバーするようにします。たとえば、ハイレグなら脚が長く見えますし、女性で肩幅が気になる方はホルターネックにします。

ディズニー ダンサー オーディション 倍率

明るい色は目立ちますし、濃い色は強い印象を与えるでしょう。シューズは、ディズニーの審査に限っては競技用ダンスシューズを用いている方が多いそうです。女性は特にヘアメイクも重要になってきます。ディズニールックについては後程紹介いたします。表情の分かる上半身、全身のポーズの写真を揃えたいところです。

余裕があればヘアメイクで印象の差をアピールするのも良いでしょう。実際にライティングにも精通するようなプロのカメラマンにお任せして撮った写真の方が有利です。出来上がりが素人の写真ではかなりクオリティが下がってしまいますので、書類で落ちないよう心掛けたいものです。

【関連記事】

オーディションの写真と服装の色を意識して合格するためのポイント

ディズニーでは笑顔が左右する

ディズニー ダンサー オーディション 倍率

テーマパークを訪れて印象に残るのは、ダンサーの笑顔です。キャストも全員笑顔を絶やしません。笑顔は基本なのです。しかし、歯を見せるほどの笑顔は時によって逆効果な場合もあります。写真を自身で見比べて、自信のある方を選びましょう。

写真に写った自身を改めて見つめると、自分を客観的に見ることができます。そして、意外と自分に対して厳しい目線で見てしまうものです。ここで、自信を無くすようではオーディションに通りません。写真に関しては納得いく仕上がりを目指したい旨をカメラマンさんに伝えましょう。

ディズニールックとは

ディズニー ダンサー オーディション 倍率

創立者ウォルト・ディズニーの言葉に基づいて定められたもので、「ディズニーランドを真の魔法の王国に、今、そして将来ここを訪れる何百人ものゲストが心から楽しめるようにするのは、皆さん自身なのです」という言葉です。

ディズニールックの大まかなガイドラインが定められていますが、キャスト自身が、ゲストに喜んでもらえるような髪型を自身で考えます。男性の場合は、清潔に、爽やかに、ということで髪の長さは1センチ以上とされています。

ディズニー ダンサー オーディション 倍率

女性キャストは髪型も様々ですが、男性同様、前髪は顔にかからないようにしなくてはいけません。髪を束ねる場合は耳の高さまでで、ポニーテールはNGとなっています。これらを守ればアレンジしてもOKのようです。ヘアアクセサリーは禁止で、あくまでも髪を止めることに使うものとなっています。

女性は、結婚指輪と婚約指輪の二つをつけることが出来るようです。ネイルは指先から3ミリを超えるとアウト、肌色に近いマニキュアはOKですがラメなどは禁止だそうです。また、男女ともに明るすぎる髪色はNGとなっています。これらを順守した写真を応募するとよいでしょう。

【関連記事】

オーディションに受かる人の特徴とは?顔や体型は合格に関係するのか

スポンサードリンク

ディズニーと劇団四季の違いを知ることでヒントを得る

ディズニー ダンサー オーディション 倍率

劇団四季のオーディションの開催については、こちらの公式ページで確認することができます。公式サイトをみると、劇団メンバーと、演目契約メンバー、研究生(研究生は劇団のメンバーになるのに卒業試験あり)の3つに分かれています。また、ヴォーカルクラシック、ヴォーカルポピュラー、演技、ジャズダンス、クラシックバレエの5つのコースを確認することができます。

即戦力になる劇団メンバー、演目契約メンバーは高い技術や能力を求められます。一方研究生は、将来的に劇団四季の舞台に立つ可能性があるため、意欲に溢れ努力を惜しまない人材が求められています。実際、研究生の練習はほぼ全員がそこまで?というほどストイックに行っており、刺激を受けるとのことです。

ディズニーでも劇団四季でも入る目的を明確にする

ディズニー ダンサー オーディション 倍率

ダンスにおいて言えば劇団四季でも、ジャズとクラシックバレエが求められている点は要チェックです。そして、研究生は年齢も25歳以下のみの募集となっているため、年齢がここでも重要なことがわかります。もし、劇団四季を希望される場合は、募集が開始した時点で応募用紙を公式サイトからダウンロードまたは、郵送を依頼し、応募する必要があります。

実際に劇団四季のオーディションはどうでしょうか。劇団四季は先述した所定の応募用紙のみの受け付けとなっており、必要事項を記入し書類をパスしなくてはなりません。オーディションに受かるコツは、課題曲や課題台詞を暗誦するまで練習し、審査員の目を引き付け、劇団四季に入る目的を明確にすることです。そしてなにより応募した本人が楽しむことです。

世界観を意識することも合格の鍵の1つとなる

ディズニー ダンサー オーディション 倍率画像引用元:Pixabay

課題曲は、書類をパスした方のみに知らせが来ることになっています。課題曲は過去の劇団四季のミュージカル作品の中から選んでいるので、ディズニーと同じく、劇団四季でも、劇団四季の世界観を大事にしていることが共通事項として挙げられます。ちなみに、公式ページにも、課題曲と課題台詞は暗誦するぐらいの熱意が必要とハッキリ明記されています。

気になる年俸制の給与ですが、研究生を卒業し劇団員になり、俳優になれた場合は、年俸制になっているようです。ステージへの出演回数によって年収は大きく差が出るようです。主役に近い役に配属が決まると、具体的な数字は不明ですが、一般のサラリーマンよりも高いお給料が支払われることがわかっています。しかし、主役になるのは困難ですので、給与は月額ではざっくりと15万円~50万円を想定しておきましょう。

ディズニーと劇団四季の給料の違い

ディズニー ダンサー オーディション 倍率画像引用元:Pixabay

年間でのステージ回数は、200~300以上とハードで、今までの年俸最高例は、約3,000万円との噂です。ディズニーと違うのは、研究生の場合、オーディション合格から一年は無給だということです。

しかし、レッスンを無料で受けることができます。日々のレッスンを経て、実力がつくと晴れて本番の舞台となります。オーディションに自信がある方は、即戦力となる一般コースを受験しましょう。一般コースの場合は、年齢や性別、国籍に関係なく応募が可能です。

劇団四季は、他の劇団と違って年間の最低賃金が保証されています。しかし、劇団員の人は、実際は常に努力が必要な厳しい世界だと語っています。夢だけではなく実力をつけることが必要である点を忘れてはいけませんね。

【関連記事】

劇団のオーディションに未経験(初心者)でも合格するための秘訣

ディズニーとUSJのオーディションを併願している方も

ディズニー ダンサー オーディション 倍率画像引用元:Pixabay

USJのオーディションは、公式ページから確認できます。書類選考に通過した人のみが二次審査のオーディションを受けることができます。二次審査の中から最終選考に残った方のみが晴れて合格となります。

年齢は基本的に18歳以上となっています。履歴書と芸歴書は、USJの公式サイトからダウンロードできます。3か月以内に撮影した全身とバストアップ写真が一枚ずつ必要です。

ディズニー ダンサー オーディション 倍率

審査内容も非公式なのですが、ダンサーオーディションの口コミを調べてみると、まずは振り付けを教えられ、自主練習をしたのち、実際に音楽に合わせて踊るというもののようです。そして、ただ踊るだけではなく、メッセージ性が伝わる方が有利だとの噂です。つまり、表現力が重視されるということですね。

最後に注意したいのが、ダンサーになりたい人は、ディズニーリゾート、劇団四季、USJを併願しているケースが多いということです。転職で人材が行き来することもあるようです。つまり、実力がある人がこれらの職場を選択しているという厳しい世界だといえるのです。しかしながら、年齢が20を過ぎてからレッスンを受けて合格した人もいます。夢を諦めない強いメンタルを意識しましょう。

【関連記事】

ディズニーのダンサーオーディションの内容とは?受かるための対策